« エラソーな理系が注意すべきこと | トップページ | 「文系/理系」 という幻想 »

2009/05/14

ほぅら、やっぱり

決してネタに窮しているわけでもなく、手持ちが大ネタ過ぎて手に負えないというわけでもないのだが、忙しすぎて小ネタを書く時間しか取れない。

というわけで、私にとっては小ネタの、民主党小沢氏の代表辞任についてである。この人、往生際が悪すぎた。

代表辞任のニュースを聞いて、「ほぅら、やっぱりね」 としか思わなかった。多くの人がそんなところだっただろう。私は今年 3月10日の記事で、次のように書いている。

私は遅かれ速かれ、小沢氏は代表を辞任しなければならない状況に追い込まれるとみている。だったら最初から虚勢を張らず、辞任しておけばよかったのだ。私は 3月 5日の記事でも書いているとおり、昨年 6月に、西松建設の外為法違反容疑が明るみに出た時点で、小沢氏は健康問題などの適当な理由で辞めておけばよかったのだと思っている。

本当に、せっかく 「健康不安」 という格好の事情を抱えているのに、どうしてそれを理由に早めに辞めておかなかったのだろう。自民党の支持率が低下して、次に総選挙をやれば首相になれそうな状況が濃厚だっただけに、状況判断を間違えてしまったとしか言いようがない。

金銭欲でも権力欲でも、欲に目が眩むと、人間はたいてい判断を間違えるのだ。私は 3月 5日の記事で、このことについて、次のように書いている。

私は 2月 18日付の記事で、民主党は少しはリスクマネジメントについて認識が進んでいるかもしれないと書いたが、どうも買いかぶりだったようだ。

民主党のリスクマネジメントは、あの 「堀江メール事件」 であれだけ思い切り地雷を踏んでしまった反省が生かされておらず、要するに全然進歩がなかったようなのだ。これでは、さしもの政権交代待望の私としても、ちょっと考えてしまう。

今回の騒動は、雪印や船場吉兆と変わらない。当事者が状況を客観的にみることができず、保身をはかるあまり、自分を被害者的な立場においてみせて、やたらと言い訳がましいことをほざき、かえって自分の立場を悪くしたということなのだ。

民間では、今やかなりリスクマネジメントに関する認識が高まって、不祥事があった場合の対応は進んできているが、次期政権を担おうという政党がこんなレベルでは、危なくて国際舞台に出してやれないではないか。

ここで視点を変えれば、それは自民党も大した違いはないのだから、政権交代させてみてはどうかというふうにも言えそうで、そこが悲しいところなのだが。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« エラソーな理系が注意すべきこと | トップページ | 「文系/理系」 という幻想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

やっときたかと思ったら、代表選は鳩山氏が優位との報道。それじゃ何も変わらんじゃん!というのが政権交代に一票を投じたいけど躊躇してしまう一選挙民としての感想です。

辞任そのものについては、検察の横暴を指摘する声も一理あると思います。が、この献金事件は、元検察官の郷原氏をはじめ、そうした発言をされている方々がいうような些細な「形式犯」ではないと思っています。政治資金規正法のスピリットをないがしろにしているから多くの国民が怒っているのではないでしょうか。

小沢氏としては辞任のタイミングを計っていたのでしょうが、完全に読み違えてしまいましたね。まあ、その代わり麻生総理が増長ぶりが世に知られ、長い目で見れば本格的な自民党離れが加速する素地を作っているようにも見えますが。

鳩山氏は、例の偽ホリエモン・メールの時の当初の発言を始め、ことあるごとに判で押したような党派的な○・×判断だけに基づくオポチュニスティックな言説が多く、どこか兄弟の大臣に似ているなあと感じています。

投稿: きっしー | 2009/05/14 10:04

きっしー さん:

>やっときたかと思ったら、代表選は鳩山氏が優位との報道。それじゃ何も変わらんじゃん!というのが政権交代に一票を投じたいけど躊躇してしまう一選挙民としての感想です。

いやはや、今朝この記事を書いた段階では、少なくとも五分五分の勝負になるんじゃないかと期待してましたが、ニュースを読んでがっくりです。

>鳩山氏は、例の偽ホリエモン・メールの時の当初の発言を始め、ことあるごとに判で押したような党派的な○・×判断だけに基づくオポチュニスティックな言説が多く、どこか兄弟の大臣に似ているなあと感じています。

これ、まったく同感。

少なくとも、選挙向けには岡田氏の方がいいと思います。

ただし、前回代表だった時のキャンペーン CM みたいに、暗い顔で虚空をにらみ、なにやら難しいことを言ったかと思うと、自ら歩いて下手に退場するなんて、最悪の演出をしなければという条件付きですが。

http://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2005/10/post_b3b3.html

