« 「動悸、息切れ、気つけ」 を巡る冒険 | トップページ | ついに地デジに浸食された »

2007/12/27

年賀状に書き添える手書きの一言

【お断り】

年賀状に添える手書きの一言の 「文例集」 を期待してやってきた方には、はなはだお生憎様ですが、それを求めてこの記事を読んでも、得るものは何もありません。

このブログは、書店の実用書のコーナーに並ぶような内容とは無縁です。文例を期待するなら、とっとと こちら に飛んでください。ありきたりで差し障りのないのがたっぷり紹介されてます。

文例以外の何物かを期待される方のみ、以下に読み進んでください。


今年もずいぶん押し詰まってきたような気がしてはいるのだが、いつもの年と比べると、何だか切羽詰まった気がしない。

何でだろうと考えてみると、これは一重に、年賀状を作らなくていいという、今年の特殊事情によるものだと気付いた。5月に母が亡くなったので、まだ喪中なのである。

「新年のご挨拶を失礼させていただきます」 という喪中葉書は、先月のうちにさっさと出してしまった。おかげで、今年の暮れは 「あぁ、まだ年賀状を作ってなかった!」 という強迫観念にさいなまされずに済んでいるのである。

思えば、年賀状を作るというのは、一仕事なのである。私は案外年賀状に凝ってしまう方なのだ。デザインは PC 上でやるので、実際の仕事に取りかかれば、半日足らずでできてしまうのだが、その構想と素材集めには 1ヶ月以上かけてしまう。

そして、できたデザインを 200枚以上印刷するのが、また結構な手間暇なのだ。最近のインクジェット・プリンターがいくら高性能になったとはいえ、印刷は 1枚当たり 10秒ぐらいはかかる。

それに、はがきというのは結構な厚みがあるので、時々プリンターの送りがうまくいかなくなって、止まってしまう。その度に詰まった葉書を引っ張り出して、セットし直す。さらに、一度に 30枚ぐらいしかセットできないので、付きっきりで葉書を補充してやらなければならない。

そして、宛名印刷もかなりの手間がかかる。移転や住所表示の変更通知の来ている先はきちんと修正し、喪中の知らせが来ている先には出さないように、きめ細かくチェックしなければならない。

そして、最終段階として、一言二言、手書きで短い言葉を書き添える。これがあるのとないのとでは、えらい違いなのである。

考えてもみるがいい。業者からの営業年賀状ですら、気の利いたのは何か一言書いてあったりする。それなのに、親戚とか友人からのものが、いかにもコンビニで買ってきたありきたりのデザインで、手書きの一言が何も書いていなかったりすると、「フン! お前って、そういうやつか」 みたいな気がしてしまう。

ところが、200枚からの賀状に、それぞれ気の利いた一言二言を手書きするというのは、これはもう、かなりの重労働なのである。最後の方になると、ただ何か書いているというだけのことで、「気の利いた」 という形容詞なんか、どっかに飛んでしまっている。「気の利かない」 一言になりかねない。

「手書きの一言が全然ない年賀状って、もらってもあまりうれしくないですよね。でも、その一言が 『お元気ですか?』 だけっていうのも、ちょっと悲しいものがありますよ」 と、仕事関係の女の子が嘆いていた。

「あぁ、私宛のって、きっと最後の方の、力尽きた時に書いたんだなあっていうのは、わかるような気もするんですけどね」

うんうん、わかる。どっちの気持ちもよくわかるぞ。

「で、私、今年はその人宛のは、『元気です』 って返そうと思ったんですけど、かなり年上の先輩だし、どうしようかなぁって、悩んでるんですぅ」

うぅむ、そんなことで悩む必要はないと思うがなあ。

いずれにしても、今日の教訓は、「年賀状の手書きの一言で、『お元気ですか?』 だけというのは、いくらなんでもまずい」 ということだ。芸も愛想もなさすぎる。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「動悸、息切れ、気つけ」 を巡る冒険 | トップページ | ついに地デジに浸食された »

世間話」カテゴリの記事

コメント

これだけは私の特技と思っているんですが、ブログに戴いたコメントを読むと、寸刻をおかずに即座にレスを書きます。
瞬間芸というか・・・。(笑)

tak-shonai さんの、手書きの一筆、アルバイトさせてもらえますか?(笑)

見当違いの一筆になりそうですが。


投稿: alex99 | 2007/12/28 21:54

alex さん:

確かに、alex さんのレス、早いですね。

>tak-shonai さんの、手書きの一筆、アルバイトさせてもらえますか?(笑)

筆跡が違っちゃうんで、ちょっとまずいかも ^^;)

投稿: tak | 2007/12/28 23:23

こんばんは!
本日はこちらへお邪魔させていただきます。

年賀状の一筆手書きの件ですが
私は仕事柄手書きした年賀状をコピーして
一筆付け加えるということを毎年しておりますが
たとえ手書きのコピーであっても
やはり同じ文面だけでは切ないですね。

手書きと雖もやはり個々の方々に宛てた一言は
大事ですね!以下同文だけじゃ・・・

失礼いたしました!

投稿: 歩遅子 | 2009/12/28 23:55

歩遅子 さん:

>手書きと雖もやはり個々の方々に宛てた一言は
>大事ですね!以下同文だけじゃ・・・

本当にそうですね。

以下同文なら、印刷したのと変わりないですから。

投稿: tak | 2009/12/29 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/17488150

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状に書き添える手書きの一言:

« 「動悸、息切れ、気つけ」 を巡る冒険 | トップページ | ついに地デジに浸食された »