« 「ザッハリッヒ」 という言葉 | トップページ | 餃子に関する福田発言 »

2008/02/29

ペットを飼うと心臓発作リスクが減る

米国脳卒中協会 (ASA) によると、ネコの飼い主は心臓発作リスクが低いのだそうだ。

さらに、「どのような動物でも、飼い主がその動物を大切に思っていれば、健康によい効果をもたらすはず」 との医学者の見解も紹介されている。これは決して 「トンデモ」 というわけでもなさそうなのである。(参照

このニュースから読み取れるのは、猫を飼っている場合のみが統計的にまともなデータとして発表されているが、他の動物の場合でも同様の効果があるはずだと、医学者たちは見ているようだということである。

我が家では、猫を 2匹飼っている。以前はそれに加えて犬も 1匹いた。さらに、私が子供の頃は我が家には猫が何匹いたかわからないほどだった。私にはどうやら、犬猫好きの血が流れているらしい。

その犬猫好きの私の感覚で言うと、ペットと接するというのは、確かに 「癒される」 ことに間違いはない。しかし、実を言うと 「癒される」 ばかりではない。ペットというのは実に手のかかる存在なのである。飼い主は 「癒し」 と引き換えに 「世話」 という結構な負担を強いられる。

まず基本的に、餌を与えなければならないし、餌を与えるのだからその結果として、糞の始末も日常的にしなければならない。抜け毛のかたまりは室内に漂うし、蚤やしらみの対策もしてあげなければならない。病気になれば、人間と違って健康保険も利かないから、結構な出費である。

それだけではない。急ぎの仕事であせってパソコンに向かっているときなど、猫が甘えてひざの上に乗ってきて、喉をゴロゴロ鳴らしながら頭を摺り寄せてこられると、かわいいにはかわいいが、邪魔でしょうがない。相手も生き物だから、こちらの都合だけの思い通りにはいかないのである。

こうしてみると、「世話」 の負担と、その結果として享受できる 「癒し」 の効果というのは、案外チャラなんじゃないかと思う。そして、さらに言うならば、飼い主に強いられる 「世話」 の負担すらが、実は 「癒し」 の効果を発揮しているんじゃないかということだ。

「癒し」 の効果を一方的に 受け取るだけでは、実は、あまり健康の役には立たないような気がする。「世話」 をするからこそ、心理的にちょうどいいストレスを感じ、体を動かすことによる運動効果も発揮され、結果、心臓発作リスクも軽減されるんじゃなかろうか。

人間、受け取るだけではだめで、「愛を与えること」 が必要ということなのだと思うのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「ザッハリッヒ」 という言葉 | トップページ | 餃子に関する福田発言 »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

Give and take.
そうですね。愛を与える。良い言葉ですね。20年位前、当時は、溢れんばかりの愛を注いでも注ぎ足りないんじゃないか?もっと、愛を注ぎたい。と、愛という文字しか知らなかった若造が苦悩して、今、その若造が、歳と共に愛という文字だけじゃなくぼんやりと愛という形のアウトラインが見えて来た今、家内の風体を見て、「これって、詐欺だよなぁ」とつぶやきたくなるような変貌ぶりに「誰が与えるもんかよ」と心に思うのであるが、やっぱ、愛は与えるものなんでしょうか?。

投稿: やっ | 2008/02/29 23:28

やっ さん:

妻はペットより多少複雑な生き物なので、何とも…… ^^;)

投稿: tak | 2008/03/01 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/40308561

この記事へのトラックバック一覧です: ペットを飼うと心臓発作リスクが減る:

« 「ザッハリッヒ」 という言葉 | トップページ | 餃子に関する福田発言 »