« 『唯一郎句集』 レビュー #47 | トップページ | 「お返し」 という風習 »

2009/08/03

やっぱり梅雨は長引いた

いやはや、忙しい。自分から忙しいなんていうのはあまり好きじゃないのだが、正真正銘忙しいのだから、この際、遠慮なく書いてしまう。とにかく忙しい。

やるべき事が 3つも 4つも重なって、手を付けてくれるのを待っている。ところがなかなか手がつかない。えらいことである。

というわけで、今日はあまり長いことは書けない。そのかわり、ちょっと自慢である。

今日、関西・東海地方の梅雨明けが発表された。関東はとっくに梅雨明け宣言が出ているが、実際のところは戻り梅雨気味で、ずっと梅雨が続いていたようなものだ。多分、気象庁はデータを修正することになるだろう。

今年の 5月 1日、私は、、「今年、旧暦 5月が 2度あるということは、五月雨、つまり梅雨も長引きそうだ」 と書いている (参照)。今年は実際、旧暦では閏 5月があるので、五月雨の時期が長引くだろうと書いたのだ。旧暦は日本の季節感にうまく当てはまるといわれるが、結果としてやっぱり梅雨も長引いた。予想通りである。

もっとも、これは私の自慢というよりは、旧暦の強みではあるのだが。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 『唯一郎句集』 レビュー #47 | トップページ | 「お返し」 という風習 »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

おかげ様で、『実は閏五月って…』の説明(うんちく)を展開して、なんだか割の良い状態です。(ルン!)
takさんの記事がなければ、思いも寄らない出来事です。誠にありがとうございました。

以降、どんな気象になるかは想像つきませんが、案外“毎年異常気象”で決め付けちゃぁいかんなぁ…、という心持ちです。

いずれにせよ、その時の気象を、憂いながら楽しむ、対処を考える、過去はどうなんだ!と、展開出来るよう、精進します。

投稿: 乙痴庵 | 2009/08/03 19:32

乙痴庵 さん:

>いずれにせよ、その時の気象を、憂いながら楽しむ、対処を考える、過去はどうなんだ!と、展開出来るよう、精進します。

気象に限らず、これができるといいですね。

投稿: tak | 2009/08/04 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/45825009

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり梅雨は長引いた:

« 『唯一郎句集』 レビュー #47 | トップページ | 「お返し」 という風習 »