« 「流行語」 という言葉が死語になる日 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #79 »

2009/11/14

『唯一郎句集』 レビュー #78

前回レビューしたのは秋の季節の句だと思うが、次のページに載せられているのはもう初夏の句である。

『唯一郎句集』 の時系列は、ちょっと怪しいところがある。これもみな、唯一郎が作り捨て主義で、句帳というものを持たなかったために、後で整理しにくかったのだろう。

さっそくレビューである。

茂り黒ずむ山麓の川白い浪をたてて

山肌の木が葉を茂らせ、若葉の新緑の頃を越えると色が濃くなる。それを 「茂り黒ずむ山麓」 と言っているのは、かなり思い切った言い方である。

これは多分、最上峡のあたりの光景だろう。五月雨を集めて水量の増えた最上川が、しぶきをたてて流れる。

初夏の眩しい光、緑の濃くなる山肌、そして白い浪。絵画的とも言える句だ。

あみだにかむせて吾子と出づ桐の花落ちくる

子どもの頭にあみだにかむせたのは、多分、麦わら帽子だろう。林の中を行くと、日射しと葉の影がめまぐるしく交錯して、目眩を覚えるほどだ。

無言で連れだって歩く親子に、桐の花びらが降りかかる。

芍薬の日覆に片ほほをかげらしているや

「日覆」 は、ここは 「ひおい」 と読みたいところである。庭先に芍薬の花が見事に咲いて、まるで日除けのようになっている。

縁側に立って庭を眺める子どもの片ほほに、芍薬のかげが映り、コントラストになっている。もう片方は、陽をうけて白く輝いている。

本日はこれぎり

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「流行語」 という言葉が死語になる日 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #79 »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/46762289

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #78:

« 「流行語」 という言葉が死語になる日 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #79 »