« 武道とダンス | トップページ | 「見た目」 と 「安全」 »

2007/09/11

オジサンの半袖シャツ、袖口が広すぎ

私は 「クールビズ」 なんていう言葉が出てくるずっと前から、夏はジャケットとネクタイを着用しないことに決めてきた。

ネクタイは一年中しないし、6月中旬から 10月に入るまでの約 3ヵ月半は、ポロシャツ 1枚で通す。汗をかいても、布帛 (織物) のシャツより、「べったり感」 がなく、快適だ。

それに、ポロシャツというのは半袖の袖口が広くないので、周りに迷惑をかけない。それにしても、オジサンたちが好んで着用する布帛の半袖シャツというのは、どうしてあんなに袖口が広いんだろう。

あの類の半袖シャツの袖は、腕が 2本通るぐらいの広さである。そして、無闇にきちんとプレスしてあるので、袖口がぴんぴんと両側に広がっている。

あの半袖シャツを着たオジサンに、電車の座席で隣に座られると、こちらはかなり迷惑なのである。私は背が高いので、自然 (もしかして自然以上に) 座高も高い。だから、こちらの半袖でむき出しになった二の腕の中間あたりに、隣のオジサンの半袖の袖口が当たる。

何しろ、あの広すぎる上に、プレスが利いてピンピンに張った袖口である。相手がじっとしていてくれればまだいいのだが、新聞や雑誌を読んで、ページをめくろうとすると、当然腕も動くので、半袖の袖口の先っちょで、私の二の腕を絶妙にコチョコチョとくすぐる。

これは、とてもくすぐったいのである。イライラするほどくすぐったいのだ。本当にやめてもらいたい。オジサン、頼むから、そのピンピンに張り出した半袖の袖口を、輪ゴムか何かで縛っておいてくれ。

しかしオジサン、まさか自分の半袖の袖口でこちらの二の腕をくすぐるなんていう変態的行為を働いているとは気づかないものだから、全然平気である。こちらがいくら迷惑そうに腕を動かしても、もぞもぞしても、一切動じない。これって、あまりにもデリカシーなさすぎじゃないか。

日本中のシャツメーカーにお願いしたい。あの外側にピンピンと張った広すぎる袖口の半袖シャツは、何とかして欲しい。迷惑以前に、デザインだってダサダサでおかしいぞ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 武道とダンス | トップページ | 「見た目」 と 「安全」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/16403204

この記事へのトラックバック一覧です: オジサンの半袖シャツ、袖口が広すぎ:

« 武道とダンス | トップページ | 「見た目」 と 「安全」 »