« 確率論は、もうごちそうさま | トップページ | うぅ、だるい »

2007/12/19

関東の冬景色

近頃、目を覚まして窓を開けると、外はびっしりと霜が降りている。「あぁ、関東の冬景色だなあ」 と、しみじみ思ってしまう。

私は筑波の里に越してくるまで、霜の降りた光景なんて、見たことがなかった。だから、この土地で最初の冬、一面の霜野原を見たときは、雪が降ったものと勘違いしたほどだ。

生まれて高校 3年まで過ごした庄内の地では、霜なんてものはほとんど降りない。もしかしたら、年に何度かは降りていたのかもしれないが、少なくとも私は一面の霜野原というのは、自分の生まれた土地では目撃したことがない。

何しろ、庄内の冬は風が吹くのである。シベリアからやってくる、あの冬の季節風である。しかも関東に吹くような空っ風ではない。たっぷりと湿り気を含んだ上に、毎日台風かと思うような強風である。あんなに風が吹いていたら、霜どころではない。

そう思いながら家を出て、車を運転しながらいつもの TBS ラジオを聴いていると、気象予報士の森田正光さんが、まさに霜関連の話をしていた。前夜ばったりと寝てしまって、日付の変わった直後の更新ができないと、それはそれで、おもしろい情報に出くわす。

森田さんいわく、霜柱は関東地方でよく見られるが、実は世界でも珍しい現象なのだそうだ。注意しなければならないのは、「霜」 と 「霜柱」 は、気象の世界では別物なのだということ。霜は空気中の水分が急激に冷やされて凍ったものだが、霜柱は地中の水分が凍って地面にせり出してきたものだ。

で、霜は世界中あちこちでみられるが、霜柱のできる条件に合致する地域は、それほど多くないというのである。地表の温度が 0度以下にならないといけないが、あまり寒いと霜柱どころでなく凍土になってしまうし、風が強くてもいけない。

なるほど、私が一面の霜野原をみて 「あぁ、関東の冬景色だなあ」 と思うのは、単なる個人的印象ではなかったのである。

それから、ちょっと余談だが、冬になると、部屋や車のドアを開けようとしたときに、ビシッと静電気が走ることがある。私なんか割と静電気に弱い方で、かなりストレスなのだが、これを解消する方法というのを発見した (参照)。

要するに、金属のノブを触る前に、壁に触ればいいのだそうだ。屋外だったら、塀とか電柱とか。金属は電気を通しやす過ぎるので、触ったときにビシッとくるのだが、木材とか壁とかは、ゆっくりと静電気を逃がしてくれるので、体には感じないもののようだ。

なんだ、それだけのことかと思うほど、なんてことのない話だが、世の中で実際役に立つのは、「なんてことのない」 ことの方が多い。面倒くさい手順なんか、踏んでられないから。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 確率論は、もうごちそうさま | トップページ | うぅ、だるい »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

私はこの番組を見ていました。
私は、木でできた key holder にしようと思っています。

私も静電気体質で、欧米にいた頃は、ノイローゼ気味だったほどです。

例の 9.11 事件の WTC ですが、NY支店があったので、私はあのビルに通っていた時期がありました。
あのビルがものすごい静電気ビルだったのです。
廊下のスイングドアやエレベーターのボタンなど、私が触ると「バチ~~ン!!」と言う音と共に、小さな火花まで散ったのです。
同僚達は、それほど気にしていない様子でしたが、体質なんですね。

投稿: alex99 | 2007/12/19 14:34

alex さん:

>私はこの番組を見ていました。

そうでしたか。
(世のため人のため、早く教えてくださいよ ^^;)

欧米は湿度の低いところが多いので、静電気飛びますよね。ホテルの廊下なんか薄暗いから、本当に火花が見えます。

一度なんか、その火花が目まで飛んできて、ものすごく痛かった。(失明したらどうしてくれると、誰に怒ったらいいんだか)

これからは、ドアノブに触れる前に、壁に触れさえすればいいのだと思うと、長年のストレスから解消される思いです。

投稿: tak | 2007/12/19 15:18

tak-shonai さん

>(世のため人のため、早く教えてくださいよ ^^;)

tak-shonai さんも、静電気系とは、知らなかったのです。(笑)

大切なことを言い忘れていましたが(笑)、ドアを触ると、火花だけで無く、強い衝撃で、腕がしびれるのです。
しばらくしびれています。


こういう種類の「自慢合戦」?は、無益ですね。(笑)

投稿: alex99 | 2007/12/19 17:27

横浜の山間部(笑)で育った私には、子供の頃、霜柱はごくあたりまえのものでした。でももう何年も踏んでないなぁ(いや十数年?)。

投稿: 山辺響 | 2007/12/20 09:56

alex さん:

腕までしびれるとは、そりゃすごい!

でも、まるで病気自慢をし合ってるみたいですね ^^;)

投稿: tak | 2007/12/20 16:09

山辺響 さん:

部分的な霜柱なら、私の田舎でも見られましたが、見渡す限りというのは、やはり関東の風物詩でしょうね。

つくばの里では、冬になったらしょっちゅう踏めますよ。

でも、今朝は風が強かったからか、車の窓の霜すらありませんでした。

投稿: tak | 2007/12/20 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/17410003

この記事へのトラックバック一覧です: 関東の冬景色:

» 冬が来る [風の記憶]
NikonF80 Nikkor 24-85□□山形県遊佐町野沢□□ いよいよ本格的な冬がはじまります。庄内の冬の特徴は、とにかく風が強いことです。積雪はさほどでもありませんが、風が強く、地上に舞い降りた雪も風に巻き上がられて、降ってくる雪と一緒に地吹雪となって生活者を困らせます。日本海からの冬の偏西風は、時には風速20メートルを超えることもあります。庄内地方は台風があまり来ない恵まれた地域ですが、そのかわり冬の偏西風が強烈で、冬は毎週のように台風に見舞われているような・・・... [続きを読む]

受信: 2007/12/20 15:50

« 確率論は、もうごちそうさま | トップページ | うぅ、だるい »