« ほぉら、やっぱり農水省は | トップページ | トドメのさされにくい死に体 »

2009/02/14

器用貧乏も、乙なもの

中学か高校の頃だったと思う。親戚の誰かがよく当たるという占いの先生とやらに、姓名だか生年月日だかで、私の運勢をを占ってもらったというのである。

占いの結果は 「器用貧乏」 というものだったらしい。何でもできすぎて絞り込めないので、一つの分野で大成しないのだそうだ。

私は占いというものにはそれほど興味がないが、これについてはものすごく当たっていると思う。自慢じゃないが私は、何でもそこそここなせてしまうので、「何でもできる tak さん」 と、人からは頼りにされるが、一つの分野を極め尽くしたということは未だかつてない。

私がいろいろのことをこなせるというのは、私のポータルサイト 「知のヴァーリトゥード」 のトップページを見てもらえばわかる。社会問題、言葉の問題、フォークロア、比較文化、文芸、IT 関連などなど、自分でも唖然とするぐらい広範囲な分野を論じている。

政治を論じたかと思えば、田舎の習俗を語り、古い日本語を言いだしたと思えば英語のウンチクに飛ぶ。文芸を語るかと思えば下手な写真をアップロードし、果ては母校の校歌を弦楽四重奏風にアレンジしたコンピュータ・ミュージックなんぞを作っている (参照)。このくらいの音楽アレンジや作曲ぐらいは、ちょいちょいっとこなしてしまうのだ。

そうかと思えば、これとは別に 「和歌ログ」 なんていう物好きな文芸サイトまで毎日更新している。「和歌ログ」 というぐらいだから、三十一文字を作っていればいいようなものだが、そこでも、和歌、日記、写真、英詩の4点セットを売り物にしている。

俳句や短歌と写真のセットで運営しているブログは他にもいくらでもあるが、自分の歌をきちんと韻を踏んだ英詩に翻訳して添えているなんていうのは、多分私ぐらいのものだろう。

で、問題は冒頭に触れたように、何でも一応できるけど、何一つとして極め尽くされていないということなのだ。どれもこれも、いたって中途半端なのである。

これについては、自分としてもジクジたるものがあったのだが、最近はすっかり開き直っている。占いの先生が言ったという 「何でもできすぎて絞り込めないので、一つの分野で大成しない」 というのは、「一つに絞り込めば大成できる」 ということを保証するものではないと気付いたのだ。

一つに絞り込んでも大成できないかもしれないのなら、いろいろやって楽しむ方がずっといいじゃないかと、つい最近思えるようになったのである。どうせ気紛れな私のことだから、一つに絞り込むなんてことは、元々キャラ的にできることじゃないし。

一つの分野で大成できなくても、ユニークなジェネラリストとしてやっていければいいじゃないか。ここまでジェネラルな内容を網羅しているブロガーは珍しいだろうし、それならば、「ジェネラルという分野」 で大成してしまえば、それはそれで一つの価値だろうと、勝手に結論づけてしまうのである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« ほぉら、やっぱり農水省は | トップページ | トドメのさされにくい死に体 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

TAKさん。こんにちは。
極めていないとは思えないほど、広く深くやっていると見えるのですが。また、それよりすごいのが、なんでも三日坊主でないところが、すごいです。私などは、熱しやすく冷めやすいので、
良く親から三日坊主でと叱られたものです。
最近は、熱を持ったら、持っている間には行動を起こさないような知恵が付きました。自分で、あ、これは、すぐに飽きるとも客観的に見れるようにもなったようです。
これからも、いろいろな分野。そして面白い切り口で、楽しい話をお願いいたします。

投稿: ヒロ | 2009/02/14 12:14


本当にtak-shonai さんはすごいですよね
森羅万象を論じる

特に感心するのは、持続力です
私も飽きっぽい性格で、熱しやすく冷めやすいから、逆に、なぜそんなに続けるんだろう?とも思ってしまいます (笑)

