« 6年連続毎日更新で思うこと | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #91 »

2009/12/26

『唯一郎句集』 レビュー #90

ずっと週末に続けてきた 『唯一郎句集』 のレビューだが、今年は今日と明日だけになった。残りは来年に持ち越し。

今年の 12月はやたらと忙しくて、もうクリスマスが過ぎてしまったような気がしない。それでも、今日を入れてあと 6日間しかないのである。せわしないことである。

今日のレビューは 2句。前回が初夏の句だったが、今回はもう秋の近付く頃の句だ。句集の進行もかなり忙しい。

ともかくレビューである。

秋近き夜の金箔をとばし佛師かなしめり

不思議な句である。内容はフィクションなのだろうが、何かの暗喩としても読める。秋の近付く頃、風に金箔を飛ばされた仏師の哀しむ姿というのは、一体何の暗喩なのだろう。

人たれか日没の茄子畑に立ちとまらざる

日没の茄子畑。茄子の蔓と実がシルエットになって黒く浮かび上がる時分に、その畑に立ち止まる人を待つ。これも不思議な暗喩である。

今日の 2句は、とてもシュールな味わい。唯一郎がよほど感興にのって作ったのだろう。

本日はこれぎり。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 6年連続毎日更新で思うこと | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #91 »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/47114571

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #90:

« 6年連続毎日更新で思うこと | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #91 »