« 『唯一郎句集』 レビュー #31 | トップページ | テレビとラジオ »

2009/06/08

マイ箸を使う本音の動機

先日の昼、仕事関係の先輩とラーメン屋に入り、いつものようにマイ箸を出して食べ始めたらお叱りを受けてしまった。

マイ箸なんて使って悦に入っているのかもしれないが、そんなのはエコの役に立たない、むしろ日本の間伐材の需要を減少させ、林業の衰退をもたらすことになるというのである。

実を言えば、私も何年か前まではそう思っていたのである。私がマイ箸デビューしたのは一昨年の一月で、その年の 1月 19日の記事に以下のように書いている。

つい最近まで、マイ箸なんて持ち歩いて環境保護に貢献しているつもりになるのは、単なる気分の問題で、自然保護とは関係ないと言われていた。割り箸は間伐材を原料としているので、決して森林破壊につながるものじゃないどころか、森林保護に役立つというのである。

それで、私も何年も安心して、割り箸で蕎麦をたぐっていたのである。ところがよく調べてみると、割り箸が自然保護に役立つなんていう時代はとっくに過ぎ去っていて、事情は大きく変化してしまったようなのだ。

私はあちこちでマイ箸を使いながら、「こいつ、自分だけエコの役に立っているつもりのアホなんだな」 と周囲に思われるリスクを、心の底で感じている。もうほとんど気にならなくなったが、初めのうちはそれがちょっとしたストレスだった。

情報は常に更新されなければならない。古い情報をもとに叱られたり、アホと思われたりするのでは、マイ箸もなかなか広まらない。

日本の森林資源保護に役立つならば、私は喜んで割り箸を使う。割り箸は日本の貴重な文化の一つであり、それを衰退させることは、本当は忍びないのだ。しかし、状況は変化してしまった。再び自分の一昨年の記事から引用する

今や、国内の森林の間伐材を使った割り箸なんてのは、需要の 4~5%程度に落ち込んでいて、ほとんどは中国からの輸入品に頼っているらしい。そして、中国では割り箸を作るためにのみ、森林を皆伐方式で伐採しているらしいのだ。

こんなことを続けていては、中国で森林破壊が進んでしまう。中国で森林が破壊されたら、その東側 (つまり偏西風の風下) にある日本はいい迷惑なのである。

私なんぞが 「らしい」 とか言っていても説得力がないというのであれば、こちらのサイトをご覧になれば、具体的な数値を挙げて説明されているので、納得できるだろう。自分の外食という行為が中国の森林破壊につながり、毎年春に飛んでくる黄砂の量が増えるというのは夢見が悪いので、根が単純な私としては、さっさとマイ箸派に鞍替えしたのである。

ただ、国産割り箸の減少が日本の間伐材の需要を減らし、それが森林の荒廃につながっているというのは、本当は忍びないのである。国産割り箸が使えるのなら、私は喜んでマイ箸を懐にしまったままにしておく。

もし、国産割り箸代として外食時にプラス 5円出せというなら、喜んで出す。それが国内森林保護につながるなら、安いものである。だけど、そんなシステムは多分できないだろうなあ。

プラスティック箸と割り箸の両方を用意している讃岐うどんの店があるが、見たところ、客のほとんどは割り箸を選んでいる。この店のプラスティック箸は、全然滑らなくて使いやすいのに。そして、もしこの店で 「国産割り箸に切り替えましたので、割り箸ご希望の方は 5円プラスになります」 なんてことにしたら、ブーイングが起きるだろう。

私なんかもう、いかにも中国製っぽい割り箸なんて使う気になれない。中国製の安物の割り箸は、防かび剤、防腐剤、農薬、漂白剤で処理されているらしい。それは、安物の割り箸を使い慣れていた頃の舌では感じられなかったが、それから遠く離れた今、たまにマイ箸を忘れて安物の割り箸を使うと、「変な味」 がするのでわかる。

