« 連休分散案と道州制 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #110 »

2010/03/06

『唯一郎句集』 レビュー #109

「唯一郎句集』 もだんだん押し詰まってくると、もう、いつ頃の句なんだかわからない。今回の 3句は、家業の跡を継ぎ、家庭人として生きようとしている頃の句のような気がする。前にレビューしたその頃の句と共通の雰囲気がある。

妻よいとまなくくらしつつ南瓜の花

唯一郎の句に 「妻」 が出てくると、とたんに視点が日常そのものになる。彼は自分の妻に、文芸とは対極にあるものを見ているようなのだ。

そして、いとまのない生活と、カボチャの花が、妻の代名詞のようなのである。

花火あほぐ人々よ人々のくらしよ

酒田は夏に 「港祭」 が行なわれ、盛大に花火が打ち上げられる。二階の窓や物干し場に集まってその花火を無心に見上げる人々の、その横顔を唯一郎はみる。

市井の人々の暮らしを、唯一郎は大切にしたいと思いつつ、自分との微妙な距離を感じてしまっている。

児を抱きて海に入る秋近き西日の中

旧盆になると、酒田の夏は急に涼しくなり、海水浴場もだんだんと人影まばらになる。

子どもを連れて海水浴に来た唯一郎。夏の名残りの中で、海に入る。少し冷えて、海水の温度と変わらない体温の子どもが、同じぐらいの体温の自分にしがみついてくる。

海水と自分と子どもの境目がわからない中で、日は次第に傾いていく。夏の終わりは、いつも少しだけもの悲しい。

本日はこれにて。

|

« 連休分散案と道州制 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #110 »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

妻よいとまなくくらしつつ
ここにひっかりました。

しばし考察したところ、自分なら
妻とまよいなくくらしつつ
であるなあと。

まあ、本質は一緒ですが

投稿: jersey | 2010/03/07 01:20

jersey さん:

>しばし考察したところ、自分なら
>妻とまよいなくくらしつつ
>であるなあと。

唯一郎は妻とのいとまのない暮らしの中で、多少の迷いは常にあったのかもしれません。

まよいなく暮らすというのは、素晴らしいことです。

投稿: tak | 2010/03/07 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/47734412

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #109:

« 連休分散案と道州制 | トップページ | 『唯一郎句集』 レビュー #110 »