« 学習塾に通わせるのはコスト効率が悪い? | トップページ | 「季節予報」 を 3回唱える »

2007/08/13

酒との付き合いの変化

私の父は 78歳だが、30年近く歯科医以外の医者にかかったことがない。元々医者嫌いということもあるのだが、そもそも、医者にかかるほどの病気にならないのだ。

これは、父が酒を飲まないということと関係があるんじゃないかと思うようになった。大酒飲みは、やはり体をこわしやすいようだ。

田舎に帰ると、父の同年代の友人がばたばたと死んだり、病気になって動けなくなったりという噂を聞く。そこへいくと、私の父は元気である。何しろ医者嫌いだから、何十年も健康診断というものを受けたことがないのだが、血圧も胃腸も腎臓も肝臓も、具合が悪そうには全然見えない。

「俺の葬式は、つつましいものになると思うよ。多分、友人関係は全滅していて、親戚でも甥っ子、姪っ子の代より下だけが参列するということになってしまうだろうから」 と父は言う。なるほど、多分そうだろうと思う。

「あんなに元気そうだったのに」 という人が、急に死んだり、倒れてしまったりということがある。そうした人は、大抵酒好きだという印象がある。ある時期まで、豪快に酒を飲んで陽気に振る舞っていた人が、急に体をこわしてしまうというのを、よく聞く。

酒は百薬の長といって、少しずつなら体にいいらしいが、あまり大量に飲むというのは、やはり体にダメージを与えるのだろうと思う。

ところで、近頃、私と酒との関係もかなり大きく変化した。以前は 「週に一度の休肝日」 なんて、不可能だと思っていたのだが、最近は週の半分は、一滴の酒も飲まないようになった。仕事をしながら、いつの間にかばったりと寝てしまい、翌朝になって初めて、「ああ、昨日は全然酒を飲まなかったなあ」 と気付いたりする。

そうなると、酒も弱くなる。元々親父の体質が遺伝しているのだから、酒には強いわけじゃない。鍛えて飲めるようになっていただけのことだ。日常的に車を運転して移動する機会が増えたこともあり、飲む量が急に減ってしまったのだから、体質的にもどんどん弱くなる。

近頃は、一人で蕎麦屋に入っても酒を頼みにくい。たった 1合の酒で顔が真っ赤になるからだ。2人で徳利 2本注文して、5勺ぐらいこちらが飲み、相手に 1合 5勺引き受けてもらうのがちょうどいいぐらいになってしまった。大変な変化である。

World Drinking Map というサイトがある。世界の国の飲酒の年齢制限を色別に示したものだ。ざっとみると、日本のように 20歳以上で初めて酒が飲めるというのは少数派で、18歳以上というのがかなり多い。フランスやイタリアは 16歳以上だ。

アメリカは清教徒的な伝統が強く、21歳以上となっていて、先進国の中では最も厳しい。しかし、法律上の年齢制限がどうあろうとも、低年齢のうちに酒を飲み始めるという傾向はどこの国でも共通しているらしく、若くして飲み始めた人ほどアル中になりやすいという調査結果もある。

となると、体質的に酒が飲めないというのは、無理に酒を我慢しなくてもいいので、メンタル面も含めて、健康管理上、案外楽なことなのかもしれない。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 学習塾に通わせるのはコスト効率が悪い? | トップページ | 「季節予報」 を 3回唱える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

石とあるのは勺ではないでしょうか?
尺貫法では石斗升合勺であったと思ったのですが。勘違いでしたらすみません。

投稿: mobanama | 2007/08/13 14:52

お邪魔します。酒(ビール)飲みです。

都市部の路上喫煙禁止の措置や、デパートや飲食店の完全禁煙等、たばこに対する風当たりの様に、そのうち酒飲みもバッシング対象になるんだろうなぁ…。
『飲酒者の呼吸気から摂取する副流アルコールが…』なんちゃって!(自虐的)

「お客様、飲酒席と禁酒席がございますが…」

あ、たばこの様に個人で持ち込みしないから、分酒の必要はなさそうですね。

投稿: がんなむぅ | 2007/08/13 16:27

mobanama さん:

>石とあるのは勺ではないでしょうか?

あいたたた! その通りです。
昼まで寝ていたので、よっぽど寝ぼけていたようです。
(5石も飲んだら、大変なことになります ^^;)

ご指摘ありがとうございました。
訂正しておきました。

投稿: tak | 2007/08/14 08:00

がんなむぅ さん:

ヨーロッパの展示会では、来場者に昼間からワインをすすめるブースがいくらでもありますが、アメリカではとても珍しいです。
さらに、イスラム圏では飲酒自体が禁止のところもあります。

その意味では、日本は酒に関する許容度では、真ん中ぐらいなんじゃないでしょうかね。

ただ、酔っぱらいに対する許容度では、かなりユルいと思います。
「飲んだくれること自体が許されない」 という文化も多い中で、「酒の上での失敗」 なら大目にみられるというところが、まだありますからね。

投稿: tak | 2007/08/14 08:14

なるほど。

ありがたく、メートルを上げて精進します。

投稿: がんなむぅ | 2007/08/15 01:48

がんなむぅ さん:

>ありがたく、メートルを上げて精進します。

わはは (^o^)
体にだけは、気を付けてくださいね。

投稿: tak | 2007/08/15 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/16097961

この記事へのトラックバック一覧です: 酒との付き合いの変化:

« 学習塾に通わせるのはコスト効率が悪い? | トップページ | 「季節予報」 を 3回唱える »