« 女心/男心と秋の天気/天気予報 | トップページ | 農水省のやり口は、一大スキャンダルだ »

2008/09/12

芋焼酎はあんまり好きじゃないけど

まったくもう、毒入り餃子の中国に文句言えないじゃないか。三笠フーズの事故米転売騒動を見ていると、本当にそう思ってしまう。

お米の業界というのは、かなりいい加減なんだろうなあとは、昔から薄々感じてはいた。「混米」 とかいって、新米に古々米を混ぜて売るなんて、日常茶飯事だと言うし。

そもそも、「魚沼産コシヒカリ」 と称する米が、あちらにもあるこちらにもあるという状況がおかしいのである。多分、袋の中に魚沼産が少しでも入っていれば、そう表示しちゃうんだろう。米と鰻の産地表示は、悪いけど私は元々信用していない。

魚市場とか野菜市場とか、単純な流通経路しか通っていない場合は、まだ偽装しにくい (「決してできない」 というわけじゃない) だろうが、なんとか商事とか、かんとかフーズとか、途中にいろいろな商社や問屋が入ったりすると、わけがわからなくなる。はっきり言って、偽装し放題だろう。

そういう意味で、米と輸入食材に関しては、すべてしっかりとまともな表示がされているとは、到底思えないのである。スーパーの店頭に並んでいるウナギの蒲焼きが、「国産ウナギ使用」 ばっかりというのも、うさんくさすぎるし。

それにしても、芋焼酎に米を使うなんていうことは、このニュースのおかげで初めて知った。主原料はイモでも、麹は米麹を使うのが主流なんだそうだ。すべてをイモだけで作る技術というのは、最近になって開発されたため、極めて少ないらしい。

ということは、ぶっちゃけた話、麹に使っただけなら健康被害はそれほど大きくはないだろうが、だからといって、明るみに出てしまった以上はそのまま流通させておくわけにもいかないので、メーカーの被害は甚大だろう。気の毒な話である。

それよりも気の毒なのは、これまでばれないで食品業界に流通していた事故米でできた製品を、知らずに飲んだり食ったりさせられていた消費者である。まったくもう、我々は何を食わされてるか、わかったもんじゃないようなのである。

私は芋焼酎はあの独特の臭いがあんまり好きじゃないので、ほとんど飲んだことがない。ああ、芋焼酎ファンでなくてよかった。しかし、芋焼酎以外でもいろいろな食品に、事故米が混入していないという保証はない。知らないうちに口に入っちゃってるかもしれない。くわばらくわばら。

ここまで流通と消費者の信頼関係が崩れてしまうというのは、不幸なことである。

【追記】

農水省と消費者との信頼関係もおかしくなってきた (というか、前からおかしいけど)。

当初の報道では、"農水省は「事故米」を、工業用糊や、木材の合板や集成材の接着剤の原料使用に限り販売を許可している" とされていたが、私はそれを聞いて、「今どき、米で工業用糊作ってるとこなんか、ないだろうよ」 と言っていたのである。

そんなこと、フツーに考えれば、「そんな需要なんてあるわけないじゃん」 というのは、容易に推定される。

そして、J-Cast ニュースの調べで、やっぱり日本では米を原料にして工業用糊を製造している会社なんてないということがわかった (参照)。ということは、農水省は、素人が考えてもバレバレの 「ありもしない需要」 を隠れ蓑にして、流通を黙認していたことになる。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 女心/男心と秋の天気/天気予報 | トップページ | 農水省のやり口は、一大スキャンダルだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「麹に使っただけなら」- さあ、どうでしょうかね。発癌性なんて健康被害の証拠が挙げ難いです。黴や除菌材が火にかけてフィルターを通して蒸留して無害になるならそれはそれで良いのでしょうが。米を使っている顕著なものに日本の独自のビール醸造があります。次に話題になるのはこれでしょうか?これは蒸留していないですし、回収量からすれば壊滅的ですね。マスメディアを含めた産業界は情報操作に動くのでしょうか?

