« ATOK の文語モード試しみむとて | トップページ | 長野の聖火リレーに »

2008/04/12

「後期高齢者」 てふ名称

「後期高齢者医療制度」 の始まりて以来、この 「後期高齢者」 てふ言葉の評判、甚だ芳しからず。とりわけ当の 75歳以上の高齢者、いと腹立たしきやうなり。

「我らに早う死ねてふことなるか」 と、憤慨し給ふ翁、嫗 (おきな、おうな) の声、をちこちにて聞き及びしなり。(参照

この制度の名称、定めし人情の機微を知らぬ木端役人の、木で鼻をくくる如くに命名せしらむと思ひきや、誠にはさにあらず、「後期高齢者」 てふ呼称は、医療、福祉の世界にてはかねてより、ごく普通に使われ来るものなり。役人的発想としては、既に定着せる名称としてただ機械的に使いたるものならむ。

これに対し、「75歳以上の老人に対して失礼」 などと、あたかも今に始まりたるやうなる怨嗟の声、巷に満ちたるは、偏に医療制度改革によりて、老人の負担の増ゆると知りたるがためなり。

もし 「後期高齢者には、年額 60万円の医療補助を与ふることとす」 なる法律の作らるれば、かほどの声の上がるや否や、甚だ疑はしきなり。逆に、70代前半の者は 「我も早う 『後期高齢者』 になりたし」 などと言ひ出さむとも限らざるものなり。

さればこのたびの制度、徒 (いたづら) に 「長寿医療制度」 などと名称を代へたるとても、国民は容易には合点せざること必定なり。知るべし。「後期高齢者とは失礼なり」 との声の多くは、名称批判に名を借りたる制度批判の声なりと。

ましてや我が 75歳にならむ日には、100歳以上の者に 『末期高齢者医療制度』 (「まつご~」 と読むなり) なるもの適用されむとも限らず。何があろうとも驚くべからず。たたただ、達者 (まめ) にて暮らさむこそ本願なれ。

ATOK の 「文語モード」 なるものを見つけて以来、新しき玩具を手にしたる童べの如く、ひたすら弄びて楽しみをる次第なり。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« ATOK の文語モード試しみむとて | トップページ | 長野の聖火リレーに »

世間話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/40860097

この記事へのトラックバック一覧です: 「後期高齢者」 てふ名称:

« ATOK の文語モード試しみむとて | トップページ | 長野の聖火リレーに »