« 『唯一郎句集』 レビュー #4 | トップページ | 自殺の誘惑 »

2009/02/04

卵が立って立春大吉

立春である。立春といえば、あの立春卵を思い出す。「立春には卵が立つ」 という言い伝えである。思い起こせば 3年前の 2月、私は初めて卵を立ててみたのだった (参照)。

コロンブスの企みをしなければ卵は立たないと思われているが、そんなことはない。立てようと思えば、案外簡単に立つのである。

上記の記事で紹介しているように、私はこれまで 3度卵を立てている。2度目なんぞは、2個同時に立てている。卵というのは本当に立つのである。確かにちょっと難しいが、その気になれば立つ。

Crack_090204それで、今年の立春も卵立てに挑戦したら、やっぱりちゃんと立ったのだった。とはいえ、今回は立ちにくい卵だったようで、これまでで一番苦労した。

ブログ検索すると、自分には立てられなかったなんて書いている人がいるが、それは多分、諦めがよすぎるのである。卵を立てるコツは簡単なことだ。それは必ず立つと信じて、立つまで諦めないことである。

私は今回、立春になったら即撮影できるように、日付の変わる 5分前頃から立て始めたのだが、なかなか立たない。こんな苦労したのは初めてだ。それでも立春の 0時 7分には立っていたので、15分以内に立ったと思う。

今回は撮影の舞台装置にも凝って、知人から来た立春祝いの葉書を背景にしてみた。凝っただけあって、今までで一番それらしい写真になった。

この写真 (クリックで拡大) に関しては、私は知的所有権を放棄するので、よろしければ、立春には (いや、別に立春に限らないのだが) 卵が立つということの証拠写真として、ご自由にダウンロードしてお使い頂いても文句は言わない。ただし、「撮影: 庄内 拓明」 というクレジットは入れていただきたいのでよろしく。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 『唯一郎句集』 レビュー #4 | トップページ | 自殺の誘惑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

takさん

試しに立ててみました。>タマゴ
1個目は、十数秒で立ちました。自分でもビックリ。
早速デジカメに収めておきました。
2個目は、数分後に立ちました。が、1個目が倒れてしまい、同立はならず。

#家族は半ば呆れて私を見ておりました。

白い目がツラかったので、3個目への挑戦は未定です。(笑)

投稿: 貿易風 | 2009/02/10 03:06

貿易風 さん:

>1個目は、十数秒で立ちました。自分でもビックリ。

ね、案外簡単に立つでしょう。

>2個目は、数分後に立ちました。が、1個目が倒れてしまい、同立はならず。

複数個を立てて写真に撮るのは難しいです。
2個目が立ったと思って手を離すと、転がって最初の卵を倒してしまったりします。

どちらかが転がっても他に影響しないように、離して立てると、写真としていい構図になりません。

>#家族は半ば呆れて私を見ておりました。

最大の問題は、これです。
「お父さん、変な人になっちゃった」 と思われます ^^;)

投稿: tak | 2009/02/10 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/43949997

この記事へのトラックバック一覧です: 卵が立って立春大吉:

« 『唯一郎句集』 レビュー #4 | トップページ | 自殺の誘惑 »