« 器用貧乏も、乙なもの | トップページ | 永平寺の涅槃会 »

2009/02/15

トドメのさされにくい死に体

いやはや、近頃 「超」 の字を付けたくなるほど忙しくて、まともな更新をしている時間がない。今日は備忘録程度の内容になる。

日テレの世論調査で、麻生内閣の支持率が、発足以来最低の 9.2%に落ち込んだのだそうだ (参照)。この間のバタバタした流れを見ていると、それも仕方ないかもしれないなあ。

「もう少しマシかと思っていたけど、ここまでお粗末とは思わなかった」 というのが、最大公約数的見解なんじゃないかと思う。私は例の漢字の読み違いについても、たまたま間違えただけのケアレスミスと信じたかったのだが、ここにきて、「あのオッサン、本当に漢字を読めないんじゃあるまいか」 なんて疑い始めている。

支持率はさらに下がり続けるだろう。もしかしたら、一桁台の前半なんていう前代未聞の数字になるかもしれない。そうなったら、自民党はしばらく立ち直れないだろう。だって、党内の圧倒的支持で就任した総裁が、3人続けて呆れるほどのていたらくになってしまうのだから。もう、自民党に人はいないと思われてしまう。

ただ、支持率がここまで落ち込んでしまうと、それは国民の鬱憤晴らしという意味合いもあると思うのだ。森喜朗さんのときもそうだったけれど、国民は知性を感じさせず、かつ厚顔そうな総理に対しては遠慮会釈もなく  「不支持」 の意志を表明する傾向がある。

麻生さんに対しては、安倍さんのように心身症に陥るほどヤワそうでもなく、福田さんほど陰険でもなさそうなので、安心してムチャクチャ言えるのだ。そのあたりをニヤニヤしながら受け止められるということに関しては、皮肉を込めて 「なかなかのもの」 と言えるかもしれない。

昨年の 10月 21日に私は 「麻生さん、案外長持ちしちゃったりして」 という記事を書いた。すぐに解散して総選挙と思われていたのに、そうはならず、半年以上は持ちそうだということに関しては、図らずも当たってしまった。

しかし、それは決して国民に支持されたからではなく、辞め時を失って、あとは死に体のまま辞めるに辞められなくなっているだけという、国民にとっての不幸な状況は、恥ずかしながら想定外だった。

いくらはっきりした死に体でも、周り中その死に体に付き合って同様に死んでいるようなものだと、かえってトドメがさされにくいのだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 器用貧乏も、乙なもの | トップページ | 永平寺の涅槃会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民党にとっては、考えてみれば「絶好の支持率アップのチャンス」だと思うんですけどね。
このしょ~もないアソウさんをすっぱりクビにして、もうちょっとまともな人を総裁に据えれば「何だ、ちゃんと自浄能力あるんじゃん!」と見直されると思うんですが。
あ、アレよりまともな人物さえいないのか・・・

投稿: karin | 2009/02/16 08:44

karin さん:

>あ、アレよりまともな人物さえいないのか・・・

ナカガワさんは酒癖悪いみたいですしね ^^;)

投稿: tak | 2009/02/16 08:54

もう開き直っているかもしれませんね。
考えてみれば、内閣支持率も低いとやめなければいけないということではないので、どうせ、何やってもということで、ひょっとしたら自民党に火のつきかねない「かんぽの宿」の問題なんか取り上げているのかもと勘ぐっていたりします。
人間開き直りがとても重要ですので、こういうときに限ってラッキーパンチがあたったりするかもれません。
まあ所詮、大勢を覆すには至らないと思いますが。
解散時期は、定額給付金が配られる頃の5月以降と見ています。

投稿: 雪山男 | 2009/02/16 09:30

昨年秋の自民党総裁選の頃に、「次の首相にふさわしい人は?」という世論調査で、一番評価が高かったのは麻生ではなかったでしょうか。むろん、総裁選に投票できる立場ではない回答者がほとんどだろうとは思いますが……。

投稿: 山辺響 | 2009/02/16 10:26

歴史的にも呼び名は「漫画内閣」ですか?

「ナカガワさんは酒癖悪いみたいですしね 」 - 私はどうしても「顔が悪いから総理には無理」と評論家の三宅に言われた親父さんの自殺を思い出して仕舞いました。

次から次へと出て来る政治家の親の顔しか浮かばないのですが、あの政治家もおかしな薬を常用しているのでしょう。

それにしてもこれまた顔が悪い。親父の方がなりあがってくるだけにそれなりに愛嬌があったね。

投稿: pfaelzerwein | 2009/02/16 19:33

雪山男 さん:

>考えてみれば、内閣支持率も低いとやめなければいけないということではないので、どうせ、何やってもということで、ひょっとしたら自民党に火のつきかねない「かんぽの宿」の問題なんか取り上げているのかもと勘ぐっていたりします。

あれは、鳩山さんのスタンドプレーが、たまたまヒットしたんじゃないかと、私は思ってます (^o^)

ただ、問題として取り上げることを阻止する力が全く働かなかったことも事実ですね。
「実は郵政民営化反対だった」 グループによるしっぺ返し的な意味合いもあるのかもとか。

>解散時期は、定額給付金が配られる頃の5月以降と見ています。

もらうものをもらったら、もう御用済みと (^o^)

投稿: tak | 2009/02/16 21:30

山辺響 さん:

>昨年秋の自民党総裁選の頃に、「次の首相にふさわしい人は?」という世論調査で、一番評価が高かったのは麻生ではなかったでしょうか。

世論調査なんて、あてにならないもんですね ^^;)

投稿: tak | 2009/02/16 21:31

pfaelzerwein さん:

>次から次へと出て来る政治家の親の顔しか浮かばないのですが、あの政治家もおかしな薬を常用しているのでしょう。

>それにしてもこれまた顔が悪い。親父の方がなりあがってくるだけにそれなりに愛嬌があったね。

確かに「おかしな薬」は、疑われますね。
顔がめちゃくちゃになってます。

投稿: tak | 2009/02/16 21:35

下手なバラエティー番組見ているよりも、イタリア発全世界配信会見見ているほうが、…(以下略)。

投稿: 乙痴庵 | 2009/02/17 12:28

乙痴庵 さん:

大分前でしたけど、韓国の国会がバラエティショーより面白かったことがありました (泣きわめいたりして)。

あれがスラップスティックだとすると、今回のはスタンダップ・コメディ。
(座ってたけど ^^;)

投稿: tak | 2009/02/17 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/44074638

この記事へのトラックバック一覧です: トドメのさされにくい死に体:

« 器用貧乏も、乙なもの | トップページ | 永平寺の涅槃会 »