« オフィシャル・パンフレットの英訳 | トップページ | 死刑制度では旗幟鮮明じゃない私 »

2008/08/02

赤塚漫画よ、永遠なれ

水戸で一日仕事をして、夜遅く家路につき、日付が変わる前に当ブログの更新をしてしまおうと、国道沿いのスタバに寄った。

和歌ログ の更新を終えてちょっとニュースをのぞくと、赤塚不二夫さんが死去したという見出しが目に入った。ああ、ついに逝ってしまったのか。ふと力が抜けた。

私が最初に触れた漫画は、毎日新聞に連載されていた「フクちゃん」 だった。その後、ロボット三等兵の前谷惟光や、山根赤鬼青鬼を経て、ついに、小学校高学年の頃に、「少年サンデー」 に連載されていた 「おそ松くん」 にたどり着いた。

私にとっての漫画は、ここまでである。ここから先には、「ちびまるこちゃん」 ぐらいしかないのである。

「おそ松くん」 は素晴らしかった。当時、イヤミの 「シェー」 が正しくできない子は、恥ずかしい存在だった。単なるギャグ漫画だけでなく、「ひみつのアッコちゃん」 もそれなりによかったし、さらに、「天才バカボン」 「もーれつア太郎」 に連なるキャラは、ひとつの世界を作り上げていた。

ひとつの世界であるだけに、すべての作品のキャラが集まって登場しても、ちっとも違和感などない。れれれのオジサンや目玉のおまわりさんは、どの漫画のキャラでもいいのである。それだけでなく、当時の少年たちの共有財産だった。

私が今でも 「黒っぽい漫画」、すなわち、アミやベタを多用した画風の漫画になじめないのは、ひたすら、赤塚漫画になじみすぎたためである。そう、赤塚漫画は、絵に白いところが多いのだ。とてもあっさりしているのである。

そう、赤塚漫画で育った少年たちは、くどいのはイヤなのである。赤塚さん、本当に、くどいところなく、あっさりと逝ってくれたものだ。合掌。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« オフィシャル・パンフレットの英訳 | トップページ | 死刑制度では旗幟鮮明じゃない私 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント


ローソクでも灯して・・・

投稿: alex | 2008/08/03 00:50

alex さん:

>ローソクでも灯して・・・

イグアナのタモリに…

投稿: tak | 2008/08/03 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/42043739

この記事へのトラックバック一覧です: 赤塚漫画よ、永遠なれ:

« オフィシャル・パンフレットの英訳 | トップページ | 死刑制度では旗幟鮮明じゃない私 »