« あったらいいなあ 「電源カフェ」 | トップページ | Google につながらない、 逆 Google 八分? »

2009/01/23

ホットスポットなんかより電源が欲しい

都会では 「ホットスポット」 (公衆無線 LAN) というサービスが増加しているが、私はそんなものを利用したことが一度もない。

昨日の記事を書いてふと思った。モバイル・ユーザーの本当のニーズは、今やホットスポットなんかではなく、電源だということに、マーケットはまだ気付いていないようなのだ。

昨日も書いたことだが、私自身、外出先でかなり頻繁に PC でインターネットを使うが、その際には自前の接続カードでアクセスポイントにダイヤルアップで接続する。もういつ頃からだか忘れるほど前から、ずっと PHS (128kbps) を使い続けてきたが、昨年の 2月に E-Mobile に乗り換えた。

E-Mobile は、サービス開始当初はエリアが三大都市周辺に限定されていて使い物にならなかったが、今やずいぶん拡大して、首都圏や出張で行く用事のあるようなところのほとんどは、サービスエリアになってしまった。十分に使い物になる。そんなわけで、見たところコアなユーザーの多くは、E-Mobile を使っている。

PHS で接続していた頃は、日本全国ほとんどのところでインターネット接続が可能とはいえ、このブロードバンド時代に 接続速度が 128kbps (実効 100kbps以下) では、いかにも遅すぎて、使っているとストレスの固まりになった。そこで当時の私は、ホットスポットの普及にかなり期待していたのである。

ところで、D-Cubic というものに聞き覚えがないだろうか。4年前にかのライブドアが鳴り物入りで開始した公衆無線 LAN サービスで、山手線内の 80%のエリアをカバーし、接続料金は月額 525円という超リーズナブルなプランだった。

私はこの年の 6月に 「D-cubic とやらに及び腰で注目」 という記事を書いているが、今となっては 「及び腰」 にしといてよかったと、心から思っている。このサービスは現在も "Livedoor Wireless" と名称を変えて継続しているものの、やたらとつながりにくいとやらで、いい評判はきかない。Wikipedia でもその点については触れられている (参照)。

このサービスの謳う 「山手線内の 80%で接続可能」 というのは、4年前にはとても魅力的に響いたが、時間の経過とは恐ろしいもので、今となってはいかにも貧弱にしか聞こえない。しかも、障害物があると接続しにくく、見通しのいい屋外でしか満足にはつながらないなんてことでは、いくら月額 525円でも、加入する気には到底なれない。

ホットスポットへのニーズというのは、E-Mobile などの通信カードの普及で、かなり小さくなってしまったように思う。わざわざホットスポットを探すまでもなく、その場で接続できるのだから、その方がずっといい。

公衆電話が目と鼻の先にあっても、多くの人は自分のケータイを使う。ましてや、ホットスポットなんてそこら中にあるわけじゃないから、もっぱら通信カードを使うことになる。

通信カードをもっていない人も多いだろうが、そのほとんどは、外出先で頻繁に PC でのインターネット接続なんかする必要のない人で、大抵はケータイで間に合ってしまう。たった数年足らずの間にこんな状態になってしまったので、ホットスポットも今後はあまり増えることはないだろう。公衆電話のように減少に転ずることはないだろうが。

それよりも、とにかく電源確保なのである。スタバやルノアールは、勝手に電源を使っても黙認してもらえるが、いかんせん、コンセントの数が絶望的に少ない。少なくとも、どの席からでも楽に届くぐらいの電源が欲しいところである。

それから、これは重要なことなのだが、ルノアールは禁煙席が少なく、店内の換気もいい加減な店が多いので、喫煙席から煙がたなびいてきて、とにかくヤニ臭い。フカフカの座席の生地にヤニくささがこびりついていたりする。というわけで、私はよほどのことでもない限り利用しない。

