« ツクツクホウシがまだ鳴かない | トップページ | 挫折したのは福田さんじゃなく、自民党 »

2008/09/02

誰にもおいしいところをあげない福田さん

「何にもせんだろうけど、そこがかえって安心」 と思われていた (典型的にはこちら) 福田さんが、「野党が非協力的で、何にもさせてくれんから、ボク辞める」 と言い出した。

過熱し混迷した政局に冷却期間をおく役割の人が、冷やしすぎた上に、さらに氷水をぶっかけてトンズラするのである。すごいなあ。

霞ヶ関の官僚たちの反応を見ても、一様にびっくりしている様子だから、今回の辞任会見は、正真正銘、突然の話だったんだろう。マスコミも、この急な会見を予想して準備していたという形跡がない。福田さん、歴代首相の中でもっともサプライジングな辞め方をした人ということになるかもしれない。

というわけで、麻生さんとしては、「藪から棒にそんなことを言われてもなあ」 というところなんだろう。後継首相になったとしても、どうせすぐに衆議院を解散するということになるだろうから、おいしくもなんともない。下手したら、そのまま選挙で負けて、民主党に政権を奪われてしまうかもしれないし。

そう考えると、福田さん、その辞め方は意地悪すぎるだろうよと言いたくもなる。誰にもおいしいところをあげないという、かなり不毛な辞め方である。自民党内部だけでなく、民主党にとっても、国民にとってもおいしくない。煮ても焼いても食えない人である。

「総理の会見が国民には人ごとのように感じるとよくいわれる」 という記者のツッコミに対して、「私自身は自分自身を客観的に見ることができるんです。あなたと違うんです」 なんて答えた福田さんは、本当は子供っぽい人なのかもしれない。

「あなたは自分自身を客観的に見ることができない」 と言われたに等しい記者  (中国新聞の記者らしい) は、ちょっとむっときただろうなあ。その前の 「私の先を見通す目の中には ……」 なんていう言い方も、ちょっと神懸かりっぽくてすごいけど。

以前、官房長官時代に記者会見で、円周率を 3としか教えない 「ゆとり教育」 の弊害について語った際に、「私は、もっと言えますよ、3.14159265358979 ……」 なんて自慢げに (嫌みに) 言ってたのを見ても、そう感じた。(私なんて、『寿限無』 を最後まで言えるぞ!)

自分の都合だけでいろんな自慢や言い訳が用意できるというのを、「自分自身を客観的に見る」 とは言わないものである。本当に自分自身を客観的に見ることができたら、もっと別の言い方がある。

これ以上はまだ見えないので、きょうのところはこれにて。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« ツクツクホウシがまだ鳴かない | トップページ | 挫折したのは福田さんじゃなく、自民党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

風邪で寝込んで、床で暇をもてあましていたので、ニュースが入るや、テレビにかじりつきで、
深夜までみていました。
(さすがに、12時を過ぎてみようとしていたら妻に怒られましたが。)

見てて思ったのは、福田さんは育ちのよい秀才のお坊ちゃんのような感じがします。
本人におそらく悪意はないんでしょうけど、何となく言葉に刺があるというか、自慢たらしく
聞こえたり、変に潔癖主義なところがあるというか。
ご本人は一般企業でもまれているはずなので、もう少し柔らかさって言うのが身についても
いいと思うんですがね。
まあ、一選挙民としては、今後どのような動きになるのか、刮目しなければなりませんね。
次の選挙のために。

投稿: 雪山男 | 2008/09/02 09:00

横道~。

 昨日のテレビ朝日『たけしのTVタックル』は、番組の途中から急遽、報道ステーション付記者会見に突入でした。
 福田さんほどの人格者(←取り方はそれぞれにおまかせ)が、『タックル』の内容にいちいち神経を尖らせることもなかったかと思いますが…。

 表明の日時設定は、福田さんなりの『タックル』に対する報復でしょうか…。


 USAも中国も、一様に驚きを隠せない出来事とのこと、当の日本国民の反応がイマイチなのは、政治に対する不信感ではなく無関心の表れだと、(今更ながら)懸念せざるを得ません。

