« 「お徳用」 は、どうして 「お得用」 じゃない? | トップページ | 副都心線というのが開通するんだって »

2008/06/12

ブログの更新について

ほぼ 1年半ぐらい前に 「ウェブサイトの寿命」 という記事を書いた。個人サイトの寿命は大体 4年ぐらいで、それを過ぎると更新が滞りがちになったり、消滅してしまったりするという説があることを紹介したものだ。

私のサイトはありがたいことに、6年半近く続いていて、毎日更新も 5年半以上になる。

5年半以上の毎日更新というのは、掛け値なしの毎日更新ということで、「ほぼ毎日更新」 ということなら、もう 6年 4ヶ月ぐらいになる。これだけ続けていると、もう更新作業が体にしみついてしまって、更新しないと落ち着かなくなる。

とはいいながら、近頃、ネタをひねり出すのにちょっとだけ苦労することが、以前より多くなってしまった。いや、書けないということはないのである。書こうと思えば書くことはいくらでもある。しかし、自分の中に妙なフィルターができてしまっている気がするのだ。

これだけ長く更新を続けていると、傾向が固まってしまう。ちょっとしたニュースを取り上げて、それに関する論評的なことを書こうとしても、大体これまで書いてきたことと同じような角度から、同じようなことを言ってしまいがちになる。

だから、ブログでの論評に最適なニュースがあっても、「ああ、これについて触れても、新鮮味がないな」 と、自分で先に見限ってしまう。秋葉原の無差別事件は、ネットで大変な話題だが、私はこの類のニュースには触れたいとは思わなくなってしまった。

いつも同じようなことを書いても、別に何も悪いことはない。かの山本夏彦氏などは、コラムの達人と謳われながら、よく読めばいつも大体同じようなことしか書かなかった。読者はその同じようなことを読むのを楽しみにしていたのである。

浪曲の広沢虎三は、いつだって 『森の石松』 しか演らなかった。客は広沢虎三の 『森の石松』 を聞くのを楽しみにしていたのである。

しかし、私は山本夏彦氏や広沢虎三の名人芸の域に達していないのである。だから、同じようなことを書くと、自分でつまらなくなる。かといって、自分自身がそれほど不断の成長を遂げているわけでもないから、ネタ探しに苦労することになる。

というわけで、4年を待たずして更新がおろそかになったりするブロガーの気持ちが、最近少しはわかるようになってきた。私も最近は、前より更新が楽々できるということがなくなってきた。

で、毎日更新を維持するためにというわけでは決してなく、自分自身の成長のために、まず自分自身が変わっていく必要があると、今更ながらまったく青臭いことを思っているわけなのだ。

これまで書き連ねたことは、その時々の自分の表現ではあったが、その蓄積は、自分自身を拘束する。いつの間にか縛られている。そこから変わるということは、自分自身の作ってきたものを少なからず裏切るということだ。

しかし、しょうがないではないか。そうでもしなければ、おもしろくないのだから。それに、裏切る対象は、表面的な自分であり、根本的な自分はそんなに変わりはしない。だったら、あっけらかんと裏切ってしまう方がいい。

他人を裏切るのは心苦しいが、昔の自分を裏切るんだから、誰にも迷惑はかからないだろうし。とはいいながら、やっぱりその裏切り行為ってのは、ちょっと辛いところがあるわけで、少しは産みの苦しみみたいなものが伴うのは、仕方のないところだ。

とまあ、最近はそんなことを考えている。実はこの記事は、朝の 9時前に書き上がっていたのだが、公開するのがなんだか照れくさくて、夕方過ぎまで寝かせてしまった

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「お徳用」 は、どうして 「お得用」 じゃない? | トップページ | 副都心線というのが開通するんだって »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

takさんが書いていておもしろくない、
つまらんというのなら仕方がないのでしょうけれども、
自分は話題のニュースについてもtakさんの考察があったら、読みたいと思う次第です。

ファンサービスと思って、Upしません?takさんの更新は肩肘張らなくても、今のままで充分名人芸だと思いますよ。

投稿: 夜の指揮者 | 2008/06/13 05:26

夜の指揮者 さん:

うわぁ、ほめ方上手だなあ。
つい、その気になっちゃいますよ ^^;)

投稿: tak | 2008/06/13 14:50

お邪魔します。オッチャンです。

>毎日更新を維持するためにというわけでは決してなく、自分自身の成長のために、まず自分自身が変わっていく必要があると、今更ながらまったく青臭いことを思っているわけなのだ。

takさんにそこまで言われちゃあ、アタクシまだまだ『世間の波間が渡れない小僧っこの心境』で臨まないと!

takさんのご意見、お考えを始点として、オッチャンにも成長のチャンスを下さい。

投稿: オッチャン | 2008/06/14 09:44

オッチャン:

私も思ってるだけで、できてるわけじゃないんで。偉そうなことは言えません ^^;)

投稿: tak | 2008/06/14 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/41507758

この記事へのトラックバック一覧です: ブログの更新について:

« 「お徳用」 は、どうして 「お得用」 じゃない? | トップページ | 副都心線というのが開通するんだって »