« ジョーバ・ン線運動 | トップページ | 「ナムル」 を通じたリレーションシップ »

2008/01/27

ガソリン国会で何が悪い?

民主党がガソリンの暫定税率撤廃を求めている件で、もののわかったふうな顔をした人たちが、「国会を 『ガソリン国会』 に貶めてはならない」 などとおっしゃっている。

「ガソリン国会」 でも、別にいいではないか。小泉政権の時が 「郵政民営化国会」 だったんだし、どこが違うというのだ。

暫定税率撤廃は単なるポピュリズムだとおっしゃる方も多い。彼らは、車の必要のない都市生活者なのだろう。大都市圏をちょっとはずれて、車がなければ人間の暮らしのできない地域に住んでいる人間にとっては、「ガソリン国会」 大歓迎である。

暫定税率を撤廃したら道路建設ができなくなるというが、そんなことはない。他のことに関しては、国の税金の無駄遣いにかなり厳しいことを言う人が、ガソリン税率だけは妙にものわかりのいいことを言うのが、私にはわからない。

ガソリンの値段が高くなって自動車に乗る人間が減ったら、価値のない道路を造ることになる。儲かるのは土建屋だけである。ガソリンの値段を高く保つのはエコのためだが、一方で無闇に道路を建設して自然破壊をするというのでは、理屈がメチャクチャである。

道路工事関連の丼勘定加減をきっちりと吟味したら、暫定税率なんて廃止しても全然大丈夫だろうと、私は別に数字的根拠はないが、思い切って言ってしまう。職員宿舎とかレクリエーションの道具なんか買ってたのもばれちゃったし。

ゴキブリが 1匹見つかったら、100匹いると思った方がいい。道路建設族の利権のためにどんな無駄遣いが行われているか、調べたらどんどん出てくるだろう。

それに、暫定税率を維持したせいで景気が減速されて他の税収が減っちゃったら、何の意味もない。ガソリンの値段を下げて景気を刺激した方が、税収入が上がって、暫定税率廃止のかなりの部分は補われちゃったりして。

そもそもの話が、「暫定」 と名の付くものを 30年近くも引っ張ってきて、なおかつまたまた雰囲気だけで延長しようなんていう根性が卑しいのである。

選挙の争点はわかりやすい (ような気がする) 一点に絞った方がいい。それは小泉政権の時の最大の教訓である。郵政民営化が、果たして国民生活のために役に立ったのかどうか、そんなことは誰にもわからない。わからない話で、小泉政権はあれだけ大勝したのである。

民主党は、ぶれずにガソリンでどんどん押していけば勝てる。それはごく単純な話である。あまり早くから妙な妥協的姿勢を見せたら、それだけで政権交代は遠のく。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« ジョーバ・ン線運動 | トップページ | 「ナムル」 を通じたリレーションシップ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

激しく同意。

投稿: コロ | 2008/01/27 10:09

公共工事(役所工事)は、ドンブリ勘定とか言われますが、受注した側は、それこそ、通貨単位ではない銭・毛の単位まで内訳書を作り、実行予算書を作成してカツカツの中で仕事を進め企業存続に必要な最低限の利益を計上するわけです。国家予算内訳書通りの金額の仕事が適正に行われたら、日本は、世界一整備された道路と建物が立ち並ぶ事でしょう。

ガソリンも安くなって欲しいと願う私ですが、東京圏や地元選出の大物代議士(新潟とか)が居ない地方の都市は、やっとこれから整備されるのかと期待もあるわけですが、このガソリンに加算されている税金が無くなったら、その期待も無くなるわけですね。そりゃ、ちょっと、今の先進国の我侭のようですね。今まで沢山の二酸化炭素や有害物質をばら撒いたのに、これから伸びようとする国へ「京都議定書」を振りかざして、ダメよ。と言ってるようなものじゃないですか?。

民主党も、暫定税率廃止論からムダ使いの追及のほうへ矛先を変えたようですが、いつも、追及だけで恒久的な対策が無い。それが、残念。「目のつけどころがシャープでしょ!」と電機メーカーがCMしてましたが、目の付けどころはいいんですが、詰が甘いですね。王様よりも金を可愛がり。なんていう将棋の格言を思い出しました。

投稿: やっ | 2008/01/27 12:09

やっさん:

>国家予算内訳書通りの金額の仕事が適正に行われたら、日本は、世界一整備された道路と建物が立ち並ぶ事でしょう。

これ、ちょっと深読みすると、コワいんですけど ^^;)

このエントリー、あえて暴言に近いすれすれのところで書きましたが、実際のところは、工事そのものについてより、その周辺での無駄遣いと利権のしがらみがあると睨んでいます。

単に工事を粛々と遂行するだけだったら、政治家と役人がそれほど暫定税率死守に動きたがる意味が薄れますから。

道路建設に関しては、都会と田舎を比べても、どっちもどっちだと思いますよ。都会は既に整備され尽くしたということは、到底できないと思います。

東京周辺の環状線なんか、整備の遅れで渋滞ばかり発生して、経済損失としてみると大変なものだと思います。

投稿: tak | 2008/01/27 17:03

コロ さん:

すみません。レスの順番が狂ってしまいました。

やっさんへのレスにも書きましたが、かなり暴言スレスレのエントリーなので、その辺はお含み置きください ^^;)

投稿: tak | 2008/01/27 17:05

深読み・・・。確かに・・・。なんか、言ったモン勝ちのような私のコメントで申し訳ありませんでした。

土建屋と政治家の癒着とか言われますが、癒着を取り持つ仲人役、俗にロビーストと呼ばれる方々が、どれ程、ブクブクと無駄な贅肉を蓄えてる事か・・・。政治家だって、危ない橋を渡ってまでも金に執着しないでしょう。勉強会やパーティーを開催すりゃ、一人当たり5万円の会費を頂いて、ちょっと気の利いたリップサービスをして、一人頭、800円ぐらいの立食を準備すりゃ、危ない橋を渡るよりクリーンな収入があるのですから・・・。

あら、またちょっと、言ったモン勝ちのような表現でしょうか?。

投稿: やっ | 2008/01/28 01:55

追記

本当に余談ですが、ちょっと前に福島県知事の汚職事件(ダム建設に係る談合)で、知事の弟が、仲介役をしていました。彼は、洋服店を営んでおり福島県郡山市あたりでは、ちょっと名の通った店(サントウスーツ)で、談合するのに、サントウスーツのオーダーメイドスーツじゃなきゃ談合テーブルに座れなかったとか、冗談にも程がある。という現実に笑ってしまいました。

権力の座に長期的に君臨すると、変な錯覚を起こしてしまうという事も分からないではないですが、権力者と仕事を欲しがる業者の間に介在する人間を無くせば、より良い談合(品質向上や適正価格設定)が出来るのにと、いつも思う。

投稿: やっ | 2008/01/28 02:05

やっ さん:

三東スーツ (おっと、実名表記しちゃった) に関しては、前々からいろいろな話がありましたね。
単に技術力としてみたら、いい会社だったんですけどね。
(従業員が気の毒)

>権力の座に長期的に君臨すると、変な錯覚を起こしてしまうという事も分からないではないですが、権力者と仕事を欲しがる業者の間に介在する人間を無くせば、より良い談合(品質向上や適正価格設定)が出来るのにと、いつも思う。

さすが、現場視点に立つとモノがよく見えますね。

投稿: tak | 2008/01/28 06:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/17854505

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン国会で何が悪い?:

« ジョーバ・ン線運動 | トップページ | 「ナムル」 を通じたリレーションシップ »