« 花粉症の多くは 「気のせい」 らしい | トップページ | 朝の上野公園は、満開の桜 »

2009/04/02

エイプリルフール・ネタについて

昨日のエントリーは、当サイトでは毎年恒例となったエイプリルフール・ネタだった。コメント欄でもおわかりのように、ちょうど頃合いのバレバレ加減で、平和なイベントとなった。

私としては、このくらいのバレバレ加減が理想的だと思う。あまりもっともらしいことを書きすぎると、後が面倒だ。

当サイトででいえば、2年前の 「;地方空港とハエ取りリボン」、3年前の 「サラ金 CM のサブリミナル効果」 というのが、あまりにももっともらしすぎて真に受けてしまった人が多くいらしたようで、逆にこちらの方がちょっとあせった。

ちゃんと最後のオチの部分で、エイプリルフール・ネタであることをちょっとだけにおわせておいたのだが、それは免罪符にはならなかったようだ。

最後の最後でちょっとだけオチをつけても、本題にインパクトがありすぎると、そのパワーで、オチなんてかすんでしまうものらしい。だから、新聞記事は最初というか、見出しの部分に結論を書いておく。そうでないと、人は最後まで注意深く読んでなんかくれない。

もっともらしすぎるネタで、自分の方があせってしまった経験から、昨年の 「登録名にまつわる感動的エピソード」 は、敢えてたわいないネタにしてみた。すると、あまりにもたわいなさ過ぎて、ウケは今イチになってしまう。私は元シンガー・ソングライターだから (参照)、ウケは結構気にするのである。

というわけで、今年は再び多少は凝ってみることにした。そして単なるウソネタではなく、そこに一面の真理を盛り込みたいとも思ったわけなのである。昨日のネタで、どこにそんな 「一面の真理」 があるのかと突っ込まれれば、なんだかお恥ずかしいが、まあ、当人はそのようなつもりなので、よろしくというしかない。

ちなみに、エイプリルフール・ネタというのは結構むずかしいもので、一朝一夕にできるものではない。世間では馬鹿馬鹿しいという人も多いが、これはこれで、なかなか頭の体操になるのである。いいネタを考えていると、ボケないんじゃあるまいかと思うほどだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 花粉症の多くは 「気のせい」 らしい | トップページ | 朝の上野公園は、満開の桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

来年のネタ。

「エイプリルフールのネタを毎年考えている人は、高齢になってもボケない」という研究結果が発表されたそうだ(参照)。

去年の4月2日に私は「ちなみに、エイプリルフール・ネタというのは結構むずかしいもので、一朝一夕にできるものではない。世間では馬鹿馬鹿しいという人も多いが、これはこれで、なかなか頭の体操になるのである。いいネタを考えていると、ボケないんじゃあるまいかと思うほどだ」と書いた(参照)。これが科学的な研究で実証されてしまったというのだから驚きだ。

(以下略)

投稿: 山辺響 | 2009/04/02 10:41

山辺響 さん:

>来年のネタ。

>「エイプリルフールのネタを毎年考えている人は、高齢になってもボケない」という研究結果が発表されたそうだ(参照)。

脱帽 m(_ _)m

でも、もうこのネタは封印で、永遠に使えませんね。
残念。

投稿: tak | 2009/04/02 10:56

年一行事、おつかれ様でした。
 今年は、コメントも思いっきり“のっかり”まして、大嘘をかましたつもりだったんですが…。

 takさんのコメント返しで、さらに増強され…。引っ込みつかなくなっちゃいました。

 やっぱ、うそはいけません!(なんちゃって)

 フェデックスの友人いわく、「花粉掃除?そんなもんせーへんでー。」
 失礼いたしました。

投稿: 乙痴庵 | 2009/04/02 12:47

昨日のエイプリルフールネタはどうやって突っ込みを入れていいか、迷っていました。ごめんなさい。
今日の「エイプリルフールのネタを毎年考えている人は高齢になってもボケないんじゃない」にばんざーいと言いたいです。あのう、これで私も結構一生懸命考えているので昨日の≪あとりえ・チビッコ≫を見てやってください。
不況だから嘘なんてついて不謹慎なんて言っているようじゃ、心に余裕も生まれずもっと不況に陥ってしまいますよね。

投稿: keicoco | 2009/04/02 18:04

乙痴庵 さん:

>takさんのコメント返しで、さらに増強され…。引っ込みつかなくなっちゃいました。

いやぁ、まいりました。

一応、杉花粉がかなりの高度まで上昇することがあるとは聞いたんですが、フィルター掃除まではノリ過ぎでした。失礼しました。 m(_ _)m

投稿: tak | 2009/04/02 22:13

keicoco さん:

>あのう、これで私も結構一生懸命考えているので昨日の≪あとりえ・チビッコ≫を見てやってください。

エイプリルフール・ネタというより、もっとずっと深いことを考えさせられました。
うぅむ、これは醸造させるのに時間のかかりそうなお話です。

投稿: tak | 2009/04/02 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/44540237

この記事へのトラックバック一覧です: エイプリルフール・ネタについて:

« 花粉症の多くは 「気のせい」 らしい | トップページ | 朝の上野公園は、満開の桜 »