« 芋焼酎はあんまり好きじゃないけど | トップページ | 「あなたとは違うんです」 という発想の仕方 »

2008/09/13

農水省のやり口は、一大スキャンダルだ

例の 「事故米」 の件で、昨日付のエントリーの 「追記」 として夕方頃に書いたことなのだけれど、早いうちにアクセスされた方は読んでないと思うので、改めて今日付で書く。

農水省の 「工業用糊や、木材の合板や集成材の接着剤の原料使用に限り販売を許可」 という言い訳がでたらめなのである。

私はニュースで農水省のこの言いぐさを聞いた時から、「馬鹿言うんじゃないよ。今どき、コメから工業用糊を作ってるとこなんて、ないだろうよ」 と言っていた。糊に関してはまったくの素人の私でも、農水省の言いぐさが浮世離れしているのは、フツーの常識でわかる。

そして、昨日付の J-Cast ニュースの記事で、私の直感が正しかったことが裏付けられた。日本では米を原料にして工業用糊を製造している会社なんて、少なくとも大手としてはなかったのである  (参照)。

つまり、ありもしない、あるいは控えめに言っても、無視できるほどでしかない 「工業用糊需要」 なんてものを前提に、農水省は、その奇怪千万な流通を黙認していたのである。実は工業用途以外のところで、つまり、とりもなおさず食品業界で流通するしかないだろうというのは、ちょっと考えればわかったはずではないか。

素人の私にさえ、すぐにバレバレだった程度のことを、中央官庁の役人が知らなかったとは言わせない。もし本当に知らなかったのだとしたら、国の行政を任せるには無能すぎたということである。

さらに問題なのは、ガットの関税化で米輸入を押しつけられたために、(多分) 農家の不満を逸らすための抜け道として、使い道のない 「事故米」 を輸入し、「まぼろしの需要」 を隠れ蓑に、市場に流通させていたのは、他ならぬ農水省自身だったということである。

農水省としては需要のない 「事故米」 を輸入したものの、そんなもの、いつまでも倉庫に眠らせておくわけにもいかず、テキトーな理由を付けて、早いところ民間に払い下げてしまいたかっただけなのだろう。それが、インチキ米商社の利害と一致した。これって、どうみても一大スキャンダルである。

おかしいのは、この 「幻の需要」 問題をまともにニュースとして取り扱っているのが、J-Cast ニュースのサイトしかないということだ。他の大手メディアは、大田農水相のいつもながらのノー天気発言を大々的に取り扱っているが、肝心の問題には口をつぐんでいる。

この際、本当に問題にすべきなのは、大臣のどうでもいい発言なんかではなく、農水省が 「売ってから先のことは、知らん」 とばかりに、工業用以外にしか流れようのないことを (多分、いや、確実に) 知りながら、危険な事故米を市場に垂れ流ししたことである。

大手メディアが口をつぐんでしまうような、結構ヤバイ問題であろうと、これは草の根レベルで、一大スキャンダルとして取り上げるべきだろうと思う。農水省のどっかの課長が首を吊って済まそうなんて、さらに馬鹿な考えをおこさないよう願いつつ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 芋焼酎はあんまり好きじゃないけど | トップページ | 「あなたとは違うんです」 という発想の仕方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「農家の不満を逸らすための抜け道として」- 米問題に詳しい訳ではありませんが、関心を持ち続けています。敢えて事故米を食用米の価格でODA援助利権の商社から税金で買い入れる重層的な利権構造が想像されますね。

勿論、質量共に競争力のある米国やスペインのジャポニカ米や最高級バスマッティやタイ米を日本に輸入すれば日本の米市場は崩壊するからです。

そもそもガットの自由貿易協定において、米を頑なに護らないといけない根拠は俗に言われるような食糧自給率や伝統的食文化と呼ばれるような高度な議論に発するものでなくて、ある種イデオロギーにしか映らない、その実は農政の誤りの偽装工作であると私は考えます。

本当に水稲に競争力があるならば恐れる事はないのです。ただ、既に寿司米の世界の需要においても陸稲で十分だと結果は出ているんですね。日本においてさえ十分な市場がない訳で。

投稿: pfaelzerwein | 2008/09/13 01:41


その通りですよ
農水省がハシゴを外したのです

投稿: alex | 2008/09/13 12:37

pfaelzerwein さん:

>敢えて事故米を食用米の価格でODA援助利権の商社から税金で買い入れる重層的な利権構造が想像されますね。

このあたりは、まさに重層的な利権構造でしょうね。

>本当に水稲に競争力があるならば恐れる事はないのです。

日本の米の 「うまさ」 というのも、実はかなり幻想によるものだと、私は思っています。

「ウチの主人はコシヒカリしか食べないの」 なんていう奥さんがいますが、そのご主人に目隠しテストをしたら、どうなるかわかりません ^^;)

何しろ、古々米を混ぜられてもわからない程度の舌ですからね。

投稿: tak | 2008/09/14 08:14

alex さん:

>その通りですよ
>農水省がハシゴを外したのです

農協は、その外されたハシゴでいい思いをしています。

投稿: tak | 2008/09/14 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/42456380

この記事へのトラックバック一覧です: 農水省のやり口は、一大スキャンダルだ:

« 芋焼酎はあんまり好きじゃないけど | トップページ | 「あなたとは違うんです」 という発想の仕方 »