投稿: tak | 2009/05/14 13:47

うがった見方かもしれませんが、、策士たる小沢さんがなぜここまで引っ張ったのか?
(うがった見方かもしれませんが。。。)
小沢さんがある程度引っ張って、総選挙間近といわれているところで辞める。新たな代表が選出される。ニュー民主党への関心(支持も?)あがる。遅くとも4ヶ月ちょいで総選挙なので、新代表のあら探しする暇もなく何となく民主党優勢のまま総選挙へ、民主党勝利!
という「あれ?この前の自民党の総裁選と同じ思惑じゃん!」というあらすじじゃなかろうか?と思いました。

ただ、代表選でお名前の挙がっている鳩山さんも岡田さんも、みんな「元代表」で新鮮味がないです。
ここは思い切って馬淵さんとか長妻さんあたりが出れば「おっ!民主党変わったな!」って印象があるんですけどね。
それと、やっぱり小沢さんが裏で糸引いている印象って拭えませんよね。特に鳩山さんが代表になったりすると。

ということで、自民党は絶好のチャンスなのに麻生さんの腹心たる鴻池さんの女性問題と言うことで、結局どちらの政党も危機管理能力には疑問符が付いてしまいます。

投稿: 雪山男 | 2009/05/14 13:51

宇宙人とフランケン、フランケンの方がいいなぁ。

投稿: 乙痴庵 | 2009/05/14 14:37

雪山男 さん:

>小沢さんがある程度引っ張って、総選挙間近といわれているところで辞める。新たな代表が選出される。ニュー民主党への関心(支持も?)あがる。遅くとも4ヶ月ちょいで総選挙なので、新代表のあら探しする暇もなく何となく民主党優勢のまま総選挙へ、民主党勝利!

うがちすぎかも。
結果的にそうなる可能性もありますが。

>ここは思い切って馬淵さんとか長妻さんあたりが出れば「おっ!民主党変わったな!」って印象があるんですけどね。

「誰も知らんわ」 と言われかねず、リスク大きいかも。

>それと、やっぱり小沢さんが裏で糸引いている印象って拭えませんよね。特に鳩山さんが代表になったりすると。

ということになりますね。
代表交代の意味ない。

>ということで、自民党は絶好のチャンスなのに麻生さんの腹心たる鴻池さんの女性問題と言うことで、結局どちらの政党も危機管理能力には疑問符が付いてしまいます。

船場吉兆と違って、いくらしくじっても倒産しなくて済みますからね。

投稿: tak | 2009/05/14 15:54

乙痴庵 さん:

>宇宙人とフランケン、フランケンの方がいいなぁ。

なるほど (^o^)

投稿: tak | 2009/05/14 15:58


人物的には好きではなかったのですが、もし小沢首相が実現すればその反米的言動が米国の日本に対する傲慢に一種の歯止めになるかな?という期待は持っていたのですが・・・

あのハトポッポではね~

投稿: alex99 | 2009/05/14 18:48

党のイメージを考えれば小沢さんが降りるのが一番ということなのでしょうが、個人的には党首が誰になるかといったことにはあまり関心はありません。大事なのは掲げている政策をきちんと実行してくれるかどうか。

次の選挙では民主党に入れるつもりですけど、政権をとってもそのあたりが結局ぐだぐだになってしまうのではないかと心配しています。頼みの埋蔵金もそのころにはなくなってるっぽいですし。

いっそのこと政策ごとに投票して、一番多くの政策が支持を得られた党に政権を担わせるようにすればいいんじゃないかと思います。政策論争も今以上に活発になるのでは…。

ただ、実現は難しいでしょうね(- -

投稿: ぐすたふ | 2009/05/14 18:50

alex さん:

>人物的には好きではなかったのですが、もし小沢首相が実現すればその反米的言動が米国の日本に対する傲慢に一種の歯止めになるかな?という期待は持っていたのですが・・・

小沢さんの反米は、単に反自民を示すためのポーズかもしれないと疑ってます。
政権を取った途端に、豹変しかねないと。

投稿: tak | 2009/05/15 14:23

ぐすたふ さん:

>党のイメージを考えれば小沢さんが降りるのが一番ということなのでしょうが、個人的には党首が誰になるかといったことにはあまり関心はありません。

党首が誰かというのは、選挙ではかなり大きなポイントになるような気がしています。
(結局、イメージ選挙ですから ^^;)

>いっそのこと政策ごとに投票して、一番多くの政策が支持を得られた党に政権を担わせるようにすればいいんじゃないかと思います。政策論争も今以上に活発になるのでは…。

それをやったら、ただでさえ低い投票率がますます下がって、公明党と共産党が二大政党になってしまいます ^^;)

投稿: tak | 2009/05/15 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/45007770

この記事へのトラックバック一覧です: ほぅら、やっぱり:

« エラソーな理系が注意すべきこと | トップページ | 「文系/理系」 という幻想 »