« 政治家の言葉センス | トップページ | 抗菌防臭柔道着というもの »

2008/08/12

中国人、韓国人の名前の読み方

「心の琴線」 というサイトの管理人さんが、「なんで中国人選手を音読みするんだろう……。普通に中国語で読めばいいのに」 と疑問を呈しておいでだ (参照)。

「それとも場内放送で日本人選手を中国語読みで紹介されることへの対抗か?」 とも書いていらっしゃる。ふむふむ。

これ、単純に考えればごく単純な話だが、複雑化させてしまうと、どこまでも複雑になってしまうという、やっかいなテーマである。

まず、単純に考えると、「相互主義」 という考え方がある。普通には、「お互いに、自国語流で読んじゃいましょう」 ということだ。しかし、文字そのものの文化が異なってしまうと、「自国流の読み方」 もへったくれもないから、「お互いに本来の発音に沿って表記しましょう」 ということしかなくなる。これも 「相互主義」 である。

「貴国の人の名前は、貴国語流に読ませていただきますが、我が国の人の名前は、貴国の読み方で構いません」 という土下座主義とか 「我が国の人の名前は、オリジナルの発音で読め。ただし、そっちの国の人の名前は、我が国流の読み方で読むけど」 という高ピー主義みたいなことは、普通はないようなのだ。

例えば "agnès b" というフランスのデザイナー・ブランドを、アメリカ人が英語式に 「アグネス・ビー」 と発音しても、パリの 「アニエス・べー」 本社から抗議されるなんてことはない。

そして 往年のハリウッド女優 "Katharine Hepburn" (日本では 「キャサリン・ヘップバーン」 という怪しい読みになっているが) を、フランス人が 「カトリーヌ・エブルン」 みたいに発音しても問題ない。こうした行き方が、いわゆる普通の 「相互主義」 である。

アルファベット表記が基本の欧米では、これが当然である。あまりにも当然すぎるから、ことさらに 「相互主義」 なんていうほどのものでもない。それぞれが自己流の 「訛り」 で発音しているぐらいの認識なのだろう。

なにしろ、イエス・キリストだって、国によって 「ジーザス」 だったり 「イエズス」 だったり 「ヘス」 だったり 「ジェズュ」 だったりするのだから、「ヨハネ」 が 「ジョン」 、「ペテロ」 が 「ピーター」 になるぐらいで気にしていたら、聖書も読めない。

東アジアでは、日本と中国は、「お互いに自国流の読み方で読んじゃいましょう」 という欧米文化圏内のような相互主義が慣習化しているので、あまり問題はない。これ、同じ漢字文化圏内なのだから当然である。

中国側にしてみれば、同じ漢字でも北京語と広東語では読み方が違うのだから、日本語式の読み方だって、その延長みたいに思っているのかもしれない。欧米で同じ人が 「シーザー」 だったり 「カエザル」 だったりしても、気にしないようなものである。

ところが、対韓国・北朝鮮だとそうはいかない。まるで異文化間の相互主義みたいなことになっている。これは韓国や北朝鮮側からの 「日本式の読み方でなく、ちゃんとしたオリジナルの読み方しろ」 という圧力がきつかったという経緯によると思う。

とくに朝鮮半島の人が 「自分の名前を日本式に読まれたのは侮辱だ」 みたいなことで、日本のマスコミを訴えたりすることがあったものだから、日本側がことさらにナーバスになったということもある。

私個人としては、「イエス・キリスト」 を英米人が 「ジーザス・クライスト」 と言っても神を冒涜したことにならないのと同様に、韓国・北朝鮮の人の名前を日本語式で読んだとしても別に 「侮辱」 したことにはならないと思っている。相手の国でどう読むかなんて、個別に教えてもらわなければわからないんだし。

ところが向こうに言わせると、「我々は日本人の名前をちゃんと日本式に発音してやってんだから、日本人もそうしろ」 ということのようなのだ。

これ、向こうが近頃、漢字教育を止めちゃったせいで、漢字が読めなくなっているという事情が大きいのだと思う。日本人の名前を漢字で示されても、伝統的な朝鮮式の読み方すらできなくなっているのだから、本来の発音に沿ってハングル表記するしかない。つまり、漢字文化圏内の相互主義が成立しなくなったのだ。

私としては、漢字文化圏とアルファベット文化圏のそれぞれの内部では、「お互いに自分流の読み方しちゃいましょう」 ということでいいんじゃないかと思っている。だが、対韓国・北朝鮮は例外だ。漢字文化圏内であるようで、実はそうでもないという変則的な事情がそうさせている。

それにしても納得がいかないのは、韓国人は 「李」 という名前を、どうして日本には 「イ」 と読むように強要するのに、英語表記は "Lee" でよしとしているのかということである。

韓国大統領 「李明博」 は、日本人には 「イ・ミョンバク」 と読ませたいらしいが、英語表記は "Lee Myung-bak" である。ならば、どうして日本人が 「リ」 と読むと怒られちゃうのか、不思議である。野球の 「イ・スンヨプ」 選手も、ユニフォームの背中にはしっかり "Lee" と書いてあるし。

先代の大統領 「盧武鉉」 も、日本人には 「ノ・ムヒョン」 と読ませておいて、英語表記は "Roh Moo-hyun" である。欧米人が 「ロー」 と読む分にはいいが、日本人が日本式に 「ロ」 と読むのはいけないようなのだ。

何だか、妙なところで意地悪されてるような気がするのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 政治家の言葉センス | トップページ | 抗菌防臭柔道着というもの »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

個人的には今回のオリンピックで中国語の単語表記について気になってます。
例えば「国家体育場」というと何となく全体主義的な語感を感じるのですが、英語だと「ナショナル・スタジアム」で、これを和訳すると「国立競技場」となりニュートラルなイメージになります。

あと、中国語は日本人が下手にカタカナをあてはめて、抑揚などの間違いから不穏当な発音をしてしまうよりは日本式に呼ぶ方が安全ではないかと思います。

投稿: clark | 2008/08/12 01:15


一部の評論家が金正日主席殿を「きん しょうじつ」とわざと(多分)呼んでいます

あれは侮蔑の気持ちを込めているんだろうと思います
しかし、かなり前は、みんなそう呼んでいましたよね
やはり圧力があったのかな?

