« レス・ポールよ、永遠に | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #51 »

2009/08/16

『唯一郎句集』 レビュー #50

本日から 4日間、缶詰め状態の忙しさになるので、多分 "Today's Crack" の更新ができないのではないかと思う。

仕方がないので、『唯一郎句集』 のレビューを書きためておいて、自動更新されるようにセットしておくことにする。

今日は枇杷の登場する 3句である。前にも枇杷の出てくる句があったような気がして、検索をかけてみたが、見つからなかった。ちょっと意外である。

さっそくレビューしよう。

われ枇杷をふり仰ぐさみしき心せぬとき

庭に枇杷の木があったのだろう。その枇杷の木をふり仰ぐのは、「さみしき心せぬとき」 であるという。

心淋しいときには、枇杷をふり仰ぐこともできない。枇杷の実のなるのは晩春から初夏である。さわやかな気持ちのする季節、取り立てて気持ちが高揚したわけでもないが、ようやく枇杷を見上げる気持ちになった唯一郎。

我家の如く振る舞ひ枇杷の種が大きく

枇杷の種がいくら大きいといっても、それが家の中でそれほど堂々とした位置を占めるわけでもない。しかし唯一郎独特のクローズアップ手法では、それがとても大きい存在である。

我家のごとく振る舞うほどの枇杷の種が、艶々と輝いている。種の大きさと、その背後の小ささ。

はづかのたたみの温もりを親しみて枇杷を食ふ夜

さあて、困った。唯一郎句集を読んでいると、時々見慣れない言葉が出てきて、どういう意味だかわからないことがある。よく考えればわかるのだが、この 「はづかの畳の温もり」 は、本当に困った。「はづか」 って何だ?

「二十日」 かとも思ったが、それでは意味が続かない。もしかして 「僅か」 かもしれない。かなり古い時代の古語表記では 「はつか」 というのがある。発音通りに濁点をふれば 「はづか」 である。

ここでは、「わずかな畳の温もり」 という解釈を採用しよう。

畳がひんやりと冷たい季節を過ぎ、枇杷を食べる頃はようやく畳が温もりを持つ頃だ。夜更けになっても、その温もりは失われない。ざ

その温もりがうれしいが、家族の誰とともにということもなく、一人で夜更けの枇杷を食う唯一郎。

本日はこれまで。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« レス・ポールよ、永遠に | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #51 »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/45866291

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #50:

« レス・ポールよ、永遠に | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #51 »