そもそも白米を伝統的主食とするのは相撲を国技とするのと同じ虚偽ですが、ガットの規制を逃れるために無駄米を入れ、米作で農業振興を放棄した農政のあり方は遥かに偽装以上にスキャンダルな姿ですね。

投稿: pfaelzerwein | 2008/09/12 20:35

pfaelzerwein さん:

>「麹に使っただけなら」- さあ、どうでしょうかね。発癌性なんて健康被害の証拠が挙げ難いです。

三笠フーズに限らず、この不正はかなり前からやっていたことのようで、となると、食中毒のような劇的な健康被害はないようだと言ってもいいと思います。

ただし、発癌性などのレベルの健康被害ということになると、おっしゃるとおり、本当に証拠が挙げづらいでしょうね。

>米を使っている顕著なものに日本の独自のビール醸造があります。次に話題になるのはこれでしょうか?

そういえば、日本のビールは米を使いますね。どうなってんだろう?

>ガットの規制を逃れるために無駄米を入れ、

まさにこのことが問題ですね。
政策的に無駄米を入れて、それを、架空の需要を口実にしてうやむやに流通させていたというのは、大スキャンダルです。

投稿: tak | 2008/09/12 20:43

>>まったくもう、我々は何を食わされてるか、わかったもんじゃないようなのである。

私は釣りが好きで、暇が出来ると防波堤にチョイ投げ釣りに出かけるんですが、仕事からリタイアしたジィ様とよく出くわします。ジィ様、歳のせいかションベンが近いようで防波堤から何度も立ちション。そんな時に自分の竿にあたりが来て結構な型のアイナメなど釣り上げると自分は、それを食わず家族に食わせる。何を食わせているか知らぬが仏。それにしても、ジィ様、ションベン近いわりに立ちションのポーズをきめてナニを取り出した後から放尿するまでかなりの時間を要している。頻尿なのに出るまで時間が掛かる。そうはなりたくないなと思ってるが、最近、自分の方もキレが悪くなってきたようです。

思い起こせば、ニフティーサーブでパソコン通信していた時代、タイ米のおいしい食べ方なんていうフォーラムがあったような気がする。冷夏で米の作況指数が悪かったときにタイやアメリカから米を輸入していたのが嘘のような米余剰状態。

そういえば、米糊なんて使わなくなりましたね。米糊どころか、うどん粉を溶かして加熱した障子張り糊も今や科学糊に変わってしまって年末の障子張りのときに母親が糊を作ってるときにペロッと舐めた年末の味も望郷の彼方です。

壁紙(デスクトップじゃないですよ)にはルーアマイルドと御指定お願いします。(代理店から袖の下頂いてる都合、ここでイチオシしちゃいます)

投稿: やっ | 2008/09/14 12:14

やっ さん:

>そんな時に自分の竿にあたりが来て結構な型のアイナメなど釣り上げると自分は、それを食わず家族に食わせる。何を食わせているか知らぬが仏。

このコメントが、家族にばれないように祈ります ^^;)

>それにしても、ジィ様、ションベン近いわりに立ちションのポーズをきめてナニを取り出した後から放尿するまでかなりの時間を要している。

子どもの頃は、中年過ぎのオッサンは、どうしてションベンするのに、あんなに手間がかかるのかと不思議でした。

最近、不思議さが軽減しました ^^;)

>壁紙(デスクトップじゃないですよ)にはルーアマイルドと御指定お願いします。(代理店から袖の下頂いてる都合、ここでイチオシしちゃいます)

VOC フリーなんですね。そりゃいいや、使おう! と思いましたが、考えてみれば、壁紙は滅多に貼り替えませんね。
いくら貼り替えても、下の方は猫の爪研ぎで、すぐにぼろぼろです。

投稿: tak | 2008/09/14 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/42451781

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎はあんまり好きじゃないけど:

« 女心/男心と秋の天気/天気予報 | トップページ | 農水省のやり口は、一大スキャンダルだ »