« 大声でアイサツしさえすれば…… | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #107 »

2010/02/26

TOYOTA、豊田章男社長の英語

親愛なる先輩、alex さんが、アメリカでの公聴会に出席した豊田章男社長の英語力に、だいぶ失望された旨を 「TOYOTA社長の英語」 という記事でに書いておられる。なにしろ、"Believe me, Toyota's car is safety." (信じてね。トヨタの車 [なぜか単数形 = 念のため] は安全性なんです) と口走ったんだそうだ。

さらに、"But we will try to increase our products better." (しかし、もっとよく製品を増加しようとするでしょう) と続けたと伝えられる。ふぅむ、確かに、高校 1年生レベルの英語ができていれば、こうは言わないだろう。

alex さんは、「輸出企業・トヨタの北米担当だったのに、この英語力! トヨタは、この社長をまずリコールしなきゃね (笑)」 と書かれている。豊田社長は高校時代と慶応大学卒業後の 2度に渡る米国留学経験をもち、マサチューセッツ州のバブソン大学で MBA まで取得しているはずなのに、何だかなあという感じである。

で、実際はどんな風な感じだったのかなと思い、YouTube で検索したら、こんなのが見つかった。公聴会での証言の模様である。

このビデオを見る限りでは、多分、誰かに書いてもらった原稿を読んでいるようなので、あまりへんてこな間違いはしていない。ただ、いかにも日本語で書かれたものの翻訳調で、自然な英語には感じられないが、それはまあ、仕方のないことだ。

しかし発音やアクセントがめちゃくちゃな部分があるので、ところどころ、何を言っているのか米国人には理解されなかったかもしれない。(カタカナ英語に慣れている日本人の私にも、わからないところがあった)

とはいえ、あまり大きな破綻があったとは感じられない。悪意に満ちていることでは定評のある米国の公聴会を、まあ、なんとかぎりぎりで乗り切ったんじゃないかなという印象だ。

ところが、alex さんの指摘する問題の英語が飛び出したのは、その後の記者会見のようなのだ。どっかの記者が 「時間がないから英語で答えて」 と要求したら、とたんにめちゃくちゃブロークンになっちゃったらしい。

米国の記者としては、米国で MBA を取った世界的企業の社長の英語が、そんなにもお粗末だとは思わなかったのだろう。しかし結果としては、かなり意地悪な要求になってしまったようだ。

まあ、こんな調子である。

聞きようによっては、東洋の怪しいブローカーみたいな口調だ。で、"But, believe me, Toyota's car is safety, and but we are try to increase our products better. " と言っている。

実際のコメントは、巷間伝えられているよりちょっとヒドい。日本では、 "safety" の後でセンテンスが変わって "But we will try to increase..." と言ったように伝えられているようだが、実際にはセンテンスは区切られてなくて (直前の "safety" が尻上がりだもの)、続けて "and but we are try to increase..." と聞こえるんだがなあ。

まあ、日本人の経営トップの英語力としては、これでも平均よりずっと上かもしれない。ただ、そう思うと、ちょっと悲しい。

|

« 大声でアイサツしさえすれば…… | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #107 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

日本語で書かれたものの翻訳調 - 仕方ないんじゃないですか。そういう企業経営と企業哲学でやってきた日本を代表する企業ですから。

私が感じるのは、コンサルタント会社が制作するステレオタイプな米社会向けのマニュアルがあって、それに則っているものだから、対応にチグハグ感が抜けないと思うのです。

逆にですよ、完全に日本風に日本語でやっても結果は良く似ていると思いますよ。

まあ、生兵法は大怪我の元ですから。今回の米国の機関との協力などの方法は泥沼化の始まりだと思います。まるで、中曽根政権が取った米国追従の対応策に似ています。そうしたグローバル化に先がないのは分かっているので、今まで積み上げて来たことがこれで全て水泡となりかねないです。

投稿: pfaelzerwein | 2010/02/26 16:35

紹介していただき恐縮です

さて、豊田のプリンスですが・・・

公聴会の後、工場で行員を激励?する際も原稿のまる読み
これはまずいでしょう~
公聴会の通訳使用は、答弁の時間を稼ぐという効用はありま
しかし、工場では内輪の場ですよ
原稿無しで、英語で話すべきです
MBA である事は、みんな知っているし、米国では、それが礼儀だと思いますがね~
しかし、それができない英語力なんでしょうね~

公聴会冒頭での挨拶の英語も、原稿の棒読みで、いくら聴いても意味がわからない、めちゃめちゃな発音部分もあった

MBA なのに、この英語
豊田からの寄付金に免じて大学からもらったものかと、疑ってしまいます

私が言いたいのは、言葉は能力なり
少なくとも、そう評価されることが多いと言う事です

日本人も、日本語をしゃべる外国人(中国人や韓国人など)の知性・教養を、思わずその日本語のレベルで判断する傾向があるでしょう
私の経験では、米国人も一緒ですよ
それが現実です
人間の教養や能力は、ほとんど、その言葉を通じて評価されるものですからね