今や問題は、ホットスポットより電源なのである。バッテリーの切れた PC は、ただの重い箱でしかない。スタバでもエクセルシオールでもタリーズでも、どこでもいいから、電源を利用しやすい形の店作りにしてくれないかなあ。有料でも喜んで払うから。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« あったらいいなあ 「電源カフェ」 | トップページ | Google につながらない、 逆 Google 八分? »

マーケティング・仕事」カテゴリの記事

コメント

takさん

\500around/hourのコンセント付き施設ですが・・・
マンガ喫茶とかカラオケボックスなんてのが使えそうな気がしますね。ネットカフェも近いところにあるような。
しかし、ネットカフェにPC持参は奇異な印象ともなりかねませんし、カラオケボックスは防音施工してあっても五月蝿いですし、いい歳してマンガ喫茶に入るのは好き嫌いは別にしても大いに抵抗ありでしょうか。

#実は私は普段はどれも殆ど利用しないヒトです。(笑)

あと、具体的に申し上げるとモラルや良識を問われてしまいますし、他所様の施設で行なえば盗電行為ではありますが、ウォシュレット付きトイレのある場所であれば、コンセントは確保できます。
ついでに座る場所も。

バカはこれくらいにしまして。

さて、私の場合は田舎住まいということもあって移動手段はクルマであることが多いため、DC-ACインバータを常備しています。
給電容量は100W程度に限られるものの、これがあれば電池類の充電は携帯電話/PC/ヴィデオ/カメラとカバーしますし、モバイルPCなら直接給電も可能なので。

プロのカメラマンの方で、大型ハイブリッド車を移動型蓄電池兼機材車にしている方がいらっしゃるそうです。何しろ、AC100V/1500Wの出力が可能ですから。(トヨタエスティマなど)

ヘヴィユーザの場合は大容量バッテリの複数携行は必須かもしれませんね。
私も4時間程度持つものをもう1本入手すべきか悩んでおります。うかうかしてると型落ちでバッテリも補修部品から消滅なんてことにもなりかねませんので・・・


投稿: 貿易風 | 2009/01/23 23:39

貿易風 さん:

>マンガ喫茶とかカラオケボックスなんてのが使えそうな気がしますね。ネットカフェも近いところにあるような。

うぅむ、マンガ喫茶とネットカフェは、ハズカシながら一度も入ったことありません。
カラオケボックスは、飲み会の二次会程度。

DC-ACインバータは、なるほど、使い道ありますね。今度買っとくことにしましょう。

バッテリの複数携行は、以前のモデルではやってましたが、今のモデルになってからは一本で間に合わせてます。
とはいえ、早めにもう一本買っておく方がいいようですね。

投稿: tak | 2009/01/24 00:31

ヤマダ電機のパソコン売り場って、ある意味、ネットカフェ?と思ってるのは私だけですね。
ウルトラ高性能の太陽電池の出現を待ちたいものです。

投稿: やっ | 2009/01/24 21:29

やっ さん:

>ヤマダ電機のパソコン売り場って、ある意味、ネットカフェ?と思ってるのは私だけですね。

展示品使ってアクセスしちゃうんですか?
やるなあ。

投稿: tak | 2009/01/24 21:41

>>展示品使ってアクセスしちゃうんですか?

ブラウザのトップページを自分のブログにしたりする図々しさは無いですが、お気に入りに入れちゃったりしてます。馬鹿だねぇーと笑ってやってください。

投稿: やっ | 2009/01/24 21:51

やっ さん:

>ブラウザのトップページを自分のブログにしたりする図々しさは無いですが、お気に入りに入れちゃったりしてます。馬鹿だねぇーと笑ってやってください。

トップページを私のサイトにしちゃってもいいですよ (^o^)

投稿: tak | 2009/01/25 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/43828954

この記事へのトラックバック一覧です: ホットスポットなんかより電源が欲しい:

« あったらいいなあ 「電源カフェ」 | トップページ | Google につながらない、 逆 Google 八分? »