« 『唯一郎句集』 レビュー #48 | トップページ | 海外でぼったくられまくる日本人 »

2009/08/09

『唯一郎句集』 レビュー #49

唯一郎の俳句作品は、雑誌 「海紅」 に載ったものが最も多い。句集の中の半分以上を占めるほど多い。

だから、ほかの雑誌や新聞に載ったものをこれまでレビューしてきて、「海紅」 時代に入ると、時代が遡って、まるでレビューのレビューをしているような気がする。

今日は 2句のレビューだが、「海紅」 初期の、まだ若かりし頃の作品である。まだ結婚もしておらず、瑞々しい少年と青年の狭間の頃の感性がうかがわれる。

さっそくレビューしてみよう。

母の前にて箸更へる夏帯びも事なげに結び

箸を更えるとは、小さな非日常である。日本の食事作法の特徴の一つは、主食の椀と箸が、家族それぞれの専用であるということだ。椀も箸も、ある意味では自分の分身である。

その箸を更えるとは、単に古びたから新しいものに替えるというだけではなく、「更」 という字を使っていることからもわかるように、生活のステージが更新されるというほどの意味を持つ。もしかしたら、自分で選んで誂えた箸かもしれない。

その日、初めて夏帯に更えた。帯を結ぶのに母が手伝ってくれていた子どもの時代は、そう遠いことでもないような気がするが、今の自分は事もなげにできてしまう。

精神が独立しつつある唯一郎である。

ある時麻畑をめぐり我身ひじりの如き

麻畑の麻は背丈より高く繁っているだろう。それを廻ると、空しか見えない。ということは俗世間への視線が遮断されたということだ。

しかも、麻は古来より神聖な植物とされてきた。そうした雰囲気に包まれて、空の高みを見上げる。

ひじりとは、聖なるものである。位の高い僧ではない。零落した放浪僧というイメージがある。自分がそうした放浪僧のように思われる。しかし精神は高く保とうと思っている、若き日の唯一郎。

本日はこれぎり。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 『唯一郎句集』 レビュー #48 | トップページ | 海外でぼったくられまくる日本人 »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/45866237

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #49:

« 『唯一郎句集』 レビュー #48 | トップページ | 海外でぼったくられまくる日本人 »