もし原稿を棒読みするのなら、事前学習はたっぷりやったのですから、日本人は発音記号をみんな、中学で習ったはずですから、せめて棒読みの際の発音だけでも正確なものにすべきだった

米国は移民の国ながら、WASP が中核ですし、人種差別のある階級国家です
米国人にとって、外国人が英語をしゃべる際、流ちょうさは無くても、発音や文法において正確な英語であれば、ネイティブでないハンディキャップがあるかまあしょうがないか・・・と理解してくれます
それに、発音と文法がしっかりしていれば、教育はちゃんと受けていて知性はあるんだと、評価してくれます
その点、黒人への差別は、黒人英語というものも一因だと思います

やはり、がっかりですね
現代技術の粋を集約した自動車メーカーのトップ、それもMBA 取得者でも、日本人の知力はこんなものだと思われては、トヨタの技術への信頼にも関わると思います

投稿: alex99 | 2010/02/26 20:07

pfaelzerwein さん:

>日本語で書かれたものの翻訳調 - 仕方ないんじゃないですか。そういう企業経営と企業哲学でやってきた日本を代表する企業ですから。

これは仕方ないです。
私も本文中で、そういうことにしています。

>私が感じるのは、コンサルタント会社が制作するステレオタイプな米社会向けのマニュアルがあって、それに則っているものだから、対応にチグハグ感が抜けないと思うのです。

>逆にですよ、完全に日本風に日本語でやっても結果は良く似ていると思いますよ。

日本人のメンタリティそのままで、米国流リスク・マネジメントのマニュアルに則ろうとしているわけですね。

それで、「あんた、一体何が言いたいのさ?」 ってことになってます。

>そうしたグローバル化に先がないのは分かっているので、今まで積み上げて来たことがこれで全て水泡となりかねないです。

どうでしょうか。
さんざんガス抜きして、元通りというシナリオも考えられます。

トヨタがせっかく自爆しても、GM と フォードがそれを自分たちのアドバンテージに転化できるかどうかということもあるでしょう。

彼らに、そんなに有効に敵失に乗じる力が残っているのかどうか。

投稿: tak | 2010/02/26 23:05

alex さん:

>公聴会の後、工場で行員を激励?する際も原稿のまる読み
>これはまずいでしょう~

その場面、私は見ていませんが、原稿まる読みでは、ちっとも激励になりませんね。

>公聴会冒頭での挨拶の英語も、原稿の棒読みで、いくら聴いても意味がわからない、めちゃめちゃな発音部分もあった

棒読みどころか、多分、自分でも意味がきちんと理解されていないからだと思いますが、言葉の区切り方が滅茶苦茶でしたね。

言葉によって、その人の知性が判断されるというのは、確かにあります。

日本最大の企業のトップがあれでは、日本全体のイメージがかなり下がったということはできるでしょうね。

すくなくとも、ちっとも 「サムライ」 じゃなかったですね。

投稿: tak | 2010/02/26 23:15

Interesting post, J dude. It's a typical reaction that a J man does to what any other Japanese person does in English. I watched some of the scenes repeatedly and I can say that's how the Japanese think & behave even in the U.S. I'm not saying it's good or bad, it's about a cultural difference. I have been working with Japanese fellows and I can say that everybody is thinking the same you do. But the problem is that no Japanese speaks or writes proper English, although they criticise Mr. Toyoda's English. I always wanna say to them, "Hey, you're no better than Mr. Toyoda. Why doncha speak up a minute or two in English?"

I actually don't care about Mr. Toyoda's Japanese accent of English. It's all right with me even if he says, "Toyota's car is safety" or "We will increase our products better". That doesn't bother me. If you openly speak up in English, that's fine. I know most of you J guys are so sensitive about somebody's else's English grammar. I tell you, I have never seen any J guy that is really good at English, but you just point out somebody else's mistakes.

But it is true, at the same time, that the Japanese way of doing things drives me mad. They don't answer a question well. Even in everyday business, almost all the Japanese do that. The people in general mention "globalization" or "international" just like you are calling your sweetheart's name. But they have never got it right. I want to know what happens to this country & its nation 5 or 10 yrs later.

I would like to put this question to you. What do you think you (and other Japanese) might have to do in order to avoid that sort of miscommunication?

(I'm writing in English because I was just curious to know what kind of English you will write to me. You were criticising Mr. Toyoda's English on this page.)

投稿: ava | 2011/01/20 00:07

ava san:

Thank you for the long comment.

