« 年賀状の手書きの一言 再考 | トップページ | 久し振りの寝坊 »

2009/12/29

水戸黄門でやってみたい役

ココログには、「コネタマ」 なんていうブログネタ提供サービスがある。で、この 「コネタマ」、いつもはほとほとくっだらないネタばっかりで、到底使う気になんかなれないのである。

ところが、今回は 「水戸黄門にキャスティングされるなら、どの役がやりたいですか?」 というネタで書いてみる気になってしまった。

なにしろ、このネタは TBS ラジオ、「小島慶子キラ☆キラ」 から提供されたネタなのだという。私は昔っから、小島慶子さんというアナウンサーを大層贔屓にしている。彼女の番組からの提供ネタなら、ついふらふらっと書いてしまっても後悔することもないだろう。

「水戸黄門」 に登場する人物の中で、是非やってみたいと思う役がある。それは主役のご老公と風車の弥七である。いくら様式美の世界とはいえ、助さん各さんみたいな、誰がやっても同じになっちまうようなつまらん役はやりたくない。

そこに行くと、ご老公はああみえて、いろいろやり方がある。ああ、底抜けにボケまくりのご老公を演じてみたい。由美かおるに 「一緒に風呂に入らぬか」 なんて、こないだ死んだ森繁久弥風のボケかまして、「カッカッカ」 と笑ってみたい。

ちなみに私は、笑いに関しては、初代ご老公の東野英治郎さんの 「カッカッカ」 が一番ご老公らしいと思っている。だから私の笑いはこれに準じつつも、もう少しだけボケ味の入ったものにアレンジされるだろう。

だがよく考えると、いかんせん、私は身長が 180センチ近くある。この大柄な私がご老公を演じてしまったら、助さん各さんが小さく見えてしまう。それではどうにも不都合だろう。というわけで、主役は泣く泣くあきらめる。

というわけで、第二希望の風車の弥七である。弥七なら、6尺近い体でも、それほど違和感なく演じることができるだろう。それに基本的に一匹狼的な登場の仕方をするので、周囲に気を遣う必要もなく、自由に演技できる。ちょっとクールな弥七を演じてみたい気もするのである。

ああ、そうそう、悪役の越後屋もやってみたい。越後屋をやるなら、とにかくステロタイプで誰が見ても越後屋という、定番中の定番の越後屋をやってみたい。山吹のまんじゅうをお代官に送り、「越後屋、そちもワルよのう」 と言われたら、ものすごく人相の悪い笑いを浮かべて、「ふっふっふ、お代官様こそ」 と受ける。

ああ、やってみたい。このシーン、たまらなくやってみたい。歴史に残る黄金のマンネリズムに加わってみたい。

というわけで、最後に残ったやってみたい役は、「越後屋」 なのであった。

ブログネタ: 水戸黄門にキャスティングされるなら、どの役がやりたいですか?参加数

|

« 年賀状の手書きの一言 再考 | トップページ | 久し振りの寝坊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お、かぶりませんでした。

アタクシは、迷う事なく悪代官希望。

次点が、逆臣の傀儡のふりをしている殿。

水戸黄門レギュラーなら、助さんに斬られる素浪人。
毎回シチュエーションは違えど、レギュラーってことで。

それを言い出したら、時代劇全般の準レギュラーみたいなもんか。

投稿: 乙痴庵 | 2009/12/30 22:21

乙痴庵 さん:

>それを言い出したら、時代劇全般の準レギュラーみたいなもんか。

役者としては食いっぱぐれませんね、きっと (^o^)

投稿: tak | 2009/12/31 00:02

お歳暮時期になると、「越後屋」やってます。
「萩の月」じゃベター過ぎるし、お酒も口に合うかわからんし、洗剤詰め合わせとかだったら一般家庭になっちゃうし、コーヒーセットもありふれてからここ数年は、これ → http://www.yamabukiiro.com/index.html

けっこう、ウケます。 お歳暮でウケを狙ってもしょうがないのですが・・・。

そして、水戸黄門のキャスティングについては、斬られて(峰打ち?)庭に倒れ込んだはずなのに、3分後には、綺麗に消え去ってしまってる悪代官の手下侍の役がいいかなぁ?とか思ってしまいました。

水戸黄門・・・。悪代官が悪を働く前に阻止しろよ! わざわざ事が重大になるまで放っておくなよ。あの意地悪な水戸集団のおかげで死なずに済んだ百姓が何人いるのか?と思ってしまったり・・・。

投稿: やっ | 2010/01/04 11:11

追伸

せっかく風車の弥七が、悪だくみを阻止しようと黄門様に告げ口してるのに、黄門ときたら・・・「もう少し様子を見ましょう!」とか言って、事を悪化させやがって・・・。 今の時代ならあの悠長加減ではビジネスチャンスを逃してしまいますね。

投稿: やっ | 2010/01/04 11:14

やっ さん:

マジに山吹色のお菓子とはウケますね (^o^)

>斬られて(峰打ち?)庭に倒れ込んだはずなのに、3分後には、綺麗に消え去ってしまってる悪代官の手下侍の役がいいかなぁ?とか思ってしまいました。

切られ役というのも、結構熟練のものなんでしょうね。

確かに、黄門様の悠長なメソッドをオバマ大統領が取り入れたら、エライことになりますね。

投稿: tak | 2010/01/04 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/47140414

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸黄門でやってみたい役:

« 年賀状の手書きの一言 再考 | トップページ | 久し振りの寝坊 »