私は今では、「中国製の割り箸なんて、気持ち悪くて使えない」 という体になってしまっている。ちょっとした細菌程度なら、体内でやっつけてしまうから気にしないが、薬品となると、そういうわけにいかない。

私がマイ箸を使う本音の動機の半分以上は、今やエコよりこっちの方かもしれない。エコのためというより、自分の体のためというのが、ちょっとエゴイスティックで嫌らしいかもしれないが、それがエコにつながるのだから、結果オーライということにしておきたい。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 『唯一郎句集』 レビュー #31 | トップページ | テレビとラジオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そういえば先日ラジオ聞いてたら、広告付き国産割り箸「」
なるものを紹介していました。

「アド箸とは」で検索したら、紹介記事もありましたので、ご参考までに
URLを添えます。

広告付き国産割り箸「アド箸」で売り上げも社会貢献も両立
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081205/117793/

マイ箸をもつ自由も、気味の悪い箸を避ける自由も、なにもひとに
断らずとも約束されていて欲しいなぁと感じました。

先輩がおっしゃるように、日本の林業のために使う箸ならやはり
国産の割り箸がもっと飲食店に普及なくてはなりませんね・・・

投稿: banan | 2009/06/08 15:29

それなら、ちゃんとした国産杉の割り箸を持ち歩
くって言うのはいかがでしょう?

それなら確実にエコ」な「マイ箸」として堂々と
使えますよ(^-^)

投稿: 蝠樂亭 | 2009/06/08 22:58


tak-shonai さんは、マイ箸の他にも、エコを心がけているのですか?
それとも、「せめてこれだけは」という意識で (笑) マイ箸だけを励行しているのですか?

投稿: alex99 | 2009/06/08 23:25

banan さん:

「アド箸」、なかなかいいアイデアですね。
もっと普及すればいいのにと思います。

投稿: tak | 2009/06/08 23:39

蝠樂亭 さん:

>それなら、ちゃんとした国産杉の割り箸を持ち歩
くって言うのはいかがでしょう?

なるほど、その手もありですね。
バッグの中に常に 4~5膳取りそろえておいて、その都度きちんと使い捨てるというのは、なかなか粋かもしれませんね。

マジにやってみたくなりました。

投稿: tak | 2009/06/08 23:42

alex さん:

>tak-shonai さんは、マイ箸の他にも、エコを心がけているのですか?
>それとも、「せめてこれだけは」という意識で (笑) マイ箸だけを励行しているのですか?

大袈裟なことではないんですが、小さなことなら。

ゴミの分別の徹底、
新聞・雑誌・牛乳パック・発泡スチロールなどのリサイクルへの徹底協力、
買い物でのマイバッグ、
台所での中性洗剤不使用、
下水に油を流さないためにボロ布などで拭き取る、
エコ運転 (アイドリング・ストップ、停止時から時速 20km/h まで達するのに 5秒以上かけるなど)、
買い物してポイントが貯まったら自分の買い物に還元しないでエコ基金に寄付する

とか、ちまちましたことを積重ねてます。
本当は、太陽光発電とかハイブリッドカーとかにも投資したいんですが、先立つものが足りないので、それは先延ばしです。

投稿: tak | 2009/06/08 23:58

異常に白い割り箸がありますね。あれなんか確実に漂白してますね。使用に躊躇してしまいます。

私もマイバック持参でスーパーに行きますが、見てるとマイバック派はほとんどいません。一回二円割引で50回買い物してやっと100円だからでしょうか。私の場合、年に200円ですね。残念なことに地域ではそれをエコ基金に寄付する仕組みはありません。

プラスティックバッグはどうも石油化学産業から出る“廃材”でできてるようで石油の有効利用という説もありますね。
プラスティックゴミがある程度燃やすゴミに混在することによって、ゴミがよく燃える効果もあるようで、分別の進んだ自治体では、燃やすゴミだけでは燃えが悪くて、上から重油をかける事例もあるようです。
マイバッグ持参の意義は実際どうなんでしょうか。私にはあまり自信が有りません。