彼の父親をキム・イルソンと呼べる人は少ないですよね
やはり「きんにっせい」
ほとんどそうでしょう?

投稿: alex | 2008/08/12 02:18


外国の地名・人名は実に大変ですね
いろんな意見があって、いろんな呼び方がある

私も今、心ならずも【ベトナム】と表記しています
でも下手にベトナムにいたことがあるので、ベトナム語をならったことがあるので、どうしても【ベトナム】とは発音できません
【ヴィエトナム】です

「戦場の村」を書いた本多勝一が【ヴィエトナム】と表記するのは「衒学的でエライヒトぶっている」などというつまらない、階級史観みたいなことを書いて居ます
【ベトナム】としろというのです

多分彼は耳が悪かったはずです
『V』と『B』って、間違えようったって間違うことはできませんから

投稿: alex | 2008/08/12 02:27

clark さん:

>例えば「国家体育場」というと何となく全体主義的な語感を感じるのですが、英語だと「ナショナル・スタジアム」で、これを和訳すると「国立競技場」となりニュートラルなイメージになります。

なるほど、英語の "national" という単語では、「国家なんちゃら」 「国立ほげほげ」 というニュアンスの表現は無理ですね。

英語では "royal" (王立) という言葉がありますが、これにしても、絶対君主制から立憲君主制に移行して長い英国では、全体主義的なイメージはありません。

言葉というのは、なかなか難しいものですね。

>あと、中国語は日本人が下手にカタカナをあてはめて、抑揚などの間違いから不穏当な発音をしてしまうよりは日本式に呼ぶ方が安全ではないかと思います。

フツーの日本人は、中国語のアクセントを正しく読むなんて無理ですからね。

投稿: tak | 2008/08/12 09:15

alex さん:


>一部の評論家が金正日主席殿を「きん しょうじつ」とわざと(多分)呼んでいます

>あれは侮蔑の気持ちを込めているんだろうと思います

多分、そうでしょう。
「ハングル読みするなんて迎合はしてあげないよ」 という意思表示でしょうね。

>しかし、かなり前は、みんなそう呼んでいましたよね

普通はそうですよ。
いわゆるフツーの 「相互主義」 ってそういうことだと思います。
向こうも日本人の名前をハングル読みすればいいんですよ。

ところが、向こうが勝手に漢字を読めなくなっちゃったから、漢字文化圏の相互主義が成立しなくなったということでしょう。

日本もカタカナ表記にしちゃえばいいんでしょうけどね。

>やはり圧力があったのかな?

なかったわけがありません。

>「戦場の村」を書いた本多勝一が【ヴィエトナム】と表記するのは「衒学的でエライヒトぶっている」などというつまらない、階級史観みたいなことを書いて居ます
>【ベトナム】としろというのです

「ヴィエトナム」 が韓国みたいな国だったら、「正しい発音通り、『ヴィエトナム」 と表記しろ」 と言ってきてたかもしれませんね。

そうしたら、本多勝一さんは 「まさに 『ベトナム』 の表記は帝国主義的で傲慢」 なんて言ってたかもしれません (^o^)

投稿: tak | 2008/08/12 09:26


話がそれますが、韓国が漢字を排斥しましたが、あれは実に文化的損失で、誤った選択だったと思います
(余計なお世話と言われそうですが)(笑)

ヴィエトナムももとはと言えば1000年の中国の支配を通じて漢字文化圏でした
現在はアルファベット表記をしていますが、漢語語源の語彙が実に多い
それは日本も韓国も同じですね
しかし、漢語を漢字で認識できるのとそうでないのでは大きな違いがあると思うのです
象形文字にすると実に視認性や理解がよくなる

それにハングルって、美しくない (ここはこっそりと小さな字にしたいところです)(笑)
平安時代のひらかななんて実に実に美しいですね


投稿: alex | 2008/08/12 19:57

はじめまして。ふと思っただけのことだったのですが、ご教授ありがとうございました。

投稿: 葛原あゆの | 2008/08/12 20:33

alex さん:

>韓国が漢字を排斥しましたが、あれは実に文化的損失で、誤った選択だったと思います

私もそう思います。

日本語を平仮名と片仮名だけで表記したら、日本人の文化的能力と感性は、台無しになるでしょう。
韓国は、それをやっちゃったんだと思ってます。

同じ表音文字でも、欧州の言語は分かち書きですから、単語のスペルが表意文字に準じた機能を果たしていると思います。

少なからぬ単語は、漢字のへんとつくりみたいな構造になってますよね。

ところが、ハングルは、だらだらつながってるだけなので、いわば、分かち書きなしのローマ字みたいな気がします。
本当に読みにくそう。

(まあ、余計なお世話でしょうけど)

投稿: tak | 2008/08/13 00:30

葛原あゆの さん:

>はじめまして。ふと思っただけのことだったのですが、ご教授ありがとうございました。

ようこそ。
「ご教授」 のレベルに達してないので、心苦しいです。

投稿: tak | 2008/08/13 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/42138818

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人、韓国人の名前の読み方:

« 政治家の言葉センス | トップページ | 抗菌防臭柔道着というもの »