« 睡眠時間について考えた | トップページ | 新幹線での E-Mobile をモニターした »

2008/04/17

倉庫の二階に行ってきた

「倉庫の二階」 に初めて行ってきた。「倉庫の二階って何だ?」 と思った当サイトの初心者は、こちらこちら をご覧いただきたい。

初めの方の記事には、ありがたいことにこの寄席の席亭さんのコメントまで付いている。こうなったら、当方としても足を運ばないわけにはいかなくなったというわけなのだ。

4月 16日の企画は、「席亭と吉幸のオールナイトチョメチョメ3」 というものである。立川流期待の若手、立川吉幸と、倉庫の二階の村田席亭が、90分の間、ただただ楽屋落ちの話をするというものだ。会場は両国駅から近い 「両国・お江戸両国亭」、開場午後 7時、開演は 7時半。

倉庫の二階のウェブサイトをみると、「入場料: 2000円 (20歳以下 500円)」 とある。どうサバよんでも 20歳以下には見えないだろうから、しかたなく 2000円払うことにする。

会場に入ると、コンクリート打ちっ放しの寒々しいスペースに、折りたたみパイプ椅子が 20脚ほど並べられ、お約束の 3色縦縞の定色幕が降りている。ただ、客は私の他には、若いにいちゃんとねえちゃんの 2人しかいない。おいおい、本当に大丈夫か?

開演 5分前ぐらいになって、ようやく 10名ぐらいの入りとなるも、写真でご覧の通り、最前列の椅子はガラガラである。で、席亭と吉幸さんのトークが始まって知ったことは、この企画はタイトル通り 3回目なのだが、客の入りは今日が最高だというのである。

おぉ、私もその最高の入りに寄与させてもらったのだ。ありがたいことである。それにしても、その程度の入りでこのシリーズを継続しているという、その心意気がいい。

で、トークはとてもおもしろかったのである。どうおもしろかったかなんてのは、あまり詳しく触れない。知りたかったら、次回、6月 18日 (水) の 「オールナイトチョメチョメ4」 (会場は今回と同じ) に行くことだ。

ちょっとだけ触れておくと、近頃テレビでみる 「メジャーになるための、あるいはメジャーであり続けるための、必死の芸」 ではなく、ゆるりとした、やりたいことだけをやるというコンセプトともいえないコンセプトが、やたらと心地よいのである。

ああ、大きいが、しかし表面的な利益だけを追い求めずに、こうして、等身大の、しかし芸だけはしっかり磨きたいという姿勢には、近頃のマスメディアでは滅多にお目にかかれないのである。

ことは芸だけじゃない、どんな仕事でも、こんな風に関わって、それなりに食っていける社会が欲しいなあと、私はつくづく思ってしまったのである。

そして、この感覚はなんだか懐かしいと思ったら、そうか、私がその昔、シンガーをやっていた頃 (参照)、場末のライブハウスで 10人ぐらいの客を前にして、とてもいい雰囲気で歌ったことが何度もある。そうそう、あの感じと同じなのだ。客は多けりゃいいってもんじゃないのだ。

ちょっと話がずれそうになってしまったが、立川吉幸という家は、ちょっといいかもと、昨日は彼のを聞いたわけじゃないのに思ってしまった。で、来週 4月 24日の上野広小路亭での 「立川吉幸の会」 には、都合がつけば行ってみたい気がするのである。

実は、私は古典芸能で文学修士号を取ったといっても、専門は歌舞伎で、寄席芸はそれほど詳しいわけじゃない。歌舞伎座には 100回以上行っているが、寄席に行ったことは数回しかない。だから、に関しては決してコアなファンというわけじゃない。

しかし、子供の頃から (てことは、志ん生、の全盛時から) ラジオの寄席番組はよく聞いていて、リアルタイムでお馴染みなのである。だから、まんざらトーシロってわけでもない。その私が、「立川吉幸、ちょっといいかも」 と言っておくのである。半分ぐらいは信用してもらっていい。

そして、村田席亭は、トラホームは知らないが、アメリカシロヒトリは知っている人なのであった。「トラホームつっても、甲子園球場じゃないよ」 なんて駄洒落もか漫才で聞いたことあるけどなぁ。それも昔の話になってしまったのか。

ちなみに次回の 「オールナイトチョメチョメ4」 の日程は、私のスケジュールに入れておいた。このブログの読者で関東一円在住の人にも、「このくらいの物好きはしておいてもいいよ」 と、薦めたい。とりあえず、「6月 18日に両国で会いましょう」 と言っておくことにする。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 睡眠時間について考えた | トップページ | 新幹線での E-Mobile をモニターした »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

前回は御来場ありがとうがとうございました。
挨拶できず失礼しました。

「両国亭で会いましょう」と歌いながら、今回もお待ちしております。

投稿: 村田席亭 | 2008/06/18 00:12

ここで読ませてもらって、手帳に予定を入れて楽しみにしていました。

投稿: ようちゃん2号 | 2008/06/18 06:37

村田席亭 さん:

むむ、今日ですな。
急な用事でも入らない限り、うかがいます。
よろしく。

>「両国亭で会いましょう」と歌いながら、今回もお待ちしております。

フランク永井ですか?

投稿: tak | 2008/06/18 09:58

ようちゃん2号 さん:

今日ですよ。
お会いできそうですね。

投稿: tak | 2008/06/18 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/40899217

この記事へのトラックバック一覧です: 倉庫の二階に行ってきた:

« 睡眠時間について考えた | トップページ | 新幹線での E-Mobile をモニターした »