投稿: 偽浜っ子 | 2009/06/09 06:27

私もマイ箸は地場産「会津塗り」の箸です。(工房で買った安い物ですが。。。)

国内森林保護もですが、荒れた竹林対策のためにももっと竹材の割り箸って言うのも、普及しても良いと思うんですがね。意外と都市部でも荒れた竹林って見かけるんで。

けど人件費の方がかかるのかなぁ。
漫画の殿堂作るんだったら、そういった人件費って緊急雇用対策でできないかなと思います。

投稿: 雪山男 | 2009/06/09 08:33

偽浜っ子 さん:

>プラスティックゴミがある程度燃やすゴミに混在することによって、ゴミがよく燃える効果もあるようで、分別の進んだ自治体では、燃やすゴミだけでは燃えが悪くて、上から重油をかける事例もあるようです。

えぇと、alex さんへのレスで、「ゴミの分別の徹底」 と書きましたが、いわゆる 「ビニール袋」 は意識して 「燃えるゴミ」 として出しています。

環境ホルモンとやらを出す PVC は、今はほとんど使われてませんので、安心してそうしています。また新しい知見でヤバイとかいうことになるかもしれませんが。

プラスティック袋まで燃えないゴミにしてしまったら、レジ袋、ビニール袋の捨て場があっという間になくなってしまうと思います。

>マイバッグ持参の意義は実際どうなんでしょうか。私にはあまり自信が有りません。

少なくとも、小売店でのコスト削減になると思います。そして、ゴミは減ります。
廃油はもっと意味のある用途に使われるようにすればいいんじゃないかなあ。

投稿: tak | 2009/06/09 08:57

雪山男 さん:

>私もマイ箸は地場産「会津塗り」の箸です。(工房で買った安い物ですが。。。)

おぉ、私の無印良品の箸より趣がありそうですね。

>国内森林保護もですが、荒れた竹林対策のためにももっと竹材の割り箸って言うのも、普及しても良いと思うんですがね。意外と都市部でも荒れた竹林って見かけるんで。

竹の割り箸も、多くは中国製らしいので、油断がなりません ^^;)

ご指摘のようにコストの問題が大きくて、割り箸による国内環境保護というのは、なかなか難しいところがあります。

投稿: tak | 2009/06/09 09:01

banan さん:

ちょっと考えが変わりまして、二度目のレスになります。

>「アド箸」、なかなかいいアイデアですね。
>もっと普及すればいいのにと思います。

いや、決して 「アド箸」 に全面的に反対するわけじゃないんです。

ただ、アド箸には、パッケージの紙袋が付きものというところにちょっと引っかかります。
既に紙袋付きがデフォルトの市場 (駅弁の箸、コンビニでくれる箸、料亭の箸など) は、まだいいんです。

しかし、中国製の安物の最大市場であるファーストフード (立ち食いそば、牛丼チェーン) などでは、パッケージは元々付いていません。

この市場の割り箸を 「アド箸」 に置き換えると、国内間伐材の市場拡大にはなりますが、その分、紙資源の浪費になってしまいます。

ということで、間伐材用途の圧倒的拡大には結びつきませんね。
ただ、少しずつでもいいから、アド箸が増えることには意味があるでしょう。

そもそも割り箸に紙袋のパッケージが必要かという根本的な議論は、この際おいとくとして。

投稿: tak | 2009/06/09 09:12

ああ、なんかそこまでは考えておりませんでした。とりあえず、そういう形であっても国内の間伐材の出口が出来て、荒れた杉林が減ってくれたらいいかな、と。(スギ花粉症なので)

