« フェティッシュな欲望の器としての書籍 | トップページ | 極端から極端に振れる天候 »

2010/05/04

「虫コナーズ」 の教訓

いやはや、さすがに疲れが溜まっていたようで、ホームセンターで庭用の培養土などの買い物を済ませたら、急に目が開いていられなくなって、気絶のような眠りにおちいった。ふと目覚めると、時計は 7時を廻っていて、世界は暗くなっている。ああ、せっかく人並みのオフが取れたのに。ゴールデンウィーク中でたった 1日のオフだったのに。

ところで、知らなかったんだが、今日は国民の祝日だったようなのである。「みどりの日」 というのだそうだ。それまで4月 29日がみどりの日だったが、この日が 「昭和の日」 になったことを機に、5月 4日に変わったという。それまでは、祝日の間の日はお休みというちょっとイレギュラーな扱いだったが、今は晴れて国民の祝日ということになっているようなのだ。

ああ、それでわかった。買い物の行き帰りにカーラジオで聞いていた TBS ラジオ 「小島慶子のキラ☆キラ」 の今日のテーマが、「ちょっと植物の話」 だったのはそういうことだったのね。なるほど、なるほど。

その 「ちょっと植物の話」 で紹介されてた聴取者の体験談に、「ベランダ栽培していたキュウリが、花は咲いたのに実が成らなかった」 というのがあって、妙に印象に残ってしまった。受粉がうまくいかなかったようなのである。

その地域は虫が飛んでいないわけではないのに、どうして受粉できなかったかというと、なんとベランダに 「虫コナーズ」 が吊してあったためとわかったという。

このエピソードは、2つの教訓を含んでいる。1つは、金鳥の虫コナーズは、本当に効くらしいということ。2つ目は、虫が寄ってこないということが、必ずしも幸福につながるものでもないということだ。

|

« フェティッシュな欲望の器としての書籍 | トップページ | 極端から極端に振れる天候 »

世間話」カテゴリの記事

コメント

庄内托明さん
虫コナーズにヒントを得て鹿コナーズの記事を更新しました。パテントを取る気はありませんが、ブログを通じて実現してくれれば良いなと思います。

投稿: keicoco | 2010/05/06 10:56

keicoco さん:

そちらのブログにコメントさせて頂きました。

鹿は個体数が増えすぎているので、調整が難しいところですね。
無闇に殺すわけにもいかないし。

投稿: tak | 2010/05/06 12:51

面白い

投稿: 緊張の夏 日本の夏 | 2011/06/06 18:51

緊張の夏 日本の夏 さん:

おもしろい (^o^)

投稿: tak | 2011/06/06 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/48267363

この記事へのトラックバック一覧です: 「虫コナーズ」 の教訓:

« フェティッシュな欲望の器としての書籍 | トップページ | 極端から極端に振れる天候 »