« 百貨店の衣料品売り上げ | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #34 »

2009/06/19

たった 1日の昨日が戻るなら

週刊 「日経トレンディ」 のメルマガに 「リッチに学べる! 0円大学 & 0円図書館」 という記事タイトルがあり、無料に弱い私としては、さっさくクリックしてみた。

リンク先はかなり凝った重厚な画像をちりばめたページで、ちょっと横道に逸れるが、こちらの病院のサイト とは全然趣が違う。

上記の病院のサイトは、あまりお疲れでない時に見て頂けるといい。お疲れの時だと、目眩がするだろうから、要注意。それで来院が増えるなら病院としては、それはそれでいいのかもしれないけど。

本題に戻ろう。このサイトで紹介されているのは、学外者でも自由に出入りできる大学施設ばかり (参照)。東京大学 総合研究博物館 小石川分館、聖心女子大学 旧島津侯爵邸など、画像を見ているだけでも行ってみたくなるところばかりだ。まさに、アートと知識の宝庫である。

その中で、ぐっとくるほど懐かしくなったのが、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館である。20代前半、ここにはよく通ったなあ。文学部キャンパスではなく本部キャンパスにあるというのが、ちょっと癪に障るところだけれど、ここは、演劇学の知識の宝庫なのである。

なにしろ、建物の造りからして、シェイクスピア時代の劇場を模してある。正面入り口が舞台で、周囲が桟敷、玄関前が平土間ということになっている。その気になれば、ここでシェイクスピア劇を本格的に演じることができるし、実際に何度も上演されてきた。

私は第一文学部演劇学科というところを卒業して、またまた物好きにも、その上の文学研究科芸術学専攻なんていうところに行ってしまい、そこで歌舞伎の研究なんていう、あまりお金儲けの役には立たない学問をやったので、この演劇博物館には通い詰めだった。

今はどうなっているか知らないけれど、当時は大学院に在籍しているという学生証を見せれば、膨大な書庫の奥まで自由に入り、分厚い本をいくらでも開いてみることができたから、一日いても飽きなかった。私にとっては天国みたいなところだった。

"Me and Bobbie McGee" という歌に、「俺は、たった 1日の昨日 (single yesterday) と全ての明日 (all my tomorrows) を取り替えてもいい」 という歌詞がある。

クリス・クリストファーソンのこの歌は、「ボビーの体を抱きしめていたたった 1日の昨日が戻るなら」 と歌っているのだが、私は、演劇博物館に入り浸っていたたった 1日の昨日が戻るなら、ついほろりとそんな気持ちになってしまいそうだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 百貨店の衣料品売り上げ | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #34 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

郡司先生が早稲田の演劇でしたっけ。著作には手が出ませんでしたが、たぶん雑誌に掲載された論文か何かを読んだような気がします。Me and Bobbie McGeeは、ジャニス・ジョプリンの「Pearl」で聴いたような気がするけど同じ曲だろうか。

投稿: 山辺響 | 2009/06/19 17:12

本題ではないほうのサイトを覗いてしまいました。
0円大学と比べると手作り感が満載ですね(^^;

院長先生はPC8001の頃からパソコンをいじられているようですが、HPも何となく8ビット時代を彷彿とさせるものになっている気がします。

目はチカチカしますけど、個人的にはこういうユニークなサイトは人間味があって好きですね。

投稿: ぐすたふ | 2009/06/19 18:19

1日の昨日が戻るなら…。

 2012年の12月あたりに、そんなことを思うのかも知れません。

投稿: 乙痴庵 | 2009/06/19 19:59

山辺響 さん:

>郡司先生が早稲田の演劇でしたっけ。

私の恩師です。
「本当に大切なのは、目に見えないことなんだよ」 と、いつもおっしゃっていました。

ちょっと北海道訛りで、「みにめぇないことなんだよ」 と聞こえるところが好きでした。

>Me and Bobbie McGeeは、ジャニス・ジョプリンの「Pearl」で聴いたような気がするけど同じ曲だろうか。

まさにその曲です。

ジャニスが歌うと、ボビー・マギーは男になっています ("he" と歌っていますので)、オリジナルのクリス・クリストファーソンの歌では、"she" です。

ボビーって、男の名前にも女の名前にも取れますから、こうなります。

関連記事として、以下をどうぞ。

http://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2008/12/post-1b48.html

http://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2008/12/post-6e61.html

投稿: tak | 2009/06/19 23:43

ぐすたふ さん:

>本題ではないほうのサイトを覗いてしまいました。

私は、夜中に覗いてみて、「むひゃひゃひゃあ~~!」 と大笑いして、家族のひんしゅくを買いました ^^;)

>目はチカチカしますけど、個人的にはこういうユニークなサイトは人間味があって好きですね。

何事も徹底することが大切なのかもしれません (^o^)

投稿: tak | 2009/06/19 23:46

乙痴庵 さん:

>1日の昨日が戻るなら…。

> 2012年の12月あたりに、そんなことを思うのかも知れません。


わはは (^o^)
紅白はラジオで聞きましょう。

投稿: tak | 2009/06/19 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/45387740

この記事へのトラックバック一覧です: たった 1日の昨日が戻るなら:

« 百貨店の衣料品売り上げ | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #34 »