むきだしの箸使用のとこなら、箸立てに広告を入れるとか?というのは冗談として、物事は深く連なっていて、単純に簡単にはいかないのですね。

アド箸はともかく、前回宣言したのにマイ箸の決意をすっかり忘れてました。帰国して以来、便利な日本生活にポヤーッと浸っておりました。今回拝読して、割り箸の毒気でウワッと思いました。うるさい音のならない箸箱で箸が折れないように考えて持ち歩いたほうが気持ちよさそうですね。
やっぱマイ箸、すっとだすひとはカッコイイと思います。。。

乱文ですみません

投稿: banan | 2009/06/09 11:10


tak-shonai さん

マイ箸以外のエコ対策に、ご立派です
私も、ほぼ同じようなことをしていますが、ポイントの寄付という事には気がつきませんでした
マイ箸はやっておりません

私達が出来ることは、チマチマしたことですが、その実体的効果もさることながら、エコ対策の励行という意識が大切だと思います
それが積もり積もって、国家による有効な対策を換気する(と本当にそうであってくれればいいと思いますが)

私のマイバッグは
L L BEAN という米国のアウトドア用品メーカーの元祖トートバッグのスーツケースほどの大きさがある、エクストラ・ラージ・サイズです
もともとこのトートバッグというものは、米国の北端メイン州で氷を入れて運ぶために作られたもので、今は一部でファッショナブルな見栄えのよいバッグになっていますが、もとはと言えば帆布で出来た純粋な作業用バッグですから、これ以上ヘヴィー・デューティーなものもありません

私はこれを、こよなく愛用しておりまして、買い物もこれにポンポン入れますから、レジ袋とは無縁です
時たま業務スーパーなどに買いだめのため行くときなど、このバッグを数枚持参することもあります
街ではこ~ゆ~格好をしている人を見たことがありません
普段はオシャレな(ウソですが)私の米国的ダウントゥーアースな一面であります
趣味的な書き込みになりました
ご容赦


投稿: alex99 | 2009/06/09 11:12

2007年1月からはじめて、かれこれ2年ですか。
 会社の先輩(スーパー管理職)から、「ちょっと高級な飲食店では『箸ももてなしのうち』で、(お店のみならず同席者にも)失礼に当たる場合があるから、注意して使え。」と、指導を受けました。
 近所の食堂や居酒屋さんなら、両手を上げて「マイ箸ありがとう!」と大歓迎です。
 割り箸の出所の見極めが、なかなか重要と推察いたします。

 アド箸…、焼き鏝で刻印した箸ならカッチョエエのに。
 でも、『人気になりすぎて国産間伐材箸だけでは追いつかない!中国産を導入だ!』ってなっちゃったら、本末転倒だし…。

投稿: 乙痴庵 | 2009/06/09 12:36

banan さん:

>とりあえず、そういう形であっても国内の間伐材の出口が出来て、荒れた杉林が減ってくれたらいいかな、と。(スギ花粉症なので)

そうですね。
とりあえず、現状の紙パッケージを使っている市場で、国内間伐材使用のアド箸が広まれば、間伐材需要は確実に増えるでしょうね。
そうすれば、少なくとも紙の消費自体は増やさずに、森林整備に役立つということになるでしょう。

>うるさい音のならない箸箱で箸が折れないように考えて持ち歩いたほうが気持ちよさそうですね。

和の感覚のマイ箸袋というのが人気のようです。
ただ、これは複数枚もって、毎日洗って交換しながら使う必要がありそうですね。

投稿: tak | 2009/06/09 13:12

alex さん:

L.L. Bean の XL サイズ・トートバッグって、すごそうですね。
日本のサイトで探しても、ラージサイズまでしか見つかりませんでした。

>普段はオシャレな(ウソですが)私の米国的ダウントゥーアースな一面であります

さすが、元ワンゲル !

