« 鳩山法相のエキセントリックな怒り | トップページ | 信州旅日記 2 »

2008/06/22

信州旅日記 1

今朝つくばの地を発って、二百二十キロの道のりをドライブし、信州までやってきた。さっき善光寺の参拝を終えて、ホテルの部屋に入ったところである。

今日は梅雨前線が活発化して、車で移動中にはかなり雨が降ったが、大変よくしたもので、立ち寄り先ではぴたりと止む。

この、いくら降っても止んでもらいたいところではぴたりと止むというのは、私にはよくあるケースで、私の晴れ男ぶりというのは、かなりしぶといものがある。

ほら、これが証拠写真。善光寺参拝の人、誰も傘を差してないでしょ。

信州は若い頃に何度か来たが、軽井沢というところには一度も足跡を記していないことに気づき、ふとした気まぐれで、群馬と長野の県境を越えてから、まず軽井沢に立ち寄った。

途中の道はなかなか景色がいい。空が晴れていれば、さらに絶景だろう。しかし、軽井沢は、まあ、そこは何というか、信州の原宿といった感じで、別におもしろくもないので、早々に引き上げた。

小諸に向かう途中、「きこり」 というそば屋に寄って、田舎そばに二八のお変わり付きを食べた。なかなか立派なそばだった。おすすめしておく。

それから小諸の懐古園に立ち寄り、善光寺さんには三時頃に到着。「遠くとも一度は詣れ善光寺」 なんていうが、まさにその通りで、なかなかいい雰囲気の寺である。ちなみに、これには 「救い給うは弥陀の本願」 という下の句が付いて、道歌なのだというのを初めて知った。

お戒壇巡り」 というのもちゃんとやって、秘仏の御本尊様と結縁を果たした。これは往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただいたことになるらしい。まあ、私は別に往生しなくても既に極楽蜻蛉だけどね。

これから、夕食を食べに出かける。せっかくの信州だから、夜もそば料理にしようと思っている。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 鳩山法相のエキセントリックな怒り | トップページ | 信州旅日記 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。オッチャンです。

 『信濃の国は、十州に~』という歌の如く、隣接する国(県)が最も多い県です。
 その、岐阜とか山梨とか新潟ではなく、『隣接マイナー県』である、長野-埼玉県境を目指したことがあります。
 土砂崩れで通行止めでした…。

 やはり、水がうまいとそばがうまい!堪能してきてください!
 (似非長野県民のオッチャン)

投稿: オッチャン | 2008/06/23 12:40

オッチャン:

えぇ~~~???

長野県って、埼玉県とも県境を接してるんですか?

と思って、Mapion で調べたら、本当だ! 甲武信岳と三国山の間のほんの数キロが接してる!

え? 待てよ、十文字峠だって?

だったら、30年以上も前に行きました。
一人でテント背負って。奥秩父から甲武信岳を越えて縦走したことあります!

行ったくせに、そこが埼玉県と長野県の境とは意識してませんでした。お粗末様。

投稿: tak | 2008/06/23 17:34

く…、悔しい…。

お手軽に(車で乗りつけ)望んで未達成と、艱難辛苦を伴っての達成とでは、比べるだけ不毛です。

次回は、気合いで県境目指します!


(ぶじに達成致しましたら、アタクシのHPの物見遊山にアップする予定なり…いつになることやら)

投稿: オッチャン | 2008/06/24 01:06

オッチャン:

>(ぶじに達成致しましたら、アタクシのHPの物見遊山にアップする予定なり…いつになることやら)

期待してます。

でも、記憶では、車で行くには大変な道だったように思いますよ。

投稿: tak | 2008/06/24 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/41612768

この記事へのトラックバック一覧です: 信州旅日記 1:

« 鳩山法相のエキセントリックな怒り | トップページ | 信州旅日記 2 »