« 中原に鹿を逐いたくなんかない | トップページ | 事業仕分けを免れた? 「正しい和食」 »

2010/05/24

「両立する」 が "juggle" というのは、ちょっとアブナい

毎日ウィークリーの英語クイズとやらに、「両立させる」 を英語で言うと "juggle" だなんてことが、一見もっともらしく書いてある (参照)。こんなこと書いて、日本人の多くが真っ正直に信じてしまったら、毎日さん、どう責任取ってくれるというんだろう。

クイズの問題は、"谷亮子氏が参院選に出馬表明し、政治活動と柔道を両立させると語った。「両立させる」を英語で?" というもので、その答えが  "juggle"だというのである。全体はこんな風に訳されている。

Tani Ryoko, who has announced her intention to run in the Upper House election, plans to juggle her political and sports career.

うぅん、確かに、このケースではニュアンスとして、なかなか言えてる翻訳だと思う。「あぶなっかしい」 という感じが伝わってくる。しかし、「両立する」 を英語で  "juggle" というんだなんて言われると、「おいおい、ちょっと待ってくれよ」 と言いたくもなるではないか。

言うまでもなく、  "juggle" は、あの曲芸の 「ジャグリング」 の 「ジャグル」 である。たった二つの手で、三つも四つものものをひょいひょいとやりくりするあれだ。谷亮子さんの 「国会議員をしながらロンドン・オリンピックで金メダルを目指す」 なんていう発言の雰囲気を表現するには、いい翻訳だと思う。

念のため、"juggle" を Wisdom 英和辞書を引いてみると 「曲芸をする」 とか 「ごまかす」 とか 「やりくりする」 とかいう訳語が出てくる。まあ、そんなようなニュアンスだ。

しかし、「立派に余裕で両立しちゃった」 というような場合に   "juggle" なんて動詞を使ったら、そりゃ失礼というものだろう。だから、単純和英辞書的に 「両立する = juggle」 なんて覚えないでもらいたい。

じゃあ、フツーに両立するようなケースでは、英語でどう言えばいいのかというと、こればかりは、「その場その場で一番ふさわしい言い回しで言うしかない」 としか言えないと思う。「両立」 という日本語には、「犬 = dog」 みたいに、即物的にぴったりと当てはまる英語って、ないんじゃないかと思うのだ。

例しに Wisdom 和英辞書を引いてみたら、まず "be consistent with" という言い方が出てきた。これは 「矛盾しないで併存する」 というような意味だから、また別の意味合いである。似たような意味合いで "be compatible with" というのもある。

「A と B の仕事を両立させる」 という日本語に一番近いのは、"manage to do A and B at the same time." とか "manage to balance A and B." とかだろうと思う。面白みはないけどね。

|

« 中原に鹿を逐いたくなんかない | トップページ | 事業仕分けを免れた? 「正しい和食」 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/48447331

この記事へのトラックバック一覧です: 「両立する」 が "juggle" というのは、ちょっとアブナい:

« 中原に鹿を逐いたくなんかない | トップページ | 事業仕分けを免れた? 「正しい和食」 »