« 『唯一郎句集』 レビュー #121 | トップページ | "winmail.dat" で戸惑う人が増えているみたいなのだ »

2010/04/18

『唯一郎句集』 レビュー #122

おまけの第二弾である。伊藤後槻氏が 「唯一郎が肉親に注いだ真実の情を表わす句」 として紹介している 11句のうちの 3句なのだが、これがどうして 「肉j親に注いだ真実の情」 を表すのか、甚だわかりにくい。判じ物みたいである。

藤棚葵となつておろかしく或る夜の俺をつゝいたりして

これはなんとなく想像がつく。藤棚というのは妻を表していて、「葵となつて」 は、源氏物語の葵の上に喩えて、夫の情愛を求めたのだということだろう。

光源氏は葵の上にはなかなかつれない態度をとっていたのだが、唯一郎もそんな感じだったのだろうか。

神馬を叱つた若者の驕りが何やら淋しいものを見つけたのか

「神馬を叱った」 というのが、何のメタファーだからわからない。飛騨の伝説に、左甚五郎の彫った神馬が、畑の作物を食い荒らすので、甚五郎がその馬の目をくりぬいたというのがあるが、それと関係があるのだろうか。

「若者の驕り」 の 「若者」 が誰を指すのかもわからない。これは、降参だ。

一ツ一ツ虚偽が割れるので皿の雷魚に拍手する

昔、私も雷魚を食った覚えがある。案外おいしい。しかし、皿に載った雷魚に拍手するのと、虚偽が割れるということの関係がわからない。

これも降参。

こんな難解なのが、本文になくてよかった。

|

« 『唯一郎句集』 レビュー #121 | トップページ | "winmail.dat" で戸惑う人が増えているみたいなのだ »

唯一郎句集 レビュー」カテゴリの記事

コメント

神馬を叱つた若者の驕りが何やら淋しいものを見つけたのか

 例えば多度大社の「上げ馬神事」のことかなぁと、拝察いたしました。
 乗り手は、基本“若者”ですし。
 ただその頃に、唯一郎さんの行動範囲に「上げ馬」があったかどうか、知る由もなし。

 思わしくない結果に、神馬をしかった若者。「人馬一体」の心をふと思い出し、自責の念にかられた若者の表情を目の当たりにした唯一郎は…。

 …という創作物語。

投稿: 乙痴庵 | 2010/04/20 12:46

乙痴庵 さん:

>思わしくない結果に、神馬をしかった若者。「人馬一体」の心をふと思い出し、自責の念にかられた若者の表情を目の当たりにした唯一郎は…。

うぅむ、なるほど。
魅力的な解釈。

それが、親へのささやかな反抗ということのメタファーなのかもしれませんね。

投稿: tak | 2010/04/20 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/47935731

この記事へのトラックバック一覧です: 『唯一郎句集』 レビュー #122:

« 『唯一郎句集』 レビュー #121 | トップページ | "winmail.dat" で戸惑う人が増えているみたいなのだ »