« 自民党の 「気骨」 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #83 »

2009/11/28

『唯一郎句集』 レビュー #82

11月ももう 28日になってしまった。何度も書いたような気がするけれど、今年は時の経つのがものすごく早く感じる。

月曜日が祝日で休みだったので、いつもの 1週間よりさらに早く土曜日が来てしまった気がする。昨日の昼過ぎまで、まだ木曜日のように錯覚してたほどである。

実際の時の流れもこんなに早いのに、『唯一郎句集』 はもっとすごい。前回が冬の句だったのに、今回はもう、早春になっている。早春といっても庄内の早春だから、まだまだ淡雪が降ったりもするのだが。

さっそくレビューである。今回は珍しく、1ページに 4句載っている。

淡雪ふる春の海ぎしの空瓶一つ

春の海岸。酒田は最上川河口に開けた港町で、港の界隈を離れればすべて庄内砂丘になる。つまり、広大な砂浜だ。

その広大な砂浜に佇む唯一郎の肩に、春の淡雪が落ちてくる。落ちてきてはすぐに消える。

消えずにいつまでも視界にとどまっているのは、砂浜に打ち上げられた空瓶一つである。その向こうには、冬の間の荒々しさは消えたものの、まだ荒涼とした空の色と解け合う日本海である。

道化者の父子に猫柳の芽がくれかかる

川岸によく生えているのが猫柳の木で、春先にほかの花に先駆けて、ふわふわとした花穂を付ける。春の訪れをいち早く告げてくれるので、それを見ただけで、東北の人間はうれしくなる。

子どもを連れて川岸を歩く唯一郎。猫柳の花穂を見ながら、他愛ない話でいつになく盛り上がる。

春の日の落ちるのは、まだ早い。白い花穂が夕陽の赤味に染まり、だんだん日が暮れていく。

ひとり遠火事をきいている春の夜の小雨となる

酒田は火事の多い街だった。とくに冬の間は季節風にあおられて大火事になりやすい。記憶に新しいのが、昭和 51年の酒田大火だが、それほど大火事でなくても、大正末期から昭和初期の酒田では、火事は日常茶飯事だったのだろう。

風の強い季節を過ぎた穏やかな夜だから、遠くで火が出ても、それほど心が騒ぐこともなかっただろう。それに、冷たくない春雨が降り出した。大火事にはならないだろう。

縁側で半鐘の音を聞きながら、日常と非日常の境目で、ぼんやりと遠くを見ている唯一郎。

朝接木をしつつつつましく落ちて行くこころ

朝、庭に出て接木をする。昔の人はこのくらいのことは皆、当たり前にやっていた。

接木をしながら、「つつましく落ちていくこころ」 とは、どんな心で、どこまで落ちていくのだろう。

「落ちる」 といっても、育ちがよく、親孝行で子煩悩な唯一郎の心は、決して堕落するというわけではない。つつましく、ふわりと落下する。落下したところは唯一郎独特の、日常と非日常の微妙な境目である。

本日はこれにて。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 自民党の 「気骨」 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #83 »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/46878627

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #82:

« 自民党の 「気骨」 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #83 »