私は、米国のビジネス・フェアで、Lawson という IT ベンダーのブースでもらった、これもかなりでかいトートバッグを使っています。

Lawson といっても、日本のコンビニとは関係ありません。
米国のトートバッグは、とにかくでかいので、ありがたいです。

投稿: tak | 2009/06/09 13:19

乙痴庵 さん:

>2007年1月からはじめて、かれこれ2年ですか。

マイ箸キャリアは同じということになりますね (^o^)

 会社の先輩(スーパー管理職)から、「ちょっと高級な飲食店では『箸ももてなしのうち』で、(お店のみならず同席者にも)失礼に当たる場合があるから、注意して使え。」と、指導を受けました。

私も高級なお店では、多分国産の割り箸だろうと信頼して、店で出されたものを使っています。

>近所の食堂や居酒屋さんなら、両手を上げて「マイ箸ありがとう!」と大歓迎です。
>割り箸の出所の見極めが、なかなか重要と推察いたします。

まさに、その通り。

>アド箸…、焼き鏝で刻印した箸ならカッチョエエのに。

うまく機械化して生産コストがかからないようにしたら、ビジネスモデルとして、いけそうな気がします。
誰かやってくれないかなあ。

>でも、『人気になりすぎて国産間伐材箸だけでは追いつかない!中国産を導入だ!』ってなっちゃったら、本末転倒だし…。

人気になりすぎる心配はないでしょうが、コストカットのつもりでそんなことしやがるヤツが、きっと現れそうな気がします。
よぉくウォッチしないと。

投稿: tak | 2009/06/09 13:28

私のマイ箸は、半分になっているのをネジで繋いで使うタイプです。
そのままのサイズではいつも持ち歩いているバッグに入りづらいので、お土産屋さんで見つけた時に即買いしました。
木のケースに入って、民芸調の布袋が付いています。
でも、よく行くお店は割り箸を使っていないので、出番はほとんどありません(笑)

自宅でも、割り箸は使わないですね。
ン年前にどこかの店で出ていた竹割り箸を持ち帰ってきて、それを延々と使い回しています。
エコというより、ケチなんです・・・

間伐材は、木製猫のトイレ砂で活用させていただいてます。

投稿: karin | 2009/06/09 15:59

>えぇと、alex さんへのレスで、「ゴミの分別の徹底」 と書きましたが、いわゆる 「ビニール袋」 は意識して 「燃えるゴミ」 として出しています。

これをやると横浜市ではゴミを持っていってくれません。係員が中身をチェックしてから収集車に投げ込みます。
ペットボトル以外のプラゴミは全てプラゴミの日に出さなければなりません。(ペットボトルは食品容器の日に出します)
各家庭にはゴミの出し方マニュアル(30ページ位)が配布されています。そこには家庭から出そうなゴミが全て記載され、どの種類のゴミとして分類すべきか書かれています。以上、このような徹底した分別をしている自治体もあるということを参考までに。
マイ箸の話題から逸れてしまって済みません。

投稿: 偽浜っ子 | 2009/06/09 20:34

帰国して半年ころから、生協に入りました。安い中国産もありますが、なんでもわりと国産の選択肢を用意しているところが気に入っています。

そしたら昨日、次週注文分を見ようとカタログをめくっていたらタイムリーに国産間伐材を使った割り箸が2種類出てました。どちらも大体100膳一組で800円と分かり新鮮な気持ちでまじまじ見てしまいました。

国産は高いから出回らない→10円もしない、なんて意外でした。(お店なんかも、10円出したら国産割り箸をつけてくれるようなシステムになったら最高かも)

子供が小さく、大人の食事が口に合わずレストランで外食も滅多にありません。流れ的に、仕方なく外で取るか、という感じで行くので・・・めったにない出番に備えてバッグにいれっぱなしにしておくなら、この割り箸いいかも・・・と悩んでしまいましたsweat01(でも、100膳もあったら夫に怒られそうだから断念)

