« 「ガソリン国会」 にもならなかったのに | トップページ | English が 100年で Panglish になる? »

2008/04/01

登録名にまつわる感動的エピソード

以前、中央線の電車の出発間際に、飛び乗ったことがある。飛び乗った途端に、異次元に迷い込んだかと思った。

満員に近い車内の雰囲気が異様である。状況を理解するのに、少なくとも 3秒かかった。私はどうやら、女子バレーボール・チームの真っ直中に飛び込んでしまったようなのだ。

私の身長は 178センチで、日本人としては間違いなく背の高い方である。人の顔を見上げることあまり慣れていない。ましてや、女性の顔を見上げるなんて、滅多にない。(このあたり、女性蔑視とかいう話とはまったく無関係の、単に物理的な話なのでよろしく)

ところが、その時、私の周囲の若い女性の顔は、ほとんど私の視線と同じレベルか、それより上にあるのだった。「慣れていない状況」 に置かれると、人間の頭はかなり混乱する。私は、わけもなく身の置き場のない思いに囚われてしまったのだった。

それで、ふと大林素子さんのエピソードを思い出した。

女子バレーボール選手はその体格のせいで、人に言えない悩みを持つことが多いそうだ。大林素子さんも、子どもの頃から飛び抜けて長身だったために、周囲の子ども達にからかわれ、大変なコンプレックスを抱いていたという。

しかし、バレーボール選手としての才能を開花させるにつれ、自分が長身であることに自信を持つようになり、コンプレックスが消えたのだという。その間の心の動きは、彼女の自伝 『マイ・ドリーム』 に感動的に記してある。

そしてある日、彼女は親に貰った長身という財産に感謝する意味で、選手としての登録名を変える決意をしたのだった。

彼女の本名が 「小林素子」 であるというのは、ほとんど知られていない。彼女は、選手としての登録名を 「小林」 から 「大林」 に変えることで、幼い頃からのコンプレックスに、最終的な別れを告げたのだった。

登録名を変えてからの彼女の活躍は、広く世に知られるところだ。

ところで、芸能人が芸名を使うのは一般的だが、スポーツ選手が 「登録名」 を使うというのも、それほど珍しいことではない。「イチロー」 は最も有名なケースだが、そのほかにも、姓名判断などで、同じ読み方の別の漢字を登録名にするスポーツ選手は少なくない。

そうした中で、彼女の登録名変更はかなり感動的なエピソードである。

これもまた、いつものエイプリルフール・ネタだろうって? そう思うのは自由だが、彼女の登録名そのものが、元々の本名を語っていることに気付けば、そんな疑いは晴れるだろう。ほら、「大林 もと "コ"」 って。

【4月 2日 追記】

申すまでもなく、エイプリルフール・ネタです。

昨年と一昨年のネタ (参照 1参照 2) は、あまりにも真に受ける人が多かったので、今年は敢えてバレバレにしました。

大林さん、ネタにしちゃってゴメンナサイ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「ガソリン国会」 にもならなかったのに | トップページ | English が 100年で Panglish になる? »

ちょっといい話」カテゴリの記事

コメント

えー!そんな素敵なエピソードがあったんですかぁ!

…ちょっとバレー好きのオッチャンもびっくり!

投稿: オッチャン | 2008/04/01 07:52

オッチャン :

むむ、そうボケたか ^^;)

昨年、一昨年と、あまりにも真に受ける人が多くて、こっちがあせっちゃったんで、今年はせっかくそれを避けたのに、その上を行くボケで来られると、たじろぎます。

投稿: tak | 2008/04/01 09:48

>昨年、一昨年と、あまりにも真に受ける人が多くて、

 …すっかり“やられた”口です。
 『無線LANの盲点』も、『サブリミナル』も、『ハエトリリボンの需要』も、それはそれで短編小説になりうるとも思うぐらい、やられました…。orz

 くやしいから、自分のブログで一芝居打ってみましたが、なんか田舎臭さが抜けないなぁ…。

投稿: オッチャン | 2008/04/02 12:59

あはは (^o^)
行ってみました。
ファンタジーですね。

投稿: tak | 2008/04/02 15:07

ご訪問誠に忝なく、恐悦至極に存じます。

なんと、カーちゃん(家内)が真剣に、『プラチナのヘソマガリ論』をネット検索かけてたみたいです。

ドメスティックに、してやったり…。

投稿: オッチャン | 2008/04/02 15:28

オッチャン:

『プラチナのヘソマガリ論』でググったら、「一致する情報は見つかりませんでした」 だと。

失礼しちゃいますね。
どうしたんだ、グーグル!?
反省して、ちゃんと見つけろ。

投稿: tak | 2008/04/02 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/17715006

この記事へのトラックバック一覧です: 登録名にまつわる感動的エピソード:

« 「ガソリン国会」 にもならなかったのに | トップページ | English が 100年で Panglish になる? »