« 脳内オーディエンスを育てるには | トップページ | 吊り広告の 「画像を裏切るテキスト」 など »

2008/03/25

やるじゃないか、E-mobile

先月 26日に 「モバイル・ブロードバンドを始めた」 という記事で、@Nifty Mobile BB 即ち E-mobile を始めたと書いた。

この時、「あとは、私の実家のある山形県庄内地域がカバーされるのを待つばかりなのだが ……」 と、悲観的に書いてしまったが、実はもうそろそろつながっちゃいそうなのだ。

先月、もののはずみというか、単なる勢いというか、あまり深く考えずに @nifty 経由で E-mobile の定額データ通信に乗り換えてしまった。

E-mobile は、当初は三大都市圏しかカバーしておらず、ちょっと郊外に出ると圏外になってしまうというので、敬遠していたのだが、今や、人口比で 50%以上をカバーしているので、案外快適である。

なにしろ、つくばの片田舎の私の自宅でさえカバーされているのだから、B-フレッツが何かの障害でストップしてしまっても、安心だ。それに、常磐線の電車で移動しながらでも、かなり快適につながるので、移動中のブログ更新が楽になった。ありがたいことである。

ただ、カバーエリアが拡大したといっても、大都市圏だけで、あとは地方の県庁所在地をちょこちょこっとカバーしているのみ。とくに山形県なんか、山形市のほんの一部だけで、私の実家のある酒田市なんか、全然ほったらかしにされていたのである。

だから、実家に帰ったときはアナログのダイヤルアップでインターネットにアクセスしなければならないだろうと、覚悟していた。さぞかしストレスがたまるだろうと、うんざりしていたのである。

もしかしたら、b-mobile のプリペイド式 128kbps の端末を申し込んでおかなければならないかと、うっとうしい思案をしていたのだ。E-mobile の 高速さに慣れた身には、さぞ遅く感じられるだろうと。

ところがここだけの話、昨日秋葉原のヨドバシカメラの E-mobile ショップで得た情報によると、今年の 4月には、カバーエリアがどっと拡大して、人口 10万規模の都市がずいぶんカバーエリアに入ってしまうようなのだ。

インターネットの公式サイト (参照) ではまだ公表されていないが、ショップで見せてもらったカバーエリアの地図では、酒田市がきっちりとピンク色に塗りつぶされていた。「これは 4月時点でのカバー予定ですが、もしかしたら、もう既にカバーされてるかもしれませんよ」 なんていうのである。

私は今年の 5月に母の法事で帰郷しなければならないのだが、この時点ではばっちりとモバイル・ブロードバンドができそうなのである。やるじゃないか、E-mobile。

E-mobile の公式サイトで発表されたカバーエリアをみて、「ウチの地域はまだかなあ」 なんてイライラしているよりも、一度ショップに行き、4月の予定カバーエリアを見せてもらって、安心するといい。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 脳内オーディエンスを育てるには | トップページ | 吊り広告の 「画像を裏切るテキスト」 など »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/40629104

この記事へのトラックバック一覧です: やるじゃないか、E-mobile:

« 脳内オーディエンスを育てるには | トップページ | 吊り広告の 「画像を裏切るテキスト」 など »