« 良識の落とし穴 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #55 »

2009/08/22

『唯一郎句集』 レビュー #54

ウチのサイトは休日のアクセスが急減する。そこで最近の週末は、超地味ネタの 『唯一郎句集』 のレビューをしている。

ところが今週は缶詰め出張をしていた関係で、水曜日まで句集レビューをしていた。そしてまた週末なので、7日のうち 5日が 句集レビューというスペシャル・ウィークである。

前回まではちょうど今時分の季節の句だったが、今回は少し暦が進んでしまって、秋の彼岸の頃の句である。しかも、今日はたった 1句である。1ページに 1句しか載っていないので、そういうことにする。

これまでは、1ページに 1句だと、となりのページの 2~3句と一緒にしてレビューしてきたが、今回はとなりのページに 4句も載っているので、合わせて 5句になる。それではちょっと疲れる。

前回のレビューに加えておけばよかったようなものだが、前回は出張前の予定稿を書きためた関係で、次のページのことまで気にしていられなかった。それで、今日はたった 1句のレビューである。

彼岸花を剪り静かに伏せて行きしはたれぞ

夏が過ぎ、彼岸花の咲く頃の句だ。なかなか印象的な作品である。とりあえず 「剪り」 は 「きり」 と読むことを確認しておこう。

夏の陽気な花が咲き終わって地上が静かになりかけたときに、その間隙を縫って、彼岸花はが妖艶なまでの色の花を咲かせる。それがとても目立つ。彼岸の頃に咲くだけに、死者の思い出を蘇らせる。

そうした彼岸花を正視するに耐えない誰かがいたのだろう。花だけを剪り、根元に静かに伏せて行った、その気持ちを唯一郎はとてもよくわかっている。

本日は本当にこれのみ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 良識の落とし穴 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #55 »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/45994331

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #54:

« 良識の落とし穴 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #55 »