« 『唯一郎句集』 レビュー #3 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #4 »

2009/02/02

雪の降らない冬

うかうかしている間に 1月はさくっと終わってしまった。とくに昨年の終わり頃から世の中にはおめでたくない空気が充満していたこともあり、正月なんてあっという間だった。

そして、明日は節分、明後日は立春である。せめて、暖かい春が早くやってきてくれればありがたい。

週間天気予報によると、向こう 1週間は大きな崩れはなく、関東の天気は晴れたり曇ったりのまま推移しそうだ。雪が降らないだけでもありがたい。関東の人は雪に慣れないから、ちょっとした降雪で大混乱になる。

雪の降った朝は、主要道路が動かなくなる。私はスタッドレス・タイヤに換えているからいいといっても、他の車がのめって道を塞いでいるので、こちらも動けないのである。田んぼの中の近道を通って駅に向かうと、必ず車が 2台か 3台、田んぼの中に落ちている。ああ、気の毒に。

私がつくばの地に越してきた当初は、結構雪が降った。私の家は田園地帯を切り開いた住宅地の一番奥にあるから、除雪車なんて絶対に来てくれない。だから、雪が降るたびに必死になって雪かきをした。

関東の雪は面倒なところがあって、降り積もってしまえば翌日はほぼ確実に晴れる。晴れると降り積もった雪の表面が解ける。そして夜の間の放射冷却で、溶けた雪が再び凍る。雪のままならまだ始末がいいが、一度溶けて水になったものがまた凍るので、平らに近いツルツルの表面になる。

我が家のあたりは交通が不便で、バスの本数も少ないから、移動には自動車が不可欠である。その自動車が、ツルツルのアイスバーンのせいで、車庫から道路に出し入れすることもままならなくなるのだ。

だから、雪かきは不可欠である。凍って堅くならないうちに、車の出し入れをする車庫の周辺だけでも雪をどけておかなければならない。昭和 57年に引っ越してきて、平成 1桁ぐらいまでは、雪が降ってから帰宅すると、車を車庫に入れる前に、まず暗い中で雪かきをしなければならない。そんなことが、一冬に少なくとも数回あった。

ところが、近頃ではそんなことは滅多になくなってしまったのである。ここ数年は、せいぜい年に 1度だ。朝方に多少降っても、帰ってくるまでに解けていて、雪かきをまったくしない年もあるし、するとしても、ちょいちょいっと、数分で済んでしまうことも多い。

昨年 12月に帰郷した時は、せっかくスタッドレス・タイヤに履き替えて行ったのに、東北の背骨の山を越える時でさえ、全然雪がなかった。3月の声を聞くまでは、関東でも雪が降ることがあるからと、そのままにしているが、これまでのところ、ほんのちらほら舞った以外は、雪をみていない。

雪が降らないのは、日々の生活にとってはまことにありがたいが、もう少し大きな目で見ると、なかなか気味の悪いものである。年に 1度か 2度は、本格的な雪かきで筋肉痛を起こすのもいいものだと思うのだが。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 『唯一郎句集』 レビュー #3 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

福島もかつては、車庫のポリカーボネートの屋根が破損するような雪が降ったもので
すが、最近では、ほとんどドカ雪が降らなくなりましたし、多少積もったとしてもほ
とんどすぐに溶けてしまうようになりました。

自分が小学校の頃(昭和50年代後半~60年代)は、校庭で各クラス毎に雪像を造る
という行事があったのですが、今では全く想像もつかない状況になってしまいました。

 ちなみに、私のHNである「雪山男」はかつて、競技スキーをしていたので、年3~
40日はスキー場に籠もっていたことにちなんでいるのですが、いずれ自然の雪では
スキーができない状況になるんでしょうか?

投稿: 雪山男 | 2009/02/02 16:08

雪山男 さん:

>福島もかつては、車庫のポリカーボネートの屋根が破損するような雪が降ったものですが、

ウチの車庫の屋根も、雪で潰れました。
(鉄骨で、塗装の中が腐り果てていましたが)

>自分が小学校の頃(昭和50年代後半~60年代)は、校庭で各クラス毎に雪像を造るという行事があったのですが、今では全く想像もつかない状況になってしまいました。

近頃、甲子園で北海道と東北の高校が活躍できるのは、冬にグランドで練習できるようになったことも大きいと思ってます。

>いずれ自然の雪ではスキーができない状況になるんでしょうか?

この冬も、東北のスキー場はずっと雪不足でしたもんね。

投稿: tak | 2009/02/02 16:39

白馬や野沢温泉なら、毎年2m超の積雪だったと思いますが…。
今年は少ないねぇ…。

今年の琵琶湖周辺の積雪量も気になるところ、夏の水量不足を懸念しちゃいます。
(志し、低いんですが)鮎の育ちが気になって…。


昨年も、同様のコメントをしていたような…。

投稿: 乙痴庵 | 2009/02/02 20:05

乙痴庵 さん:

昨年 12月時点での印象ですが、東北も雪少なすぎです。
降らないと助かることは助かるんですが、やっぱり降るときに降っといてくれないと、ちょっと心配ですね。

投稿: tak | 2009/02/02 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/43932998

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の降らない冬:

« 『唯一郎句集』 レビュー #3 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #4 »