« 機械と職人技のパラドックス | トップページ | テレビショッピングという世界 »

2007/10/17

亀田家の 「ちょっと変な家族愛」

近頃ブログが書きにくいのは、何を書こうとしてもなんだか、大衆迎合主義みたいな論調に陥ってしまいそうになるからでもある。

例の亀田問題にしてもそうだ。私は元々、亀田親父的なキャラは社会の害毒だと思っているから、そう書きたいのだが、注意しないとマスヒステリーと区別つかなくなってしまう。

亀田問題に関しては、私は一貫して 「あまり興味ない」 というスタンスである。あのスタイルにはまったく魅力を感じない。好んで関わろうという気になれない。というより、あのタイプの連中に身近にいられたら、迷惑でしょうがない。だから、TBS の気が知れない。

本来ならこの問題に関しては、これで十分で、「以上、終わり!」 でいいのだが、そのくせに、我ながらブログで過去に結構触れているような印象があって検索してみたら、以下の 4エントリーが見つかった。

亀田の試合なんて、見なかったけど (2006/08/03)
今頃になって亀田の試合を冷静に語る (2006/08/09)
「こういう性格だから」 という自己正当化 (2006/08/10)
ボクシング業界のしがらみ (2007/10/12)

昨年 8月の亀田興毅の 「疑惑の判定試合」 がらみで、まとめて 3本書いているのだが、8月 3日と 10日のエントリーは、要するに亀田親父批判である。そして、今月 12日に書いた大毅がらみでも、 "残された道は、早めの 「親父離れ = 亀田家離れ」 しかないだろう" という結論になっている。

こうしてみると、私は 「問題は亀田親父」 というトーンで一貫しているようだ。JBC の処分が発表されてからのメディアは 「親父離れ促進」 という論調が強まっているが、そんなの、あの親子が出てきた頃から言うべきことだったじゃないかと思う。

ところが、個別の問題としてそれを言い過ぎると、冒頭で触れた 「マスヒステリー」 になってしまうので、なかなか言いにくい。だから、「そんなの、私は去年から言ってただろう」 と、ちょっとだけ自慢しておくだけにしておこう。

で、より慎重な論点の発展のさせ方といえば、「ちょっと変な家族愛」 という方向なのだろうが、それも、下手するとマスヒステリーになりかねない。何だか、週刊誌広告の見出しで、あの沢尻エリカの母親がどうのこうのという話もあったようだしね。

ああ、私はこうした問題では個別のケースにはあんまり興味ないけれど、「傾向記事」 的な視点からは結構興味持ってしまうみたいなのだ。そして、ちょっと首を突っ込んでみて、それでますます嫌ぁな気分になってしまったりしている。

まあ、「ちょっと変な家族愛」 というのは、社会心理学的な視点からすれば、ずいぶんまとまったことが書けると思う。近頃はそんな事例には事欠かないから、他ではもういろいろ書かれてることだろう。

それならそれで、別に私まで書くこともないだろう。あまり気分のいいテーマじゃないし。でも、もしかしたら書いてしまうかもしれない。気分悪くしながらも。因果なことである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 機械と職人技のパラドックス | トップページ | テレビショッピングという世界 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

テレビで謝罪会見をやってますね。
一家としては、それこそ5階あたりから一気に突き落とされた気分なのでしょう。
私としては、それよりも横についている金平会長の目の下の隈のほうが、ずっと気になっているのですが。
肝臓でも悪いのでしょうか。

投稿: かつ | 2007/10/17 17:48

かつ さん:

>テレビで謝罪会見をやってますね。

Yahoo の動画ニュースでちょっとだけ見ました。
ありゃ、「謝罪会見」じゃないですね。
「会長が 『済まんかった言え』いうから、ゆうたるわ」 会見ですな。

はっきり言って、あの親父、頭悪くて、ことの収め方を考えられんのですね。

金平会長、元々悪い人相がますます悪くなって、気の毒に。

投稿: tak | 2007/10/17 20:40

ぼくは亀田さんちのことも沢尻エリカどののことも世俗のことはまったく知らなかったくせに、なんだかこの段になって興味が沸いてネットを使って見まくっておりましたが、「こりゃあひどいや」。
これは見ているほうがバカなんだな。
こんな手合いを受け入れてしまう視聴者というのがアホなんだろうというのが意見でございます。

投稿: osa | 2007/10/17 23:42

いや~、本当に亀田父って頭が悪い。
しかし、私も含めてこういう低レベルのスキャンダルに夢中になっている日本人も頭が悪い。(笑)

それより国会中継での民主党の石井議員の公明党への爆弾発言が注目されるべきですが、どうでもいいスキャンダルには過剰反応でも、タブーには沈黙ですね。


投稿: alex99 | 2007/10/18 02:22

osa さん:

>これは見ているほうがバカなんだな。
>こんな手合いを受け入れてしまう視聴者というのがアホなんだろうというのが意見でございます。

確かに。

で、自分の中にもそのバカさ加減、アホさ加減が存在するのを発見して、私はとても複雑な (嫌ぁだけど、少しおもしろい) 気分になっているわけです。

アホバカ感覚の琴線に触れるようなことというのが、この世には普遍的に存在するんじゃあるまいかって気もします。

投稿: tak | 2007/10/18 19:35

alex さん:

>いや~、本当に亀田父って頭が悪い。

今まで一度も謝ったことがないから、謝り方知らないし、「謝り方ってものがある」 ということに気付くための想像力もないのでしょう。

>しかし、私も含めてこういう低レベルのスキャンダルに夢中になっている日本人も頭が悪い。(笑)

あはは、 私もしっかり含まれます。

「P献金」 とやらも、表舞台ではすっかりウヤムヤにされるんでしょうが、我々としては、しっかり記憶に焼き付けておきましょうね。

投稿: tak | 2007/10/18 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/16783640

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田家の 「ちょっと変な家族愛」:

» 亀田興毅 謝罪会見 [美味しいことが好き]
亀田興毅の謝罪会見が行われた。 やっと素直な会見があり、これで吹き荒れる亀田家への逆風は収まるかもしれない。 素直な感情を吐露する青年の瞳に、良い方向に風向きが変わってくれればと願うばかりだ。 亀田史朗氏の不器用な素直な発言が見られない態度には、世間の批判の格好の的になり、親としての虚勢に反感が高まる。 一時間二十分も亀田興毅が長男として、亀田家を代表して記者の厳しい質問の嵐に立ったことは、親の盾...... [続きを読む]

受信: 2007/10/26 13:13

« 機械と職人技のパラドックス | トップページ | テレビショッピングという世界 »