« 大河ドラマの演出手法 | トップページ | 「辺野古」 を巡る冒険 »

2009/12/03

自転車への思い入れ

郊外の街では、住宅街の外れや駅に向かう路地裏などに自転車が置き去りにされていることがある。いわゆる 「放置自転車」 ではなく、文字通り 「置き去り」 なのである。

一時的に自転車を置いてあるというのではない。何日も何週間も、雨ざらしで置き去りにされているのだ。

これらの多くは、持ち主に捨てられたというよりは、盗難にあった自転車のようなのである。何年か前、住宅地の端にある我が家の前の道にも、一台の自転車が何日も置き去りにされていた。まだそれほど古くなっていない自転車である。

どう見ても盗まれたのである。この辺に住む不心得な誰かが、駅前辺りで盗んで乗ってきて、自分の家の前に置くわけにいかないから、住宅地の端の我が家の前まで持ってきて、そのまま置き去りにしたに違いない。それで、警察に電話してみた。

「盗品と思われる自転車が、我が家の前に置き去りにしてあるんですが、引き取って持ち主を捜してもらえませんか?」
「それはできません」
「どうして?」
「盗難自転車じゃなくて、ただ単に、そこに置いてあるだけかも知れないので」
「いや、近所の誰のものでもなくて、そして、何日も置きっぱなしなんですよ」
「それでも、警察が持ち主に無断で持ってくることはできません」

その自転車には防犯ナンバーのプレートが付いているから、それで持ち主を捜してくれと言っても、受け付けてくれないのである。ひどい応対である。きっと面倒がっているのだろう。駅前の放置自転車は時々、有無を言わせず一気に撤去しちゃうくせに。

仕方がないので、私はその自転車を自分で近くの派出所に持ち込んだ。「拾得物」 として届け出れば、文句はあるまいと思ったのだ。案の定、警察は私の主張通り、拾得物として処理してくれた。せっかく持ち込んだものを元の場所に戻せとは、さすがに言いにくかったのだろう。

三日後に、一人の高校生からお礼の電話が入った。高校への通学に使っていた自転車が盗まれて悲嘆に暮れていたのだが、ようやく見つかって嬉しい、感謝するというのである。ほぉら、ちゃんと捜せば、すぐに持ち主が見つかるじゃないか。

高校生ぐらいの年頃の子にとって、自転車は命の次 (いや、さすがに次の次の次ぐらいかな) に大切なものである。私も中学時代に買ってもらった自転車を、高校卒業まで大事に乗った。いや、卒業後も帰郷するたびに乗りまくった。そしてある年の春、自転車を盗まれて途方に暮れていた後輩に譲ってやったので、それからさらに活躍しただろう。

近頃は安物の自転車が消耗品扱いで流通しているようだが、私は今も、自分専用のちゃんとした自転車が 1台あってもいいなと思っている。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 大河ドラマの演出手法 | トップページ | 「辺野古」 を巡る冒険 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

takさん

まずは、一部誤解を招く表現もあるかと思いましたので、以下補足を。

>ひどい応対である。きっと面倒がっているのだろう

所謂、民事不介入という奴でしょうか。
所有権の見地からすれば致し方ない部分もあります。消滅時効の無い強力な権利ですので。>所有権
『持ち主に無断で持ってくることはできない』というのも、実はそれほどおかしな事を言ってる訳でもないのですね。少なくとも警察側の立場では。

とは云え、盗品放置を疑っての防犯登録情報確認照合くらいはして欲しかったのが私見でありますが。


>駅前の放置自転車は時々、有無を言わせず一気に撤去しちゃうくせに。

放置自転車(含む原動機付自転車、いわゆる50cc未満)の撤去は警察ではなく、地方自治体の範疇であったかと。それも対象区域(放置禁止区域)を定めての対応ですね。
これが50CCを超える二輪車や自動車であれば、放置駐車違反取り締まり対象ですから警察も動けるのですが。(ステッカー貼るなりレッカー移動するなり輪止め装着なりをしてくれますネ)
事情に疎い方だと、ケーサツが恣意的に自転車対応をやってると捉えられかねないかと思いまして。

以上、少々脱線気味でした。すみません・・・
さて、

>「拾得物」 として届け出れば~

今回の対応としてはこれが最良の方法でしょうね。警察も否応無しに刑事対応しなくてはなりませんし。

>拾得物として処理してくれた。
職務に忠実な警察官ではないですか。
褒めてあげましょうよ。(笑)

