« ハンコ・元号・縦書きについて | トップページ | 白鳥の世界も世知辛くなった »

2008/12/18

病気には呑気な私

先週末からの風邪がようやく快方に向かってきた。とはいえ、今日から田舎に帰るので、父にうつさないようにマスクをして出かけよう。

今回の風邪っ引きの経緯をみると、自分がいかに楽天的な性格かと、我ながら驚く。それはまあ、楽天的というより 「呑気」 に近いのかもしれないが。

まず、2日前の 15日の記事の書き出しからしてこんな具合である。

鼻づまりで頭がぼうっとするので、「今どき、何のアレルギーかいな?」 と思っていたのだが、どうやら風邪を引いてしまったようだ。

ここまではっきりした症状の風邪を引くのは久しぶりなので、かえって風邪とは思わなかった。風邪ってどんなものだか忘れていたというのは、幸せなことなのかもしれない。

呑気なことである。この日は、今から思えば寝込んでもいいぐらいの症状だったのだが、何のことなくいつものように都内まで出て仕事をしていた。決して悲壮な感じでもなく、ごくフツーである。そして、その日の夕方頃にはかなり激しく咳き込むようになった。

咳が出始めたら出始めたで、「ああ、排出作用が働いている。もうじき治るだろう」 なんて思いつつ、帰宅する。家について念のため熱を計ると、37度 5分である。私は こちら で書いているように、平熱が 36度あるかないかだから、けっこうな熱だ。

それでも、「ああ、この熱のおかげで治りが早い」 なんて喜びながら早めにベッドに入った。そして一夜明けた昨日、だいぶよくなったような気がした。ただ、当人はずいぶんよくなったような気がしているのだが、家族にはそれほど変わらない症状に映ったらしい。

そして今日である。当人としては 「もう全然大丈夫!」 と思っている。本当に大丈夫だかどうだかしらないが、当人がそう思えばそれでいいのである。先日記事にした 『ガンをつくる心 治す心』 という本によれば、こういう性格って、ガンになりにくいような気がする。

これから車で出発なので、今日はこれにて失礼。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« ハンコ・元号・縦書きについて | トップページ | 白鳥の世界も世知辛くなった »

心と体」カテゴリの記事

コメント

まずは、ご回復、おめでとうございます。

 かぜは『ひき始めが肝心』とか、『最中は身体をよく休めて』とか、『直りかけに油断するな』と、どこをとっても注意事項のかたまりです。

 結局は、『病は気から』ですから、かぜをひいている実感がうすらげば、直っちゃったということで。

 今後とも、ご留意を。

投稿: 乙痴庵 | 2008/12/18 12:23

道中お気を付けて。
(というか私は、東北へお帰りなさいといった方がしっくりくるかな?(笑)


転地療法ということで、郷里でゆっくりリフレッシュしてくださいね。

投稿: 雪山男 | 2008/12/18 14:00

乙痴庵 さん:

>結局は、『病は気から』ですから、かぜをひいている実感がうすらげば、直っちゃったということで。

ありがとうございます。
ただ、そのように思っているのですが、まだちょっと鼻づまりが残っているようで、山の上り下りで、耳の 「ツーン」 が取れにくくて往生しました ^^;)

投稿: tak | 2008/12/18 17:33

雪山男 さん:

>(というか私は、東北へお帰りなさいといった方がしっくりくるかな?(笑)

福島県内、暖かかったですねぇ!
日が当たると汗をかいちゃうので、外気を取り入れながら走りました。

>転地療法ということで、郷里でゆっくりリフレッシュしてくださいね。

ありがとうございます。
いかにも治りそうですね。

投稿: tak | 2008/12/18 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/43453041

この記事へのトラックバック一覧です: 病気には呑気な私:

« ハンコ・元号・縦書きについて | トップページ | 白鳥の世界も世知辛くなった »