自分で箸袋作って持ち歩くなら出来そうな気がします。もちろん娘の分も入るように作らなくちゃですが・・・そうなると夫の分もないと角が立つか・・・時間を見つけてちくちくやるの楽しみだけど、秋くらいになりそうかもsweat02

投稿: banan | 2009/06/10 10:46

karin さん:

>私のマイ箸は、半分になっているのをネジで繋いで使うタイプです。
>そのままのサイズではいつも持ち歩いているバッグに入りづらいので、お土産屋さんで見つけた時に即買いしました。

私の友人も、そのタイプを使ってます。
私は、いちいちネジでつなぐのが面倒なので (根が無精なもので ^^;)、フツーの箸を使っています。

ネジじゃなくて、ワンタッチで伸び縮み式のがあるみたいで、それならいいなあと思っていますが、まだ巡り会っていません。

東急ハンズあたりに行けばありそうな気がしますが。

>自宅でも、割り箸は使わないですね。
>ン年前にどこかの店で出ていた竹割り箸を持ち帰ってきて、それを延々と使い回しています。
>エコというより、ケチなんです・・・

我が家でも、麺類を食べる時はそうです。
竹の割り箸はなかなか長持ちして、使い心地もいいですね。

ちょっとした贅沢な外食で、気に入った竹割り箸があったら、私、迷わず持ち帰ります ^^;)

投稿: tak | 2009/06/10 12:52

偽浜っ子 さん:

>>えぇと、alex さんへのレスで、「ゴミの分別の徹底」 と書きましたが、いわゆる 「ビニール袋」 は意識して 「燃えるゴミ」 として出しています。

>これをやると横浜市ではゴミを持っていってくれません。係員が中身をチェックしてから収集車に投げ込みます。

なんだか、やりすぎみたいな気がしますね。
ただ、焼却炉の能力にもよるみたいなので、何とも言えませんが。

投稿: tak | 2009/06/10 12:54

banan さん:

>そしたら昨日、次週注文分を見ようとカタログをめくっていたらタイムリーに国産間伐材を使った割り箸が2種類出てました。どちらも大体100膳一組で800円と分かり新鮮な気持ちでまじまじ見てしまいました。

昔みたいな大家族ならいざしらず、100膳一組とは、ロットが大きすぎますね ^^;)

ご近所とかお友達とかで、共同購入という手がありそうですね。

業務用に大量に使うと、中国製使用の場合と比べてコスト差が大きくなりますが、一般家庭で使う分には、大した負担にはなりませんから、国産割り箸を使いたいものですね。

とはいえ、ウチなんか、karin さんのコメントのレスに書いたように、ちょっとした高級店の竹割り箸を持ち帰って、延々と使い続けたりしてますけど ^^;)

投稿: tak | 2009/06/10 13:16

昨年(2015年)末に参加した忘年会で友人がマイ箸を使っていて、「おお、今でもマイ箸使っている人はレアだ」と思って、「マイ箸」で検索したら、なんだかお馴染みのブログに行き当たりました(笑)(Googleではトップ10に入るようです)。

takさんは今でも使っていらっしゃいますか。私は今日のランチで久しぶりに使ってみました。↑でkarinさんが書いているような、ネジで繋ぐタイプです。

投稿: 山辺響 | 2016/01/15 15:44

山辺響 さん:

もちろん、まだ使ってますよ。

Google 検索の結果は、ちょっとビックリです、
ただ、間伐材利用だからエコのためになるという見解がより上位に来ていて、ムッとしました ^^;)

投稿: tak | 2016/01/15 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/45274713

この記事へのトラックバック一覧です: マイ箸を使う本音の動機:

» 携帯マイmy箸運動販売情報 [携帯マイmy箸運動販売情報]
携帯マイmy箸運動販売情報です。 [続きを読む]

受信: 2009/06/17 12:01

« 『唯一郎句集』 レビュー #31 | トップページ | テレビとラジオ »