>元の場所に戻せとは~
それは真っ当な警察官であれば口が裂けても言わないでしょう。
大袈裟な言い方ですが、不法投棄の教唆/幇助ですからネ。

職務に忠実な交番のお巡りさんはまだまだいっぱいいらしゃるというのが私の印象です。田舎に暮らしてるからでしょうか・・・

蛇足ながら私自身は警察関係者でもありませんし、極力パトカーや白バイには出くわしたくない種類のヒトですが、それでも日本のお巡りさんは大勢が頑張っていると思うのですね。

>高校生ぐらいの年頃の子にとって

持論ですが、移動の自由/権利というのは参政権/投票権より大事だと考えています。
大概の国で運転免許取得可能年齢が投票権を有する年齢より低いというのがその表れということになりましょうか。
その自由と権利を具現化する手段して自転車が大事なのはtakさんが仰せの通りです。さながら空気や水みたいな存在でしょうか。
特に免許取得年齢以前であれば尚のことですね。

徒歩から自転車に【進化】すると行動半径と視野と視界が格段に拡がったという経験を持たれる方は多いのではないでしょうか。
かくいう私もそのひとりです。

投稿: 貿易風 | 2009/12/04 01:26

貿易風 さん:

法的見地からのご指摘、なるほどと納得しました。
ありがとうございます。

ただ、以下の点ですが、

>所謂、民事不介入という奴でしょうか。
>所有権の見地からすれば致し方ない部分もあります。消滅時効の無い強力な権利ですので。>所有権
>『持ち主に無断で持ってくることはできない』というのも、実はそれほどおかしな事を言ってる訳でもないのですね。少なくとも警察側の立場では。

私は「撤去してくれ」と申し入れたのではなく、「引き取って持ち主を捜してもらえませんか?」 と言ったわけです。

近所で長期間にわたって 「一体誰がこんなところに置いてったんだろうねえ」と訝しがっていて、しかも防犯ナンバーまで付いていたのですから。

「引き取ることはできないが、防犯ナンバーの照会はしてみましょう」ぐらい、言ってもらいたかったなあと。

というわけで、

>とは云え、盗品放置を疑っての防犯登録情報確認照合くらいはして欲しかったのが私見でありますが。

というのが、私の希望でもあったわけです。

>職務に忠実な交番のお巡りさんはまだまだいっぱいいらしゃるというのが私の印象です。田舎に暮らしてるからでしょうか・・・

それは私も同感です。
「ちょっとトロいな」と思わせるお巡りさんも少なくないですが、それはお巡りさんに限ったことではないので、警察官にだけ過剰な要求をしても始まらないでしょうし。

>持論ですが、移動の自由/権利というのは参政権/投票権より大事だと考えています。
>大概の国で運転免許取得可能年齢が投票権を有する年齢より低いというのがその表れということになりましょうか。

なるほど、言えてますね。

一つの土地に根を下ろした生活は尊いですが、それは縛り付けられたものではないという前提がなければなりませんね。

投稿: tak | 2009/12/04 09:09

いつも楽しく読んでおります。

同じような経験があります。
それも何度も。ひどいときは
毎朝自転車が増えていき
3台も並んだ時がありました。

警察の対応ですが
船橋では通報すると
巡査さんがやってきて確認、
持ち主が見つかれば連絡し
見つからなければ
市で回収するようです。

こういうことって
住んでる地域で
違うことがあるのですね。

投稿: 好位置 | 2009/12/04 16:03

好位置 さん:

>同じような経験があります。
>それも何度も。ひどいときは
>毎朝自転車が増えていき
>3台も並んだ時がありました。

同一犯人が盗んでるんだろうなあという気がします。
毎日自転車盗んで帰ってきてるのかもしれませんね。

>警察の対応ですが
>船橋では通報すると
>巡査さんがやってきて確認、
>持ち主が見つかれば連絡し
>見つからなければ
>市で回収するようです。

そうやって迅速に対応してくれるとありがたいですね。
そうでないと、家の前が 「乗り捨て場」 になっちゃう。

投稿: tak | 2009/12/04 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/46923940

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車への思い入れ:

« 大河ドラマの演出手法 | トップページ | 「辺野古」 を巡る冒険 »