« 「辺野古」 を巡る冒険 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #85 »

2009/12/05

『唯一郎句集』 レビュー #84

あっという間の師走。このレビューを始めた当初は、年内か、そうでなくても来年の初め頃には完了できそうに思っていたが、とんでもない。来年の春まではかかりそうだ。

前回は雪の降る頃の句のレビューだったが、今回はもう晩夏から初秋の句である。この句集、所載の時系列は、はなはだ怪しい。

まあ、そんなことを言っていても仕方がないから、さっそくレビューである。

わづかに灯のとどき秋めくを石のすはり

庭の片隅、家の中の灯りがわずかにそこまで届く薄暗がり。そこに庭石がある。夏の間は座りが悪く感じたが、妙に静まってみえるのは、秋めいてきているからだろうか。

家族の誰も気付かない、心の半分は家の中に収まりきれない唯一郎独特の感性。

母唐きびをやくにそれをじつとまつている

母が唐きび (とうもろこし) 焼いている傍らで、焼き上がるのをじっと待っている唯一郎。

半分は子どものような感覚。もう半分は、老い行く母の後ろ姿を見守りたい大人の感覚。

フアッシヨのともたち青萱原の風吹くに没す

イタリアでファシスト党が結成されたのは 1921年、大正 10年だから、大正末期から昭和初期の日本ではもう、「ファッショ」 という言葉はお馴染みだったのだろう。

「ファッショのともたち」 とは、この全体主義かぶれの友人達のことを指しているのだろうが、唯一郎にはファッショに対する共感があったようには思われない。どうも突き放した見方をしているようだ。

青い萱原が風に揺れる。その中に彼らは消えて行く。そこに唯一郎はそこに何を見ていたのか。

本日はこれにて

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 「辺野古」 を巡る冒険 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #85 »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

>母唐きびをやくにそれをじつとまつている

この感覚はよく分かりますね。
このなんでもない瞬間、いつまで続くのだろうかこの幸福 といった思いもあったのでしょうか。

投稿: ハマッコー | 2009/12/06 01:28

ハマッコー さん:

>この感覚はよく分かりますね。

そうですね。
母が亡くなってしまうと、リアルタイムでもっとわかっていたかったなという気がします。

投稿: tak | 2009/12/06 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/46944849

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #84:

« 「辺野古」 を巡る冒険 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #85 »