投稿: alex99 | 2009/02/14 12:35

あなたと同じ器用貧乏から一言。
takさんは、器用貧乏でも、持続力と達成への強い意志がありますけど、私にはそれがありません。
代わりに、takさんにないものを持っているかも知れませんけど、ここでそんな話しは止めときましょう。
それより、ちゃんと一つに絞り込める人というのは居るもので、そういう人は、その道でそれなりの成果を修めますね。
私なんか、何かを達成するなんてことがあるのか知らんと思っています。

投稿: Mikio | 2009/02/14 15:39

ヒロ さん:

>また、それよりすごいのが、なんでも三日坊主でないところが、すごいです。私などは、熱しやすく冷めやすいので、良く親から三日坊主でと叱られたものです。

実は私も三日坊主なんです。

たまたま続いているのが、皆様の目に触れているだけのことで、三日坊主で諦めたたくさんのことは、陰に隠れてしまっているだけなんです。

投稿: tak | 2009/02/14 21:51

alex さん:

>特に感心するのは、持続力です

ヒロさんのコメントにもレスしたように、持続力があるように見えているのが、たまたま皆様の目に触れているだけなんです。

その裏側に累々たる途中で放り出された山ほどの残骸が …… ^^;)

投稿: tak | 2009/02/14 21:53

mikio さん:

>takさんは、器用貧乏でも、持続力と達成への強い意志がありますけど、私にはそれがありません。

私からみると、同じ言葉を mikio さんに返したくなってしまいます。

私に mikio さんの持続力と達成への強い意志の半分でもあればなあと思っていましたよ。本当に。

>代わりに、takさんにないものを持っているかも知れませんけど、ここでそんな話しは止めときましょう。

うぅむ、それはきっと、私からみると mikio さんの持続力だということなのかもしれませんが、当人としては別の能力ということなのかもしれませんね。

私が自分で自分に持続力があるなんて、ここで 3人連続で指摘してもらうまで、そんなにシリアスには気付いていなかったように。

>それより、ちゃんと一つに絞り込める人というのは居るもので、そういう人は、その道でそれなりの成果を修めますね。

一つに絞り込めるというのも、それはそれで才能の一つだと思います。

一つに絞り込むというのは、他の多くを捨てる思い切りの良さですから、私みたいな中途半端な欲張りにはなかなかできる事じゃありません。

投稿: tak | 2009/02/14 22:00

 tak様の文章と洞察は、多分野におよんで、掘り下げ方がハンパでなく、しかもつねに自然体なところがすごいです。
 なんでもない日常から、まるで三題噺のように毎日違う話題を繰り出して、しかもオチまでつける知力と持続力。そさらに、それを片意地張らずに読ませてしまう筆力に日々、脱帽です。万分の一でもあやかりたいといつも思っています。

投稿: りら | 2009/02/16 06:55

りら さん:

そりゃ、褒めすぎですけど、褒められて悪い気分になる人はいないので、ありがとうございます。

投稿: tak | 2009/02/16 08:52

数日出張しておりまして、今日から通常営業です。

実は、私も自他認める器用貧乏だと思います。
うちの祖母も多芸な人で、日本舞踊、大正琴、書道、短歌、水彩画、詩吟、民謡と一通りこなします。ただ自分との違いは、それぞれ師範や名取、市民祭で表彰など一定の成果を上げていることです。
多芸と器用貧乏の差は何かというと、それぞれにかける思いと持続力、集中力なんでしょうね。
自分はどうも飽きっぽい人間ですので、一生「多芸」には近づけないようです。(笑)

投稿: 雪山男 | 2009/02/16 09:40

雪山男 さん:

>うちの祖母も多芸な人で、日本舞踊、大正琴、書道、短歌、水彩画、詩吟、民謡と一通りこなします。ただ自分との違いは、それぞれ師範や名取、市民祭で表彰など一定の成果を上げていることです。

音楽系と書道・絵画系の両立は、かなり難しいと思いますが、大したものですね。

投稿: tak | 2009/02/16 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/44054722

この記事へのトラックバック一覧です: 器用貧乏も、乙なもの:

« ほぉら、やっぱり農水省は | トップページ | トドメのさされにくい死に体 »