« 『唯一郎句集』 レビュー #91 | トップページ | 水戸黄門でやってみたい役 »

2009/12/28

年賀状の手書きの一言 再考

私のブログ 「今日の一撃」 (Today's Crack) は、休日になると極端にアクセスが落ちるという特徴があるのだけれど、この週末はそれほど極端な落ち込みがなかった。

不思議に思って調べると、「年賀状に書き添える手書きの一言」 という記事にやたらとアクセスが集中しているのである。

私のブログは右下にある 「検索フレーズランキング」 というのを見ると、どんなキーワードで検索されたのかのベスト 10がわかるようになっているのだが、今日の表示は以下の通り、10のうち 9つが 「年賀状の一言」 関係で占められている。ものすごい極端な現象だ。

1位: 年賀状 一言
2位: 年賀状 一言 手書き
3位: 年賀状 コメント
4位: 年賀状 一言 親戚
5位: 年賀状 気の利いた一言
6位: 年賀状の一言 親戚
7位: 年賀状一言
8位: 年賀状 親戚 一言
9位: 的を得る
10位: 年賀状の一言 友人

9位の 「的を得る」 は、もう、知る人ぞ知るという有名記事になってしまっていて、いつもは悪くても 3位ぐらいには入るのだが、今回は 9位に低迷している。そして 「年賀状の一言」 関係でググって見ると、なんとまあ、私の記事が 2番目か 3番目にランクされているというケースが多くて、びっくりした。

まあ、それほどに今の時期、年賀状に添える手書きの一言コメントに苦労する人が多いのだろう。何かいいヒントがないかとググってみて、つい私の記事にアクセスしてしまうのだろうが、残念ながら、いいヒントなんてひとつも書かれてない。おあいにく様なのである。

改めてググってみて、「アメーバニュース」 というサイトに、「手書きメッセージのない年賀状、約 5割が嬉しくないと回答」 という記事が見つかった。もらって嬉しくない年賀状についての質問に、「45.1%の人が 『手書きのメッセージが一言もない年賀状』 と答えたというのである。

その気持ちはよくわかる。私も件の記事の中で次のように述べている。

考えてもみるがいい。業者からの営業年賀状ですら、気の利いたのは何か一言書いてあったりする。それなのに、親戚とか友人からのものが、いかにもコンビニで買ってきたありきたりのデザインで、手書きの一言が何も書いていなかったりすると、「フン! お前って、そういうやつか」 みたいな気がしてしまう。

まったくもって、手書きのメッセージというのがあるとないとでは、印象がかなり違うのである。しかし、手書きで何か書いてありさえすればいいというものでもない。同じ記事で、ある女性の次のような感慨を紹介している。

「手書きの一言が全然ない年賀状って、もらってもあまりうれしくないですよね。でも、その一言が 『お元気ですか?』 だけっていうのも、ちょっと悲しいものがありますよ」 と、仕事関係の女の子が嘆いていた。

「あぁ、私宛のって、きっと最後の方の、力尽きた時に書いたんだなあっていうのは、わかるような気もするんですけどね」

うぅん、本当にその通りなのだ。「お元気ですか?」 なんておざなりの一言が書いてあっても、「元気だよ! それがどうした」 なんて呟きたくなってしまう。まさに、「最後の方の力尽きたときに書いたんだろう」 と思うばかりである。あるいは、全員に 「お元気ですか?」 しか書かないようなやつだったら、もう付き合いたくなくなってしまう。

私の記事に、手書きの一言をどうするかというヒント、あるいは 「魔法の一言」 みたいなものを期待してアクセスした人には、「たった一言なんだから、出す相手に応じて、自分で考えな」 というほかない。それが 「心を込める」 ってことなんだからね。

ただ、心を込めるってのも、なかなか大変な作業というのも、確かなのである。私は 12月は目が回るほど忙しかったから、これから年賀状を作らなければならない。一仕事である。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」へもどうぞ

|

« 『唯一郎句集』 レビュー #91 | トップページ | 水戸黄門でやってみたい役 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>ただ、心を込めるってのも、なかなか大変な作業というのも、確かなのである。

今、正にその作業中で、年賀状作成には気合が必要だと感じてます。全員に同じ“心を込めた一言”なんて簡単に見透かされますから。

投稿: ハマッコー | 2009/12/29 14:40

ハマッコー さん:

>全員に同じ“心を込めた一言”なんて簡単に見透かされますから。

わはは (^o^)
それだったら、手書きの必要がないですからね。

まあ、宛名をみて顔を思い浮かべれば、なんとなくそれなりの 「一言」 が出てくるんですが、30年ぐらい会っていない親戚なんかだと、もうどうしようもありません。

投稿: tak | 2009/12/29 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/47137204

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状の手書きの一言 再考:

« 『唯一郎句集』 レビュー #91 | トップページ | 水戸黄門でやってみたい役 »