投稿: オッチャン | 2008/09/02 12:26

雪山男 さん:

>見てて思ったのは、福田さんは育ちのよい秀才のお坊ちゃんのような感じがします。

「お前、学級委員か!?」 とつっこみたくなる感じ ^^;)

>本人におそらく悪意はないんでしょうけど、何となく言葉に刺があるというか、自慢たらしく聞こえたり、変に潔癖主義なところがあるというか。

福田康夫、伊吹文明、町村信孝 の三氏は、「政界のイヤミ三人衆」 と言われてるそうです ^^;)

>ご本人は一般企業でもまれているはずなので、もう少し柔らかさって言うのが身についても
いいと思うんですがね。

いやいや、10数年サラリーマンやったとはいっても、そこはそれ、福田赳夫先生のご子息ですから、もまれてるかどうかは、わかりませんよ。

投稿: tak | 2008/09/02 13:17

オッチャン:

>表明の日時設定は、福田さんなりの『タックル』に対する報復でしょうか…。

TV タックルで、福田さんについてなんかむっとくるようなこと、言ったんですか?
(あまりテレビ見ないんで、済みません)

> USAも中国も、一様に驚きを隠せない出来事とのこと、当の日本国民の反応がイマイチなのは、政治に対する不信感ではなく無関心の表れだと、(今更ながら)懸念せざるを得ません。

「政治的空白」 なんて言ったって、実質は、いっつも空白みたいなもんだしぃ …… ^^;)

投稿: tak | 2008/09/02 13:22

私も、「あなたとは違うんです」で抱腹絶倒しました。
彼らしい最後の一言です。
中国新聞の記者はムッとするよりも、してやったりと思ったのではないでしょうか。私もかつて某外国通信社の記者として官房長官だった彼の言葉で不愉快な思いをしましたが、彼の本質をああいう場で全国中継で国民の目にさらすことができたのは、記者としては本望でしょう。
会見の冒頭から「苦労させられました」という話ばかりだったのも彼らしい。わはは

投稿: きっしー | 2008/09/02 14:02

きっしー さん:

>中国新聞の記者はムッとするよりも、してやったりと思ったのではないでしょうか。私もかつて某外国通信社の記者として官房長官だった彼の言葉で不愉快な思いをしましたが、彼の本質をああいう場で全国中継で国民の目にさらすことができたのは、記者としては本望でしょう。

なるほど、その意味ではヒットでしたね。
(それも、長打の)
座布団三枚! というところかも (^o^)

投稿: tak | 2008/09/02 14:21

 矢野絢也氏の国会招致うんぬんがうやむやになるのかなと。

 取りあえず、場つなぎ的な新総理。で、もしまだいろいろゴタゴタするならいっそ解散総選挙という筋書きかと想像したり。

投稿: きんめ | 2008/09/02 15:10

きんめ さん:

>矢野絢也氏の国会招致うんぬんがうやむやになるのかなと。

それどころじゃなくなってしまったかもしれませんね。
立ち消えじゃなくて、延期ぐらいになればまだいいんですけどね。
忘れ去られないように気を付けましょう。

>取りあえず、場つなぎ的な新総理。で、もしまだいろいろゴタゴタするならいっそ解散総選挙という筋書きかと想像したり。

解散しなけりゃ、もう収まらんと思いますがね。
とぼけ通すことができたら、麻生さん (ということで)、すごいですけど。


投稿: tak | 2008/09/02 22:14

全く関係ありませんが、自分の書き込みを読み直して、「床(とこ)で暇をもてあまし・・・」
と書き込んでいたのですが、「床(ゆか)で暇をもてあまし・・・」でしたら、なんか病人なの
に、虐げられているようで、思わず吹いてしまいました。(笑)

日本語って難しいですね。

投稿: 雪山男 | 2008/09/04 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/42351518

この記事へのトラックバック一覧です: 誰にもおいしいところをあげない福田さん:

« ツクツクホウシがまだ鳴かない | トップページ | 挫折したのは福田さんじゃなく、自民党 »