« 英語の授業と東京タワー | トップページ | 今後のブログは 「小ネタ」 の勝負 »

2008/12/24

ビキニのおねえさんの広告

近頃目立つのが、「バイアグラ格安販売」 というスパムメール (英文が多い) と、スポーツ紙の精力剤の広告だ。

スポーツ新聞だけかと思っていたら、近頃は一般紙にまで、ビキニ姿のおねえさんが思わせぶりな視線を送る広告が載り始めた。世相だなあと思うばかりである。

この現象の背景には、昨今の不況と、団塊の世代のおじさんたちがそろそろ還暦を越えているということが挙げられるだろう。「いけいけどんどん」 でやってきたおじさんたちが、この時期になって、経済的にも身体的にも、かなりお疲れになっているようなのだ。

なにしろ、どこのマスコミ媒体も、広告の減少には頭を悩ませている。テレビ CM でも背に腹は替えられぬとばかり、これまでは自粛していたパチンコ店や高リスク金融商品 (FXなど) の CM が解禁されている。スポーツ紙や一般紙だって、広告を出してくれるというなら業種を選ぶなんて余裕はないのだろう。

電車に乗ると、あかひげ薬局の 「オットピン」 だかなんだかの広告に見入っているおじさんが結構いたりして、なんとなく悲哀を感じてしまうのである。「もうそろそろ、卒業したら?」 なんて言ったら、気分を害してしまうだろうか?

いずれにしても、テレビ、一般紙、スポーツ紙の広告の動向は、彼ら自身のメディアとしての品位を、ちょっとだけ下げるという方向に向いていると思う。貧すれば鈍するというのはこのことだろうかと思ってしまうのである。

今の時期、広告料金はかなり割引でオファーされるだろうから、期待できる新規ビジネスにとっては少し有利かもしれない。広告は今や、売り手市場じゃなくなったのだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 英語の授業と東京タワー | トップページ | 今後のブログは 「小ネタ」 の勝負 »

マーケティング・仕事」カテゴリの記事

コメント

『オットピン』、何回聞いても、秀逸なネーミングと考えます。


(余裕があったら、後ほどコメント追加予定…)

投稿: 乙痴庵 | 2008/12/24 19:24

乙痴庵 さん:

>『オットピン』、何回聞いても、秀逸なネーミングと考えます。

「キズアワワ」 「サカムケア」 「ケシミン」 「セキピタン」 「ガスピタン」 「ツージー」 などの小林製薬もビックリ!

投稿: tak | 2008/12/24 20:30


意外ですが、週刊新潮の広告って、ほとんどこういう類のものですね
読者層が、「下半身が不自由」になってきている年代だからでしょうか
バイアグラなんて、お医者さんに言えば出してくれます
逢えて高いニセモノを買うことは無いと思います

それにしても
眼が悪い人は魚などの目を
○○が不自由な人はオットセイの○○を食べるって、原始人の信仰みたいな気がしますが


投稿: alex99 | 2008/12/25 07:28

alex さん:

>意外ですが、週刊新潮の広告って、ほとんどこういう類のものですね

週刊新潮は、山本夏彦さんの連載が終わってから買ったことがないので、知りませんでした。
やれ、おいたわしや。

>眼が悪い人は魚などの目を
>○○が不自由な人はオットセイの○○を食べるって、原始人の信仰みたいな気がしますが

まさに、「原始人の信仰」 ですね ^^;)

投稿: tak | 2008/12/25 09:14

偽善的かもしれませんが、電車の中の広告は上品にお願いしたいなあ。色々なところでハレとケの領域侵犯がヘンな形で進んで、多くの人が鈍感になっている感じがします。

テレビの広告は、時間帯を選んでやってくれればいいやと思ってます。どうせ番組の中身もそんなもんだし、見なければいいので。広告主にとっても、そうした時間の方が望ましいターゲット層が視聴しているでしょう。放送局にとっては、広告がメインストリームの視聴者を遠ざけているようでは自殺行為だと思いますが、それは勝手にしてくれ、と。

投稿: きっしー | 2008/12/25 10:01

きっしー さん:

>色々なところでハレとケの領域侵犯がヘンな形で進んで、多くの人が鈍感になっている感じがします。

まさにそれを私も感じています。

>放送局にとっては、広告がメインストリームの視聴者を遠ざけているようでは自殺行為だと思いますが、それは勝手にしてくれ、と。

CM の入れ方の問題もありますよね。
バラエティ番組なんかは、いいところで CM が入って長々と待たされて、本編が始まると、ちょっと前からの繰り返し映像で始まる。

馬鹿馬鹿しくて見る気がしなくなります。

どうしても見たかったら、ビデオに録って CM と繰り返し部分を飛ばせば、1時間番組を、多分 40分ぐらいで見ることができそうです。

大晦日の格闘技なんかは、この方式で、CM と馬鹿馬鹿しい 「アオリ」 の部分を飛ばしてみると、半分以下の時間で見られるので、オススメです。

これってまさに、テレビの自殺行為になりますね。

投稿: tak | 2008/12/25 10:44

まだバイアグラのお世話はいらないので、実感がないんですが、そんなにほしいかなぁ?
バイアグラとかオットピンとか。
でもあの手の効能書きとか体験談って、つい読んじゃうんですよね。
痔でもないのに、某大黒堂の広告とか。(笑)

地方のTVのCMは、一日中パチンコじゃないのかな?
という感じです。
あの中で、商品のCM流してもちょっと買う気にならないなぁとつくづく思います。
こうして視聴者が減ってしまう、負のスパイラルが始まっているような。

投稿: 雪山男 | 2008/12/25 13:48

雪山男 さん:

>でもあの手の効能書きとか体験談って、つい読んじゃうんですよね。
>痔でもないのに、某大黒堂の広告とか。(笑)

わかります。私もそうです (^o^)

>地方のTVのCMは、一日中パチンコじゃないのかな?
>という感じです。

そういえば、多いですね。
田舎に帰ると、お酒とパチンコの CM がやたら多い。
みんな酒飲んでパチンコ三昧してるってわけでもないのに。

投稿: tak | 2008/12/25 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/43513585

この記事へのトラックバック一覧です: ビキニのおねえさんの広告:

« 英語の授業と東京タワー | トップページ | 今後のブログは 「小ネタ」 の勝負 »