« 『唯一郎句集』 レビュー #86 | トップページ | 無抵抗で殴られることの陶酔感 »

2009/12/13

『唯一郎句集』 レビュー #87

尊敬する I さんに 「最上川舟歌の四季」 という CD をいただいた。正調最上川舟歌の後に、フラメンコ・ギターと尺八のデュエットで、春夏秋冬バージョンの変奏曲が続く。

I さんは、先月末にアルケッチャーノで食事をした (参照) のがきっかけで、すっかり庄内びいきになられたようだ。

この CD を iPhone に入れて聞きながら、唯一郎句集のレビューである。今回のレビューは 4句。見開きの右側のページに 3句、左側に 1句という所載なので、まとめて 4句のレビューである。

朝乏しい甘藷をはかるおそい南瓜の花

「甘藷」 はサツマイモのこと。朝、あまり量の多くないサツマイモの目方を量っていると、遅成りの南瓜の花が目についたということだろうか。

カボチャの花は鮮やかな黄色。晩秋だけに、これから成る実はそれほど大きくはならないかもしれない。

あが身よけて聞く秋風のぬけてゆく樹々

ずいぶんシュールな句である。はや吹き始めた秋風の樹々の間を抜けて行く音を聞いている。「あが身よけて」 というのは、風が自分の身をよけて吹いていくのか、あるいは別のシュールなイメージを醸し出すためのレトリックなのか。

児ら貯金箱をつくりその屋根を赤くぬりさまざまな虫なく夜

こちらはわかりやすい。子供らが工作で貯金箱をつくり、その屋根を赤く塗っているというのである。夏休みの工作の宿題でもあったのだろうか。その工作をしていると、庭から様々な虫の鳴き声が聞こえる。

晩秋から秋にかけて、夜が長くなりつつある頃の独特の色合い。

ことに朴の葉は秋の日だまりの中にゆれずも

朴 (ホオ) の木の葉は大きい。40センチ近いものもあるという。秋の日だまり、風がほとんどないので、木の葉は揺れない。ことにホオの木の葉は大きいので、揺れずに垂れ下がっている。

夏から秋に向う変化の中で、動かないものがある。それをホオの木の葉の中に見出している。

本日はこれにて。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 『唯一郎句集』 レビュー #86 | トップページ | 無抵抗で殴られることの陶酔感 »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/47002386

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #87:

« 『唯一郎句集』 レビュー #86 | トップページ | 無抵抗で殴られることの陶酔感 »