You say the Japanese way of doing things drives you mad, however, it sometimes drives me mad, too. But, it is not real "Japanese way". It is only the most embarrassed way in the modern world.

Japanese people are forced to accept "international" or "global" way in business, but we feel quite difficulty in that. Changing traditional way can't be so easy.

Many Japanese criticize the traditional Japanese way comparing with "international" or "global" way which they don't actually realize. Such a complicated atmosphere makes Japanese too timid and embarrassed to take a positive method.

Most Japanese can't adopt or even understand either our traditional way or "international" way because of the embarrassment.

That is very reason that the "Japanese way" makes you mad, but it is not real "Japanese way" as I mentioned above.

I think we, Japanese should return to our tradition a little bit. Our tradition is not so odd or old-fashioned. Japanese dudes don't do "hara-kiri" any more. Our tradition is one of the diverse ways of doing and thinking, but we can find the world common concept in it.

I think Japanese can do with diverse people featuring our tradition, accepting the diversity of the world.

投稿: tak | 2011/01/20 16:41

Tak,

Thanks for the reply. It was very good to hear from you. I think your posts are really interesting because they give me opportunities to ponder.

1. *Question 1*
Allow me to ask you the same question.
In the last post I said:
"I would like to put this question to you. What do you think you (and other Japanese) might have to do in order to avoid that sort of miscommunication?"

My question was something more related to your article on the TOYOTA congress. (I was not asking about how you guys want to appear in front of gaijin.) I wanted to hear what you think you have to do with this "miscommunication issue" that often happens. This TOYOTA case is a good example but the same thing is happening now here between you and me.

2. *This is not a question*
>Japanese people are forced to
>accept "international" or "global" way in business,
>but we feel quite difficulty in that.
>Changing traditional way can't be so easy.

You are not alone. Even other nations have to face this international or global stuff. I don't think Japan is the only one country that has to face it.

3. *This is not a question*
>Our tradition is not so odd or old-fashioned.

Yes, I agree. Japanese culture is cool (just like the Brazilian, Chinese, or Romanian culture should also be cool). There are lots of great things in the Japanese culture. I love reading Japanese leterary works, including "man-yo-shu", "Genji", and novels by Soseki, Ogai, Akutagawa, Dazai, Tanizaki, Mishima, etc. My mother is Japanese and I'm currently working in Japan.

4. *Question 2*
>聞きようによっては、東洋の怪しいブローカーみたいな口調だ。
>で、"But, believe me, Toyota's car is safety,
>and but we are try to increase our products better. "
>と言っている。

Your article is focused on Mr. Toyoda's very poor skill of English. (Many Japanese hold this idea.)
Do you think your English is better than Mr. Toyoda's? Do you write or speak the language better than him? - Just curious.

投稿: ava | 2011/01/21 21:51

ava san

Regarding "miscommunication", I don't think we can avoid that perfectly. It is not only a matter of language. We sometimes make it even in the same language.

However, I always guess possible cases of misunderstanding and try to avoid them. But this method needs some experience, especially communicating in foreign language. Paradoxically, to have a lot of experiences of miscommunication may be the best way to avoid that.

Unfortunately, most Japanese suffer from lack of experience of advanced verbal communication. We rely on "以心伝心", or nonverbal communication too much. That is very cool point of our culture, but an obstacle to know other cultures as well. We should have more experience to go with cultural diversity.

I think accepting "diversity" is a key to make better communication as I mentioned in my previous comment.

I'm very glad to know you read Japanese literary works including classics such as "Man-yo-shu" and "Genji". You possibly know about Japanese culture more than average Japanese.

At last, about my skill of English, I actually think my skill was much better than Mr. Toyoda in my thirties. I used to made business communication in English, for I worked for a British- based organization then. (My American-influenced accent was frowned a little bit.)

But, honestly, I'm no longer so confident in it, for I have only a little chance to communicate in English in these twenty years. I feel my skill got much rusty now.

投稿: tak | 2011/01/22 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/47666544

この記事へのトラックバック一覧です: TOYOTA、豊田章男社長の英語:

» トヨタ自動車 豊田章男社長の名言 [名言格言ことわざそして感動]
名言格言ことわざそして感動トヨタ・リコール問題公聴会 豊田社長の冒頭声明より抜粋ご存じの通り、わたしは創業者の孫であり、すべてのトヨタ車には、わたしの名前が入っています。わたしにとって、車が傷つくというのは、わたし自身の体が傷つくことに等しいのです。わたしの名前は、トヨタのすべての車についています。わたし自身の責任において、トヨタは全力を挙げて、絶え間なくお客様の信頼回復に取り組みます。lt;コメントgt;上記言葉にぐっときました。豊田章男社長は、誠意のあ...... [続きを読む]

受信: 2010/02/27 22:30

« 大声でアイサツしさえすれば…… | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #107 »