« ダウン・コートを買うときの注意 | トップページ | 「野沢菜昆布しょうが入り」 というのが旨い »

2008/10/26

結局はキャラ勝負だし

本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 の 50万ヒットは、昨日めでたく達成された。キリ番をゲットしてくれたのは、あの、中森明菜を語らせたら日本一の、まこりんさんである。

まこりんさんのサイトに一度行ってみるといい。余人の追従を許さぬ絶対的分野をもつって、すごいことだと思わされるから。

とはいえ、あまり褒めすぎると、向こうもむず痒くなっちゃうといけないからこのくらいにして、私のサイトのお話である。私の場合は、まこりんさんとは対照的に、「広く浅く」 のごった煮主義である。

ウェブサイト勃興期に、「サイトは性格を絞り込んで製作しなければ成功しない」 なんていわれたが、私は初めからそれに反旗を翻して、「ごった煮」 主義でサイト構築をしてきた。その心意気は、5年以上前に、本宅サイト内の このページ に書いているので、よかったら読んでみていただきたい。

で、私のサイトは 「何でもあり」 ということなのだが、それでも、気付いている人は気付いているかもしれない。「tak-shonai は、いろいろ幅広い話題を語っているように見えるけれど、最終的に言いたいことは、煎じ詰めてみると、いつも大体決まり切ってるんじゃないか」 と。

そんな視点でまこりんさんのサイトをみると、「歌謡曲」 中心の音楽と少女漫画にカテゴリーを絞り込んでいるにもかかわらず、それをダシにして結構幅広いことを語っていて、それでもやはり最終的にぐぐっと集約された 「まこりん的地平」 に連れて行かれたりするのも、結局は同じようなものなのかもしれない。

間口なんて広げようが狭めようが、結局はキャラクターの勝負ということであり、そのキャラクターも、長くやっているうちに、ふと気付いてみると少しずつ進化しちゃてるというのが、個人サイトと長く付き合うおもしろさだと思う。

首尾一貫してはいるけれど、何年経ってもまったく変わらなすぎというのも、やっぱりつまらない。ずっと変わらぬ完成度なんていうのは、桂文楽の 「明烏」 ぐらいになってから言われればいいことだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« ダウン・コートを買うときの注意 | トップページ | 「野沢菜昆布しょうが入り」 というのが旨い »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/42909078

この記事へのトラックバック一覧です: 結局はキャラ勝負だし:

« ダウン・コートを買うときの注意 | トップページ | 「野沢菜昆布しょうが入り」 というのが旨い »