« ウンコ強さについて考える | トップページ | すべての無駄遣いは 「必要な無駄遣い」? »

2008/05/19

四川大地震とオリンピック

中国政府や中国人のメンタリティについて、批判的なことを何度か書いてきたが、地震という天災に見舞われてしまったら、そんなことは言っていられない。気の毒な限りである。

私は小学校 6年生の時に新潟地震に遭ってから、地震にはかなりトラウマがある。他人事と思えないところがある。

思い起こせば、あの新潟地震だって、東京オリンピックの約 4ヶ月前だった。あの地震で、私の住んでいた酒田は 「震度 5」 と発表された。当時は震度 5 に弱とか強とかいった区別はなかった。

しかし私は今でも、あれは震度 5 なんてレベルではなかったと思っている。あれから 震度 5 クラスの地震には何度か遭遇したが、揺れのレベルが違った。立っていると周囲の壁に叩きつけられそうになったのをはっきりと覚えている。

何で 「立っていると」 という条件付きの記憶なのかというと、実は私はそのとき、廊下に立たせられていたのだった。這うようにして教室に戻り、たまたま欠席していた最前列の子の机の下に潜り込んだのだが、その子が欠席していなかったら、自分の席まで辿り着けたとは思えない。

天井裏から落ちるゴミで教室がもうもうと煙るのを、机の下で見ながら、「思えば短い一生だった」 と、本気で思った。そしてそう思った子が、4ヶ月後の東京オリンピックの入場式をテレビで観ながら、本気で感動していた。あれは大いなる救いだった。

オリンピックは確かに救いだったが、中国の場合は聖火リレーをわずか 3日間だけ休むという。日本だったら、3日間といわず、大幅縮小するところだろう。このあたりが国家的威信をかけた中国政府の思い入れがうかがわれる。

そして、その思い入れと中国民衆、そして世界の意識のずれが、またうかがわれてしまう。

3ヶ月後では、四川の民衆はまだあれだけの被害から立ち直るまでには至らないだろう。その中で、北京オリンピックは開催される。四川の人たちにとって、それは救いとなるだろうか。私以上に大きなトラウマとなって残るのではなかろうか。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« ウンコ強さについて考える | トップページ | すべての無駄遣いは 「必要な無駄遣い」? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■中国四川省大地震―核施設、ダムは大丈夫か?
こんにちは。中国の大地震、これからもいろいろな問題点が出てきそうです。これからも余震や、ダムの決壊など第二次災害の大きなものも発生しそうですから、十分気をつけていくべきだと思います。その中でも、最も心配なのが核施設です。5月18日時点で中国政府も震源地の近くに核施設があることは認めました。今のところ、放射能漏れなどはないそうですが、これからどうなることやら。私のブログでは、問題になっている核施設(地上施設、地下には巨大な空洞があってそこが施設の中核か?)そのものの航空写真も掲載しました。是非ご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2008/05/19 11:16

yutakarlson さん:

今回の地震で、核施設がらみのバッドニュースが入ってくる可能性はありますね。

こういう問題は (日本もそうでしたが)、ずっと後になって 「実は……」 となりがちです。

さらにあの国のことですから、「実は……」 にすらならず、あちこちからつつかれて、ようやく事実が明かされるなんてことになりかねないのが、またまた心配です。

投稿: tak | 2008/05/19 15:05

新潟と酒田の間の距離は150 kmぐらいでしょうか。
当時、家には新潟地震を記録した新聞社の写真集があって、信濃川に掛かる橋が崩落したり団地の建物がドミノのように倒れた写真が載っていました。
こちらでは三年前に福岡西方沖地震がおきて、福岡では地震は起きないという長年の神話が崩壊してしまいました。以来、ときおり地震が発生するようになりました。断層の活動期に入ったということのようです。
それにしても、四川で起きた地震の揺れを北京で感じたというのには驚きましたね。

投稿: かつ | 2008/05/20 03:55

かつ さん:

新潟地震の震源地は、新潟県の粟島南方沖 40km と言われてまして、この粟島というのは、ほとんど新潟県と山形県の県境の延長線上に近いんですよね。

そのため、新潟県と山形県の両方の沿岸部で被害が大きかったわけです。

「あの地震で被害が大きかったのは、新潟でしょ?」 なんて言われると、「とんでもない、山形県だって、怖かったんだからぁ~~!」 と、意地張って言っちゃいます。
(ほとんど、病気自慢みたいですが ^^;)

公式記録としても、山形県の鶴岡市でも新潟市と同じ震度 6を記録していて、酒田市でも 1人、地割れに落ちて亡くなってますしね。

ホント、地震は怖いです。

今回の四川大地震は、ものすごい規模ですね。さすがに、インド南方からヒマラヤを潜ってきたプレートのずれだけのことはあります。

投稿: tak | 2008/05/20 10:31

また、エベレストが成長しちゃうんでしょうか…。
 教科書や地図帳の直しがでてくるんでしょうか…。

(杞憂なオッチャン)

投稿: オッチャン | 2008/05/20 12:09

オッチャン:

そういえば、ヒマラヤはその昔、海の底にあったんでしたね。アンモナイトの化石が出てくるとか。

さんざん成長して、またドッスーン!と陥落しちゃったら、どうなるんでしょう?

(さらなる杞憂)

【付け足し】

こんな記述を見つけました。

「今から2億年後、ヒマラヤ山脈は再び海に沈み、日本列島から台湾、フィリピンにかけての地域に海抜10000 mを越える巨大山脈が出現するといわれています」

http://research.kahaku.go.jp/botany/azami/himaraya.html

それにしても、2億年後まで地球がもつのかなあ。

投稿: tak | 2008/05/20 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/41253930

この記事へのトラックバック一覧です: 四川大地震とオリンピック:

« ウンコ強さについて考える | トップページ | すべての無駄遣いは 「必要な無駄遣い」? »