« 「取調べ可視化」 を巡る冒険 | トップページ | アパレル業界のしがらみ »

2007/10/10

「陸山会」 の 1700万円

民主党小沢代表の資金管理団体 「陸山会」 が、マンションの部屋を財団法人などに賃貸していたことがわかり、政治資金規正法に抵触しているかもしれないという。(参照

それにしても、1700万円とは、赤坂と麹町の 3部屋を 6年間も貸したにしては、安すぎるじゃないか。私しゃ、その方が納得いかん。

上記のリンク先 (Yomiuri Online) によると、3部屋は、それぞれ、10万円、7万円、20万円で貸していたという。都心の一等地のマンションを貸すにしては、ものすごい太っ腹な破格値だと思ったら、テナントはみな、小沢氏の身内みたいなものじゃないか。

これでは確かに、政治資金規正法で禁止している 「運用」 とは言えないという理屈も、通らないではないような気がする。本気で 「運用」 しようというなら、無関係の企業にもっと相場通りの家賃で貸すだろう。自民党がこれでもって攻め立てようとしても、ちょっと迫力不足になるかもしれない。

ただ、どれも 6年間貸していたとすると、単純計算では 2664万円ということになり、報道されている 1700万円を、約 1000万円上回ることになるのだが、その辺は、どうなってるんだろう。政治の世界というのは、とにかく、わけわからん。

で、このニュースで私が一番たまげてしまったのは、お金の話ではない。資金管理団体の 「陸山会」 という名称なのだよ。これって、田中角栄の 「越山会」 のパクリみたいなもんじゃないか。越後の国が、陸奥の国に変わっただけだ。

こうしてみると、小沢さんという人は、やっぱり骨の髄まで田中角栄の直系なのだなという気がする。多分、地方に金をばらまいていく手法を取りたいのだろう。「構造改革」 なんてことを言い出して、地方においしい目をみせる気のない自民党に取って代わるために。

それにしても、「陸山会」 ねぇ。まあ、確かに趣味の問題に過ぎないんだろうだけど、私としては、ちょっと引いてしまうなあ。どうしても、下駄はいてステテコに腹巻きで、池の錦鯉に餌を撒くオッサンというイメージなのだよ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「取調べ可視化」 を巡る冒険 | トップページ | アパレル業界のしがらみ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/16716280

この記事へのトラックバック一覧です: 「陸山会」 の 1700万円:

« 「取調べ可視化」 を巡る冒険 | トップページ | アパレル業界のしがらみ »