« あさま山荘への道程は近くて遠い | トップページ | テンキーで 「コンマ」 を入力する »

2008/04/25

立川吉幸の会に行ってきた

17日のエントリーでフィーチャーした 「立川吉幸の会」 に行ってきた。会場は上野広小路亭。実は、この寄席へは初めてである。

上野では鈴本演芸場の方がメジャーだし、広小路亭の方は、「ん? こんなところに、いつ寄席ができたんだ?」 ぐらいに思っていた。入ってみると、まあ、アットホームな小屋である。

鈴本とか、新宿の末広亭は、それなりに 「劇場」 という感じのしつらえだが、広小路亭は、客席の前半分が座椅子、後ろ半分がパイプ椅子がおいてあるだけ。先週の両国亭よりは、座椅子があるだけちょっとは寄席らしい。

それでも、両国亭の 「オールナイトチョメチョメ」 の時とは比較にならないぐらいの客入りである。とはいっても、多分、50人ちょっとぐらいのものだが。そうえいば、前の座椅子席に、「倉庫の二階」 の村田席亭の姿も見えた。

演者は立川吉幸のほか、前座の松幸、そして吉幸の師匠の談幸。吉幸さんが二席つとめた。演目は、松幸の 「黄金 (きん) の大黒」、吉幸の 「真田小僧」、談幸の 「ねずみ」。ここで休憩が入って、最後に吉幸の 「湯屋番」 で締めとなった。

私は落語はそれほど詳しいってわけじゃないのだが、それでも、この 4つとも前に聞いたことがある。演者は誰だか忘れたけど。ただ、「黄金の大黒」 は上方の系統で聞いたんじゃないかというような気がする。そして、下げも今回の松幸の 「友達の恵比寿も呼んでくる」 とは違っていたと思う。

そう思って、帰ってきてインターネットで調べてみたら、「百で米が三升じゃというとるんでな、あんまり安うならんうちに、足に踏まえてる二俵を売りに行こうと思うて」 というのが出てきた。うん、確かこんな感じだったと思う。いろいろな下げがあるらしい。

真田小僧」 は、もう大分若かりし頃にラジオで聞いたという記憶があるのみで、帰ってきた女房に 「お前も聞きてぇか、聞きたかったら一銭出しな」 というのが下げだとばかり思っていた。ところが、今回フルバージョンで聞いて、「真田小僧」 という演題の訳がわかった。

吉幸さん、口跡がいいので、こうした講談ネタの話は嫌味もなく、なかなかいける。

で、談幸師匠の 「ねずみ」。左甚五郎の彫ったねずみが、「え? あれ、虎だったんですか? あたしゃ、猫かと思った」 という下げが有名である。さすが師匠。味があった。

で、最後に 「湯屋番」。道楽者の若旦那のお話で、古典落語のスタンダード。あまり有名な話すぎて、名人上手のバージョンを何度も聞き過ぎたせいか、吉幸さん、なかなかいいんだけれど、「これからもっと良くなるだろう」 という感想にとどまる。

芝居がかりのセリフにもっと年季が入ったら、すごく良くなると思う。私はどっちかというと歌舞伎が専門なので、このあたり、ちょっと点が辛いかもしれない。

ともあれ、先週の 「オールナイトチョメチョメ」 では吉幸さんのは聞けなかったわけだが、今回、ちゃんと聞けて良かったと思う。木戸銭の 1,500円以上の満足感はあった。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« あさま山荘への道程は近くて遠い | トップページ | テンキーで 「コンマ」 を入力する »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/40982650

この記事へのトラックバック一覧です: 立川吉幸の会に行ってきた:

« あさま山荘への道程は近くて遠い | トップページ | テンキーで 「コンマ」 を入力する »